ワークフローで作業する

A JIRA workflow is a set of statuses and transitions that an issue moves through during its lifecycle and typically represents processes within your organization. There are default built-in workflows that cannot be edited; however, you can copy and use these workflows to create your own.

最初から独自のワークフローを作ったり、Atlassian Marketplace からワークフローをインポートしたりすることができます。ワークフロー スキームを利用することで、ワークフローを、特定のプロジェクトや、任意で特定の課題タイプに関連付けることができます。

ワークフローにアクセスしたり、ワークフローを管理したりするには、「Jira システム管理者」グローバル権限を持つユーザーとしてログインする必要があります。ワークフローが既定のワークフローでない場合や、別のプロジェクトと共有されている場合は、プロジェクト管理者のワークフロー編集権限は制限されます。

このページの内容:

 既定のワークフローの例:

ステータスとトランジション

ステータスは、ワークフローの特定の位置にある課題状態を示します。 課題は各時点でステータスを 1 つのみ持ちます。ステータスを定義する際、任意でプロパティを指定できます。

トランジションは、課題をあるステータスから別のステータスへ移動できるようにする、2 つのステータス間のリンクです。課題が 2 つのステータス間を移動するためには、トランジションが存在する必要があります。 

トランジションは一方向性のリンクであるため、課題が 2 つのステータス間を何度も移動する必要がある場合、2 つのトランジションを作成する必要があります。課題で使用できるワークフロー トランジションは [課題の表示] 画面に一覧表示されます。

アクティブおよび非アクティブなワークフロー

非アクティブなワークフローとアクティブなワークフローでは、編集方法が少し異なります。アクティブなワークフローの場合、そのワークフローを使用しているプロジェクトや課題タイプが存在するため、変更による影響を考慮して、編集操作に制限が適用されます。

ワークフロー ステータス 説明

非アクティブなワークフロー

非アクティブなワークフローとは、現在どのプロジェクトでも使用されていないワークフローを指します。非アクティブなワークフローではトランジション中の課題は存在しないため、ワークフローのステップトランジションを直接編集できます。詳細は、「テキスト モードで作業する」を参照してください。

アクティブなワークフロー

アクティブなワークフローは現在1つ以上のプロジェクトで使用されているワークフローを指します。アクティブなワークフローを編集する場合、JIRA はまず下書きを作成し、その後自由に変更することができます。編集が完了したら、下書きを発行し、任意で非アクティブなバックアップとして元のワークフローを保存することができます。

アクティブなワークフローの下書きを編集する場合、以下の制限事項が適用されます。

編集での制限事項...
  • ワークフローがアクティブな場合、ワークフローの名前を変更することはできません (説明は変更可能)。
  • ワークフローのステータスは削除することができません。

上記の一覧の項目を変更するには、ワークフローをコピーして (「ワークフローの作成」を参照)、コピーを変更してからアクティブ化する必要があります。 

ワークフローデザイナー

The workflow designer is a graphical tool that allows you to see the layout of your workflow and to create and edit a workflow's steps and transitions. You will need to log in as a user with the 'JIRA System Administrators' global permission to access the functionality described below.

ワークフロー デザイナーでは以下のことが可能です。

  • ステータスとトランジションの管理:追加、クリック&ドラッグ、編集するプロパティ(ワークフロー プロパティ)を選択して名前を変更、(JIRA からではなくワークフローから)削除
  • ワークフロー内のすべてのステータスが対象のステータスに遷移する、グローバル トランジションの追加。トランジションのプロパティ パネルの「すべてのステータスがこのステータスに遷移することを許可する」を選択します。
  • トランジションが使用する画面の変更。詳細は、「テキスト モードで作業する」を参照してください。
  • トリガー、条件、バリデーター、事後処理などの高度なトランジション オプションの校正。詳細は「高度なワークフローの構成」ページを参照してください。
展開してワークフロー デザイナーのヒントを確認...
  • ステータスはグローバル オブジェクトです。1つのワークフローのステータスの名前を変更すると、そのステータスを使用するすべてのワークフロー名前が変更されます。
  • トランジションまたはステータスにカーソルを合わせ、該当するトランジション ラベルを参照します。 
  • マウス ホイールで図を拡大します。空白部分の上でマクスをクリックおよびホールドして図を拡大し、図の中でカーソルを動かします。
  • ワークフロー デザイナーでトランジションを複製することはできません。
  • ワークフロー デザイナーで注釈を作成することはできません。
  • issue.editable プロパティを直接設定することはできません。これを設定するには、issue.editable  プロパティを status プロパティに追加します。
  • ワークフローデザイナーは自動的にワークフローを検証し、インまたはアウト トランジションがないステータスを強調表示します。ワークフローバリデーターは、JIRA で使用できない無効な権限条件があるすべてのトランジションも強調表示します。バリデーターは、ワークフローのインポートや、複雑なワークフローの処理を実行する場合に特に便利です。

ワークフローの作成

新しいワークフローを開始する方法はいくつかあります。これには、既存のワークフローの複製、新しいワークフローの作成、ワークフローのインポートなどが含まれます。

既存のワークフローのコピー

  1. > [課題] を選択します。 
  2. Select Workflows to open the Workflows page, which displays all of the workflows in your system.
  3. 上に示す [操作] 列の [コピー] リンクを使用して既存のワークフローをコピーします。名前と説明を入力し、[コピー] ボタンを選択します。 
  4. ステップやトランジションを追加および編集してカスタマイズします。

ワークフローのカスタマイズが完了したら、JIRA プロジェクトこのワークフローを使用する方法の詳細を確認するため、「ワークフローを管理する」を参照します。

新しいワークフローの作成

(info) 高度な管理を行う場合

  1. 左側のナビゲーション パネルから [ワークフロー] をクリックし、画面上部の [ワークフローの追加] を選択します。
  2. ワークフローの名前と説明を入力します。[追加] をクリックします。
    ワークフローが編集モードで開き、Open というステップと、Create という受信トランジションが含まれます。
  3. ステップやトランジションを追加および編集して、ワークフローをカスタマイズします。

ワークフローのインポート

ワークフローのインポートについてのドキュメントをご確認ください。。

ワークフローの設定

プロジェクトのワークフローを編集する

新しい JIRA のプロジェクトを作成するたび、プロジェクトは自動的にデフォルトのワークフローを使用します。スキーマはプロジェクトの利用可能なすべての課題タイプを JIRA システム ワークフローに関連付けます。JIRA システム ワークフローもデフォルト ワークフロー スキームも編集可能ではないため、JIRA はプロジェクトにシステム ワークフローとワークフロー スキームの編集可能なコピーを作成します。

  1. > [プロジェクト] を選択し、関連するプロジェクトを選択します。
  2. プロジェクトの管理ページで [ワークフロー] をクリックします。
  3. ボックスの右上にある「編集」アイコンをクリックすると、JIRA が自動的に次のことを実行します。
    • "プロジェクト名 ワークフロー (ドラフト)" という名前で、システム ワークフローのコピーを下書きとして作成します。
    • "プロジェクト名 ワークフロー スキーム" という名前で、ワークフロー用にワークフロー スキームを作成します。
    • プロジェクト内の既存の課題を新しいワークフローに関連付けます。
  4. これで下書きワークフローを編集できます。ステータスまたはトランジションをクリックして、表示されたパネルで編集オプションを確認します。
  5. 完了したら、公開をクリックします。ダイアログを使用してドラフトを公開できます。また、オプションとして、元のワークフローを非アクティブなバックアップとして保存できます。
ワークフローの編集についてのパフォーマンス メモを展開して確認...
  • 課題の数はワークフローを構成する際のスピードに影響します。課題の数が少ないと、処理は比較的早くなりますが、JIRA プロジェクトに課題が多く(例:1000件)存在する場合、処理に時間がかかる可能性があります。 
  • このプロセスが開始されると、一時停止やキャンセルを行うことはできません。このプロセスの実行中は、プロジェクト内の課題の編集やトランジションを行わないようにしてください。

解決状況フィールドの設定

In JIRA, an issue is either open or closed, based on the value of its 'Resolution' field — not its 'Status' field.

  • 解決状況フィールドが設定されていない場合、課題はオープンになります。
  • 解決状況フィールドに値 (例: 修正済み、再現不可) が設定されている場合、課題はクローズになります。

これは、その時点での課題のステータス フィールド (オープン、進行中など) の影響を受けません。したがって、ワークフローで課題を強制的にオープンまたはクローズにする必要がある場合、トランジション中に課題の解決状況フィールドを設定する必要があります。次の 2 つの方法があります。

ワークフロー トランジション ボタンの名前の変更

システム ワークフローをコピーし、課題の表示ページに表示されるワークフロー トランジション ボタンの名前を変更する場合、コピーしたワークフロー内のすべてのトランジションから次のプロパティを削除する必要があります。

  • jira.i18n.title
  • jira.i18n.description

削除しない場合、既定の名前 (これらのプロパティの) が引き続き使用されます。トランジション プロパティについての詳細をお読みください。

テキストモードで作業する

テキスト モードはワークフローを操作する高度な方法です。また、ステップおよびステータス間の相違を確認することができます。テキスト モードでは、ステップを直接操作します。詳細は、「テキスト モードで作業する」を参照してください。

高度なワークフローの設定

高度なワークフローの設定」ドキュメントを参照してください。

最終更新日: 2018 年 12 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.