Java をインストール

Jira アプリケーションのインストール要件

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、Java Development Kit (JDK) のインストールについて説明します。これは、zip またはアーカイブ ファイルから Jira アプリケーションをインストールする場合にのみ必要な手動の手順です。Windows インストーラーまたは Linux インストーラーを使用している場合、Java を手動でインストールする必要はありません。 

サポート対象プラットフォーム」ページで、Jira でサポートされている Java バージョンを確認します。

Java をインストール

Jira アプリケーションがインストールされているサーバーと同じサーバーに JDK をインストールする必要があります。 

Linux および Mac OS X の場合

開始する前に、JDK がインストール済みかどうかを確認します。 

  1. シェル コンソールを開いて echo $JAVA_HOME と入力し、Enter を押します。
    • /opt/JDK7  または  /usr/lib/jvm/java-7 などの内容が返される場合、JDK はインストールおよび構成済みです。
    • 何も表示されない場合、JDK をインストールするか、$JAVA_HOME  環境変数を設定する必要があります。
  2. サポート対象プラットフォーム ページで、ご使用の Jira のバージョンでサポートされている JDK バージョンを確認します。
  3. 適切な Oracle JDK または AdoptOpenJDK バージョンをダウンロードします
  4. Java インストーラーを実行します。インストールの詳細な説明については、http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/index-137561.html を参照してください。
  5. シェル コンソールを開き、「echo $JAVA_HOME」と入力し、Enter を押して、正しくインストールされたことを確認します。

Windows の場合

開始する前に、JDK がインストール済みかどうかを確認します。

  1. [コントロール パネル] > [プログラムと機能] に進み、インストールされている JDK バージョンを確認します。 
  2. サポート対象プラットフォームページで、ご使用の Jira アプリケーションのバージョンでサポートされている JDK バージョンを確認します。
  3. 適切な Oracle JDK または AdoptOpenJDK バージョンをダウンロードします。
  4. Java インストーラーを実行します。インストールディレクトリをメモします。これは後で必要になります。
  5. コマンド プロンプトを開いて「echo %JAVA_HOME%」と入力し、Enter を押します。 
    • Java インストール ディレクトリへのパスが表示されれば、JAVA_Home  環境変数は正しく設定されています。
    • 何も表示されない場合、または %JAVA_HOME% のみが返される場合、JAVA_HOME 環境変数を手動で設定する必要があります。

JAVA_HOME を設定する

JDK がインストール済みの場合、JAVA_HOME 環境変数を設定します。Java Runtime Environment (JRE) がインストールされている場合は、同じ手順に従い、JRE_HOME  環境変数を設定します。

Linux の場合

JAVA_HOME 環境変数は /etc/environment ファイルで設定されている場合があります。この値を JAVA_HOME="path/to/JAVA_HOME". に変更する必要があります。

  1. このファイルに JAVA_HOME が定義されていない場合は、ルート レベルの権限でログインし、シェル プロンプトで以下のコマンドを使用して設定します。

    export JAVA_HOME="path/to/JAVA_HOME" >> /etc/environment
  2. ログアウトして、変更を適用します。

Mac OS X の場合

JAVA_HOME 環境変数は ~/.bash_profile ファイルで設定されます。この値を JAVA_HOME="path/to/JAVA_HOME" に変更する必要があります。

  1. このファイルに JAVA_HOME が定義されていない場合は、ルート レベルの権限でログインし、シェル プロンプトで以下のコマンドを使用して設定します。

    export JAVA_HOME="path/to/JAVA_HOME" >> ~/.bash_profile
  2. 新しいターミナルを開いて、変更を適用します。 

Windows の場合

  1. Java インストール ディレクトリを見つけます。ディレクトリは C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_65 のようになります。
  2. 次のいずれかの操作を行います:
    1. Windows 7 – [マイ コンピュータ] を右クリックして [プロパティ] > [システムの詳細設定] を選択します。
    2. Windows 8 – [コントロール パネル] > [システム] > [システムの詳細な設定] に進みます。
    3. Windows 10 環境変数を検索してから [システム環境変数の編集] を選択します。
  3. 環境変数 ボタンをクリックします。
  4. [システム環境変数] で [新規] をクリックします。
  5. [変数名] フィールドに以下のいずれかを入力します。
    • (JDK をインストールしている場合) JAVA_HOME 
    • (JRE をインストールしている場合) JRE_HOME 
  6. [変数値] フィールドで、JDK または JRE のインストール パスを入力します。

    64 ビット システムの Windows ユーザーの場合:

    Progra~1 = 'Program Files'
    Progra~2 = 'Program Files(x86)'

  7. プロンプトが表示されたら [OK] および [変更を適用] をクリックします

  8. 変更前に開いていたコマンド ウィンドウを閉じて再度開く必要があります。コマンド プロンプトを再度開いても変更が反映されない場合は、Windows を再起動してください。

Jira を起動したときに "Windows cannnot find '-Xms128m'" のようなエラーが表示される場合、JAVA_HOME が適切に設定されていない可能性があります。 

最終更新日 2019 年 3 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.