ライセンスの互換性

ライセンスとアプリケーションアクセス

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

インストールする JIRA アプリケーションには、それぞれ固有のライセンスが必要です。利用可能なライセンスには、さまざまなタイプがあります。こうしたライセンスのタイプの中には、相互に互換性がないものがあります。互換性のないライセンスのタイプをインストールしようとすると、JIRA はエラーを提示します。このエラーを解決するには、互換性のあるライセンスのタイプを選択して入手した上で、インストールする必要があります。最初に、互換性がないライセンスのタイプを削除しておく必要があります。

バージョンとライセンス ページでJIRA のライセンスを管理します。

商用ライセンス

 商用ライセンスは有償のライセンスで、JIRAアプリケーションを実行し、ユーザーを追加できます。

  • 複数の JIRA アプリケーションがインストールされている場合、すべての商用ライセンスは相互に有効となります。
  • 評価用ライセンスと商用ライセンスを混在させることができます。
  • 商用ライセンスと他のタイプのライセンス(たとえば、Data Center ライセンスやアカデミック ライセンス)を混在させることはできません。

Data Center ライセンス

Data Center は JIRA アプリケーションに高可用性とスケール面でのパフォーマンスを提供するデプロイメント オプションです。

  • あるアプリケーションの Data Center ライセンスをインストールし、 Data Center にそのアプリケーションを設定している場合は、以降使用するすべてのライセンスは Data Center ライセンスでなければなりません。
  • 他のタイプのライセンスを何か持っていて、さらに Data Center ライセンスをインストールしようとする場合、それを実行しても問題ありません。
  • 所有する複数の JIRA アプリケーションを Data Center 用にセットアップしようとする場合、すべてのアプリケーションに Data Center ライセンスが必要です。Data Center ライセンスを他のタイプのライセンスと混在させることはできません。

評価用ライセンス

評価用(または "トライアル")ライセンスでは、一定期間(通常 30 日間) JIRA アプリケーションのすべての機能を試用できます。トライアルが終了すると、有償のライセンスをインストールするまで、アプリケーションは機能を停止します。

無償ライセンス

無償ライセンスは、評価者が利用できるもので、営利団体や慈善団体、学生は使用できません。

  • 複数の JIRA アプリケーションがインストールされている場合、すべての無償ライセンスは相互に有効となります。
  • 複数の JIRA アプリケーションがインストールされている場合は、無償ライセンスと商用(有償)ライセンスを混在させることはできません。
最終更新日 2018 年 3 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.