JIRA サーバーアプリケーションからの課題のインポート

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

課題は、既存の JIRA サーバーアプリケーションから JIRA Cloud アプリケーションへインポートできます。インポート後、いくつかのタスクを実行する必要があります。

このページの内容:

JIRA アプリケーションからの課題のインポート

このインポート手順は、JIRA Cloud アプリケーションの既存のすべてのデータと設定およびアプリケーション間設定を上書きします。

はじめる前に

  • JIRA Software Cloud への移行で、JIRA Server 6.4 以前および JIRA Agile 6.7 以前を使用する場合、まず、 JIRA Software Server 7.0 以上にアップグレードする必要があります。
  • (warning) このインポート手順は、JIRA Cloud アプリケーションの既存のすべてのデータと設定およびアプリケーション間設定を上書きします。たとえば、課題とその添付ファイル、ルック アンド フィール設定およびユーザーとグループメンバーシップなどです。JIRA Cloud アプリケーションをしばらく使用した後、この手順でデータをインポートすると、それまでのすべてのデータ入力が失われますので、注意してください。
  • このプロセスはデータインポートを実行するために直接データベースにアクセスする必要があるサードパーティのシステム (Bugzilla や Mantis など) には、推奨されます。 この場合、JIRA Cloud アプリケーションへのそのような接続を公開することは、(いずれの側にとっても) 安全でないか、(非常に対話の多いリモート接続というパフォーマンスの問題により) 実用的でないため、この手順を代わりに使用します。
  • 制限事項:

    • 文字エンコーディング — JIRA Cloud アプリケーションは UTF-8 エンコーディングを使用します。ご使用の JIRA インスタンスが他の文字エンコーディング方法を使用している場合、JIRA Cloud アプリケーションへのデータのインポートはできません。
    • サードパーティの課題トラッカー専用:JIRA サーバーアプリケーションを持っていない場合、JIRA ダウンロードアーカイブから同一またはそれ以前のバージョンをダウンロードし、my.atlassian.com からアプリケーションの評価ライセンスを取得します。

方法

1. データを取得する

サードパーティの課題トラッカー専用: 既存のサードパーティの課題トラッカーから JIRA サーバーアプリケーションにデータをインポートします。以下の説明に従います。 

  1. Log in as an administrator. Then at the top right of the screen, choose   > System.

  2. 次に、インポートとエクスポートセクションのシステムの復元を選択します。
    JIRA インポート ウィザードが表示されます。インポートするデータをサポートしている形式を表示するには、前提条件をお読みください。

  3. JIRA Server アプリケーションで、JIRA XML バックアップユーティリティを使用して課題データの XML バックアップを作成してから、その添付ファイルを圧縮します。詳細は、「データをバックアップする」ページを参照してください。

  4. オプション: アバターやロゴをインポートする場合、同様にバックアップします。これを実行するには、 /data/avatars および /data/logos ディレクトリを個別に圧縮します。 /avatars および /logos ディレクトリが最上位レベルにあることを確認します。

バックアップデータ対応ファイル形式:

  • 課題: XML、XML ファイルを含む Zip (.zip)、GZip 済みXML ファイル (.xml.gz)、BZip2 XML ファイル (.xml.bz2)。

    JIRA 4.4 以降では、バックアップ中に JIRA が生成する Zip を使用することをお勧めします。使用しない場合、データが完全には復元されない可能性があります。

  • 添付ファイル、アバター、およびロゴ:  .zip.tar.gz/.tgztar.bz2

2. データのインポート

  1. WebDAV を使用してファイルを Cloud にアップロードします (4GB を超える大きなファイルをバックアップする場合、「WebDAV への大規模ファイルのアップロード」を参照)。

  2. Log in as an administrator. Then at the top right of the screen, choose   > System.

  3. 次に、インポートとエクスポートセクションのシステムの復元を選択します。

  4. 次へボタンをクリックし、ウィザードの説明に従ってインポートプロセスを完了します。

    ウィザードで、指定した XML バックアップの URL が検査され、新しい JIRA Cloud アプリケーションをポイントするように URL を更新するかどうか尋ねられます。

インポート後

新しいユーザーへのアプリケーションアクセスの認可

インポートプロセスは既定のアプリケーションアクセス設定を受け取らず、新規ユーザーにはどのアプリケーションへのアクセス権も付与しません。新規ユーザーにアプリケーションアクセスを認可して、これらのユーザーがログインできるようにする必要があります。

アプリケーションアクセスを割り当てる方法の詳細は、「アプリケーションアクセスの管理」を参照してください。

権限の設定

JIRA アプリケーションの権限

古い JIRA アプリケーションでは、たとえば、マネージャーという名前のグループを「JIRA 管理者」グローバル権限に追加するなど、既定の「JIRA 管理者」グローバル権限に変更を加えた場合、インポート後に JIRA Cloud アプリケーションで JIRA グローバル権限設定を設定する必要があります。

これは、インポートプロセスで「JIRA システム管理者」および「JIRA 管理者」グローバル権限の設定がインポートされないためです。「ユーザーの参照」など、その他のグローバル権限設定はインポートされます。

  • 「JIRA システム管理者」: JIRA Cloud アプリケーションはホスト付き製品のため、JIRA システム管理者権限はありません。したがって、この権限の設定は不要です。

  • 「JIRA 管理者」グローバル権限: 必要に応じてグループやユーザーを追加することでこの権限を設定します。

他のアプリケーションの権限

アプリケーション権限は各アプリケーションで個別に管理されます。ご使用のサイトに他のクラウド アプリケーションがある場合 (Confluence、Bamboo など)、これらのアプリケーションに対する権限の設定方法にの詳細については、「アプリケーション アクセスの管理」を参照してください。

最終更新日 2018 年 3 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.