ゼロ ダウンタイム アップグレードのチェックリスト

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira Software または Jira Service Desk Data Center インスタンスのゼロ ダウンタイム アップグレードを実行する際には、各手順を完了してそれぞれが成功していることを確認することが重要です。このチェックリストを使用して、すべての手順が完了していることを確認できます。

はじめる前に

  最初に、テスト環境におけるアップグレードの実行を強くお勧めします。

  目的のバージョンのインストーラーがあることを確認します。

  リリース ノートを見直し、目的のバージョンについて熟知していることを確認します。

 サポートされるプラットフォームを使用している

 アドオンを確認済み

  データベースのネイティブ ツールを使用してデータベースのバックアップを作成します。

  サポート ヘルス チェック、インスタンス ヘルス、およびサポートされるツール プラグインが有効化さえr、最新バージョンであることを確認します。

   オートスケールをサポートする AWS またはその他のプライベート クラウド環境を実行する場合には、オートスケールが無効化されていることを確認します。

ノードをアップグレードする前に

  ZDU を開始した (クラスターが「Ready to upgrade (アップグレード準備完了)」モードになっている) ことを確認します

  長時間実行されるタスクがアクティブになっていないことを確認します。

アップグレード タスクを実行する前に

  すべてのノードが新しいバージョンのクラスターで再結合されていることを確認します。

  すべてのノードが期待どおりに Jira をロードしている

  独自のスモーク テストまたはテスト スイートを実行して、すべての作業が期待どおり動作していることを確認します。

  データベースをバックアップします。

すべてのノードで利用できるよう、チェックリストをダウンロードします。

チェックリストのダウンロード

最終更新日 2019 年 3 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.