準備

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Project Configurator for JIRA の取得とインストール

Project Configurator for JIRA is available at the Atlassian Marketplace as a Paid-via-Atlassian Plugin 2 add-on. It can be installed and licensed in all the usual ways, either from the Universal Plugin Manager inside JIRA, or from its page at the Marketplace.

プラグインは、エクスポートまたはインポートで使用されるすべてのインスタンスで有効化する必要があります。

本番環境の複製としてステージング インスタンスを開始します。

最初に、本番環境マシンの複製であるステージング インスタンスから開始する必要があります。これにより、ステージングに適用された設定の変更が、本番環境に適用されたときに同じ影響を及ぼすことを確認できます。つまり、これにより、設定変更を本番環境へ移した際の最終結果を、ステージングが示していることをテスト・検証します。

JIRA インスタンスの複製方法の詳細は、「ステージング サーバー環境の構築」を参照してください。

ステージングと本番環境を同期させる

過去のある時点でステージング インスタンスが本番環境から複製された場合、本番環境から最新の設定変更を使用して「更新」するのは良いアイデアです。ステージング インスタンスは本番環境をよく反映しています。そのため、ステージングで実行されたテストは、最終的に本番環境へ実装された場合、新しい設定をより正確に反映することになります。

最期にステージングへ複製されてから、本番環境の JIRA インストール ディレクトリが変更されていない場合 (新しいアップグレードのインストールや既存のアドオンのアップグレードなど)、複製プロセス全体を繰り返す必要はありません。本番環境のバックアップを作成して、ステージングで復元してください。「データをバックアップする」および「データの復元」を参照してください。 

 

プロモーション ウィンドウでユーザーの合意を得る

ステージング インスタンスで変更のレビューおよび検証を行えるタイミングについて、ユーザーと事前に合意しておくことをお勧めします。

安全対策として、設定変更を実装する前に、本番環境 JIRA のバックアップを作成します。これにより、バックアップを復元する必要性が生じた場合に、最新の変更が失われないよう、バックアップ後にそのインスタンスの内容を凍結することを示します。そのため、本番環境で次の操作を実行できる、詳細候補時間スロットで見つけやすくなります。

  • インスタンスのロック
  • バックアップの作成
  • ステージングから設定変更を実装する
  • 変更の検証
  • インスタンスのロック解除

おそらく、対象ユーザーがこの決定の一部となります。

 

 

💕 ご意見をお寄せください

フィードバック

最終更新日 2018 年 5 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.