既定のダッシュボードの設定

既定ダッシュボードは、 すべての JIRA ユーザーがログイン時に最初に目にする画面です。 ダッシュボードページをお気に入りに追加していないユーザーも、既定ダッシュボードを目にします。

Jira では、管理者が既定のダッシュボードを設定できます。既定のダッシュボードのガジェットは、並べ替えたり、左右を入れ替えたりすることができます。ガジェットの追加も可能です。設定変更が可能なガジェットもあります。ダッシュボードのレイアウト (列数など) も設定可能です。

既定のダッシュボードに行ったすべての変更は、すでに既定のダッシュボードを使用している全ユーザーのダッシュボードに適用されます。ただし、権限のないユーザーにはガジェットは表示されません。たとえば、"管理" ガジェットは、既定のダッシュボード設定に存在していても、管理者以外のユーザーには表示されません。ガジェットはダッシュボードの情報ボックスです。Jira には一連の標準ダッシュボード ガジェットが事前設定されています。カスタム ガジェットを開発し、柔軟なプラグイン システムを使用してそれらを Jira に接続することもできます。 

(warning)注: 次のすべての手順では、Jira 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインする必要があります。

既定ダッシュボードでガジェットを追加および設定する

Jira の既定ダッシュボードは 1 つのダッシュボード ページのみに制限されています。ただし、ユーザーは希望する場合、自身のダッシュボードに複数のページを追加できます。

  1. > [システム] を選択します。 
  2. ユーザーインターフェース > システムダッシュボード」を選択し、「システムダッシュボードの設定」ページを開きます。
  3. 「システムダッシュボードの設定」ページで、以下を実行できます。
    • ドラッグアンドドロップでガジェットを移動する。
    • 既存のガジェットを再構成する。
    • 別のレイアウトを選択する。

(info) 既定では、ダッシュボード ページあたりのガジェット数は 20 に制限されます。この制限を増やしたい場合は、jira-config.propertiesファイルを編集し、jira.dashboard.max.gadgets を希望する値に設定してから、Jira を再起動します。

以下も参照して下さい

最終更新日 2019 年 3 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.