JIRA アプリケーション バックアップの自動化

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

JIRA アプリケーション データの XML バックアップを、ルーチンベースで自動的に作成するよう JIRA アプリケーションを設定できます。

(info) 注意:

本番での使用や大規模な JIRA アプリケーション インストールでは、XML バックアップ サービスの代わりにネイティブのデータベース固有のツールを使用することを強くお勧めします。バックアップ プロセス中にデータベースが更新される場合があるため、XML バックアップの一貫性は保証されません。警告やエラー メッセージなしで一貫したバックアップが正常に作成されますが、復元プロセス中に失敗します。データベースのネイティブ ツールは、データ保存のより一貫した、信頼性の高いデータを提供します。

自動 JIRA アプリケーション バックアップを構成するには:

  1. JIRA システム管理者」 グローバル権限を持つユーザーとしてログインします
  2. [管理] > [システム] > [詳細] > [サービス] (タブ) を選択し、システムで実行中の現在のサービスをリストする [サービス] ページを開きます。既定では、削除できない "Mail Queue Service" が 1 つ以上実行されているはずです。
  3. ページの下部にあるサービスの追加 フォームで、次のフィールドの入力を完了します。
    • 名前Backup Service などの、バックアップ サービスの記述名。
    • クラス — 次のいずれかのメソッドを使用したバックアップ サービス適切な完全修飾クラス名:
      • JIRA アプリケーションビルトインサービスからバックアップサービスを選択します。この操作を行うには:
        1. クラスフィールドの下のビルトインサービスリンクをクリックし、JIRA アプリケーション ビルトイン サービス クラスのリストを展開します。
        2. [バックアップ サービス] リンクをクリックします。[クラス] フィールドは、クラス テキスト文字列 "com.atlassian.jira.service.services.export.ExportService" を使用して自動的に生成されます。
      • [クラス] フィールドに完全修飾クラス名 "com.atlassian.jira.service.services.export.ExportService" を入力します。
    • 遅延 — バックアップ間隔の時間 (分数) を入力します。この既定として優れた設定は、720 分 (12 時間) または 1440 分 (24 時間) となります。
      (info)注:バックアップ サービス遅延 (分) で指定された間隔は、最後のサーバー再起動以降、次回のバックアップ ジョブが開始する時間です。バックアップサービスは指定した時間に実行するようスケジュール設定できません。詳細については、JRA-1865を参照してください。
  4. [サービスの追加] ボタンをクリックします。[サービスの編集] ページが表示されます。
  5. このページの次のアイテムを入力します。
    • 日付形式フィールドで、個別バックアップファイルの名前を使用する JIRA アプリケーションの形式を指定します。この形式には、SimpleDateFormat が解析できるすべての形式を使用できます。既定の優れた例は「yyyy-MMM-dd-HHmm」です。生成されるファイル名は「2007-Mar-05-1322」のようになります。
    • 遅延フィールドについては、必要に応じて、バックアップ間隔を示す分数を変更します。
    • 既定ディレクトリを使用」チェックボックスが表示されている場合、以下の注釈を参照してください。
  6. 更新ボタンをクリックします。バックアップサービスが構成されました。XML バックアップは遅延フィールドで指定したスケジュールに沿って実行されます。
    • バックアップが成功するたびに、XML バックアップの Zip ファイルがバックアップ ディレクトリに保存されます。
    • 何らかの理由でスケジュールされたバックアップが失敗した場合、圧縮された XML ファイルは「破損した」ディレクトリ内に保存されます。このディレクトリは、指定されたバックアップディレクトリの直下にあります。失敗の理由を説明するファイルは、「破損した」ディレクトリに書き込まれます。このファイルは、バックアップファイルと同じ名前になりますが、拡張子は「.failure.txt」となります。
      (info)JIRA アプリケーションは必要に応じて「破損した」ディレクトリを作成します。ユーザーが作成する必要はありません。

カスタムのバックアップ ディレクトリについて

既定ディレクトリを使用」チェックボックス (上記のスクリーンショットには表示されていません) は、バックアップ サービスでカスタムディレクトリを使用していたレガシー JIRA アプリケーション インストール (JIRA 4.2 以前) 用です。

JIRA 5.1.0 以前を使用している場合、「カスタム ディレクトリを使用するオプションは推奨されないため、「既定ディレクトリを使用」は常に表示されます。JIRA 5.1.1 以降を使用している場合、「 既定ディレクトリを使用」チェックボックスは、4.2 以前のバージョンからアップグレードし、カスタムディレクトリを使用した既存のバックアップを編集している場合にのみ表示されます。

  • カスタム ディレクトリを使用するレガシー バックアップ サービスを使用していない場合は、「既定ディレクトリを使用」チェックボックスをオンにします。そうでない場合、バックアップサービスは正常に機能しない場合があります。 
  • カスタム ディレクトリウを使用するレガシー バックアップ サービスを使用している場合、既定ディレクトリを使用するかカスタム ディレクトリを使用するかを選択できます (編集することはできません)。既定ディレクトリオプションを選択すると、カスタム ディレクトリ オプションを選択できなくなります。

The default directory location is the export subdirectory of the JIRA application home directory.

最終更新日 2018 年 5 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.