POP または IMAP メールサーバーからメールを受信するよう JIRA アプリケーションを設定する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

JIRA でメールからコメントと課題の作成を有効にするには、最初に上記の方法で、JIRA が POP または IMAP メールサーバーからメールを受信するよう設定する必要があります。

注: 次のすべての手順では、JIRA 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインする必要があります。

POP または IMAP メールサーバーを追加または編集します。

  1. Choose > System
  2. メール > 受信メールを選択し、受信メールページを開きます。
  3. 新しい POP / IMAP メールサーバーの設定」ボタンをクリックして新しい POP / IMAP メールサーバーを定義するか、既存の POP / IMAP メールサーバー設定の右にある「編集」をクリックすると、「POP / IMAP メールサーバーの追加/更新」ページが開きます。
  4. このページのフィールドに次のように入力します。

    名前

    POP または IMAP メールサーバー設定を識別する短い任意の名前を指定します。POP / IMAP メールサーバーのメールアドレスのみを指定することもできます。

    説明

    (オプション) POP または IMAP メールサーバー設定およびその目的を説明する任意の説明を指定します。たとえば、「メール課題の作成/ <Project> の/コメント」。この説明は、「POP / IMAP メールサーバー設定」ページの POP / IMAP メールサーバーの名前の下に表示されます。

    サービスプロバイダー
    (既存の POP / IMAP メールサーバーを更新する場合は使用できません)

    独自の POP / IMAP メールサーバー (例: カスタム)、Gmail POP / IMAP (例: Google Apps Mail / Gmail [POP3 / IMAP]) または Yahoo! POP (例:Yahoo! MailPlus) のどちらを POP / IMAP メールサーバーに使用するかを選択します。
    (info)Gmail または Yahoo! オプションのいずれかを選択し、カスタムに戻す場合は、これらのサービスプロバイダーに関連する POP / IMAP メールサーバー設定w沿いようしてこのセクションの主要なフィールドが自動的に生成されます。

    プロトコル

    POP / IMAP メールサーバーが標準 (例: POP や IMAP) またはセキュア (例: SECURE_POP  SECURE_IMAP) のどちらであるかを指定します。

    (warning) JIRA クラウドは自己署名証明書をサポートしていません。

    ホスト名

    POP / IMAP メール サーバーのホスト名または IP アドレスを指定します。例: pop.yourcompany.com または imap.yourcompany.com

    POP / IMAP ポート

    (オプション) POP / IMAP アカウントからメールを取得するために使用するポート。 空白のままにします。
    既定は POP: 110、SECURE_POP: 995、IMAP: 143、SECURE_IMAP: 993 です。

    タイムアウト

    (オプション) タイムアウト時間をミリ秒単位で指定しまス。フィールドが空白のまま残された場合は、これを 10000 として処理します。ここで 0 または負の値を指定すると、JIRA は POP / IMAP サーバーの応答を無限に待機します。

    ユーザ名

    POP / IMAP アカウントの認証に使用されるユーザー名。

    パスワード

    POP / IMAP アカウントのパスワード。
    (info)既存の POP / IMAP メールサーバーを編集する際は、パスワードの変更チェックボックスを選択してこのフィールドにアクセスし、変更します。

  5. (オプション)テスト接続ボタンをクリックし、先ほど設定した POP / IMAP メールサーバーと JIRA が通信できることを確認します。
  6. 追加」(または「更新」) ボタンをクリックして、POP / IMAP メールサーバー設定を保存します。

スクリーンショット : POP / IMAP メールサーバーの追加/更新

POP / IMAP over SSL

メールサーバーが SSL をサポートしている場合、JIRA とメールサーバーの間の電子メール通信を、SSL 経由で暗号化できます。 

最初に、Java キーストアにメールサーバー証明書をインポートする必要があります。プロセスは、「SSL サービスへの接続」ページに記載されています。

(warning) 重要なメモ:証明書をインポートしない場合、JIRA はメールサーバーとの通信を行いません。

最終更新日 2018 年 5 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.