ネイティブなバックアップからの情報復元

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

はじめる前に

JIRA システム管理者 グローバル権限 が設定された、バックアップ ファイル ログイン用パスワードを持っていることを確認してください。復元手順が開始されると、 すべてのユーザー アカウントを含め、 JIRA アプリケーション データベース内の既存のデータがすべて削除されます。

JIRA クラウド アプリケーション サイトから JIRA サーバー アプリケーションにデータを復元する場合は、JIRA クラウドから JIRA サーバー アプリケーションへの移行 を必ずお読みください。

 次のすべての手順を行うには、JIRA 管理者 グローバル権限 を持つユーザーとして、ログインする必要があります。

 1. メール送受信の無効化

試験目的で、本番データをテスト JIRA インスタンスに復元する場合、作業を開始する前に、すべてのJIRA アプリケーションのメール機能を無効にする必要があります。

  • Disable email notifications — if JIRA is configured to send emails about changes to issues, and you want to make test modifications to the copy, you should start JIRA with the -Datlassian.mail.senddisabled=true flag.
  • Disable POP/IMAP email polling — if JIRA is configured to poll a mailbox (to create issues from mails), you will have to disable polling on your test installation by setting the -Datlassian.mail.fetchdisabled=true flag.

Exactly how to set these flags is dependent on your particular application server, but for JIRA, this is done by setting the DISABLE_NOTIFICATIONS environment variable before starting JIRA (note, use startup.sh instead of startup.bat if you are not using Windows):

 

set DISABLE_NOTIFICATIONS= " -Datlassian.mail.senddisabled=true -Datlassian.mail.fetchdisabled=true -Datlassian.mail.popdisabled=true"
cd bin
startup.bat

 

/bin/setenv.bat ファイル (Windows を使用していない場合は /bin/setenv.sh ) の DISABLE_NOTIFICATIONS=" -Datlassian.mail.senddisabled=true -Datlassian.mail.fetchdisabled=true -Datlassian.mail.popdisabled=true" 行のコメントを解除してから、スタートアップの実行を試すこともできます。

ネイティブのバックアップからデータを復元するには、次の手順を実行します。
  1. Jira を停止します。
  2. JIRA ホーム ディレクトリをバックアップされたファイルで置き換えます。
  3. JIRA インストール ディレクトリ に加えられた変更を再適用します。 

    注意

    このステップは、バックアップ以降に何か変更があった場合にのみ必要であり、変更には実際のデータが含まれるべきではありません。

  4. ネイティブのデータベース ツールを使用して,データベースを復元します(これも特定のデータベースの種類によって異なります)
  5. Jira を起動します。
最終更新日 2018 年 5 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.