Azure で Jira Data Center の使用を開始する

JIRA Data Center is an excellent fit for the Microsoft Azure environment. Azure provides a number of managed services that work out of the box with JIRA Data Center instances, and handle all their configuration and maintenance automatically. You can also choose the number and size of your nodes to suit your organization's needs, and if you need to scale up or down, Azure allows you to do this.

We've set up a reference template that lets you deploy JIRA Software Data Center and JIRA Service Desk Data Center in Microsoft Azure, and you can then configure it depending on your organization's Azure best practices. We strongly recommend you set up user management, central logging storage, a backup strategy, and monitoring, just as you would for a JIRA Data Center installation running on your own hardware.

このページの内容:

動作の仕組み

Here's an architectural overview of what you'll get when deploying JIRA Data Center using the template:

デプロイメントは、以下のコンポーネントで構成されています。

  • One or more Azure standard VM instances as cluster nodes, running JIRA Software or JIRA Service Desk, in a scale set
  • Azure SQL Server およびデータベース
  • すべての JIRA ノードへアクセスできる添付ファイルとその他のファイルを含む共有ホーム ディレクトリのストレージ アカウント
  • アプリケーション ゲートウェイ (既定では高可用性のため 2 つのインスタンス)
  • Bastion ホストとして小規模の Azure Linux VM を使用 (SSH 通信でクラスタ ノードへアクセス) 

仮想プライベート ネットワーク/サブネットでは Azure SQL インスタンスを作成できません。セキュリティを確保するため、SQL Server ファイアウォールはクラスター ノードが格納されているプライベート ネットワークからのトラフィックのみを許可するよう設定されています。SQL Server ファイアウォール ルールでは、デプロイメント中に先行してパブリック IP アドレスが必要です。アプリケーション ゲートウェイの パブリック IP アドレスはデプロイメントのこの段階では不明なため、NAT ボックス (ジャンプボックス) のパブリック IP アドレスを使用します。このネットワーク トポロジーは、クラスターから SQL Server へのすべてのトラフィックが、NAT ボックスを介して入力され、クラスターへのすべてのパブリック トラフィックも NAT ボックスを介して入力されるという意味です (アプリケーション ゲートウェイへのすべての SSH トラフィックと L4 トラフィックを含む)。

また、アプリケーション ゲートウェイは、Jira Data Centerノードのスケール セットのロード バランサとしての役割も果たします。

アトラシアンでは Jira の共有ホーム ディレクトリ用にストレージ アカウントを使用します。Azure SQL Server と同様に、このサービスは仮想ネットワーク外に存在します。このストレージ アカウントは各 Jira Data Center ノードにマウントされ、他のファイルと同じように処理されます。

Azure デプロイメントへの移行

You can also migrate your existing JIRA Data Center instance into Azure. To do this, you will need to set up a new JIRA Data Center instance in Azure, and then import data from your existing instance. This approach ensures that your new site is created with optimum settings for Azure.

以下は手順の概要です。

始める前に

Back up your existing JIRA instance, including your database and home directories. 

  1. Marketplace または他のユーザー インストール アプリの一覧を作成します。
  2. XML 形式でデータをエクスポートします。添付ファイルはエクスポートされないため、現在の共有ホーム ディレクトリから手動でコピーする必要があります。
  3. Deploy JIRA Data Center in Azure, and test that JIRA is working as expected.
  4. 前の手順で作成した XML バックアップをインポートします。
  5. /attachments ディレクトリのコンテンツを、Azure の共有ホーム ディレクトリ内の同等のディレクトリにコピーします。
  6. 以前使用していたアプリをインストールします。
  7. Test your new JIRA Data Center instance.

Azure デプロイメントの保護

We recommend deploying JIRA with SSL. Our template will prompt you for a certificate and password. 

参考情報

  • HTTPS はアプリケーション ゲートウェイで終了されます。
  • 証明書は、信頼できる認証局からのものである必要があります。自己署名証明書の使用は避けてください。

デプロイメントの準備

1. デプロイメントのサイズの決定

While deploying JIRA Data Center on Microsoft Azure, you’ll have an option to choose the size of your deployment—small, medium, large, or enterprise. This will determine the number of JIRA application nodes, and the size of VMs to be provisioned. 

To help you estimate your instance’s size, we identified several JIRA Data Center size profiles that are based on the amount of data dimensions that you already have, or are planning to have, such as the number of issues, projects, custom fields, users, and so on. For more info, see JIRA Data Center size profiles.

2. リージョンの選択

リージョンまたは場所は、Azure がデプロイメントを格納する場所です。一部のリージョンでは、Application Insights や分析機能へのアクセスなど、すべての Azure 機能が提供されません。デプロイメントで使用したい機能に応じてここでの選択を行います。

リージョンと利用可能な機能を確認するには、「リージョン別の利用可能な製品」を参照してください。

3. 追加情報の準備

デプロイメントでは以下も必要です。

  • (オプション) SSL: 信頼できる認証局からの Base64 エンコード PFX 証明書。 
  • (オプション) CNAME: Azure にランダム ドメインを生成させない場合、既存の CNAME の詳細。 

Deploying JIRA Data Center to Azure via Azure marketplace

This method uses the Azure Marketplace to deploy JIRA Software Data Center or JIRA Service Desk Data Center using our deployment templates as a reference. 

To deploy JIRA Data Center to Azure using our Marketplace app:

  1. Azure ポータルにログインします。
  2. [リソースの作成] を選択して新しいデプロイを開始します。
  3. Search for Atlassian, then select JIRA Software Data Center or JIRA Service Desk Data Center from the list of Marketplace apps.
  4. [作成] を選択してデプロイの構成を開始します。
  5. ウィザードの指示に従ってデプロイを構成します。詳細は、以下のパラメーター テーブルを参照してください。
  6. すべての情報が正しいことを確認し、[作成] をクリックしてサブスクリプションを購入します。デプロイメントには約 30 分かかります。  
  7. Once deployment is complete, go to the JIRA URL listed in the deployment outputs to complete onboarding and start using JIRA.

パラメータ

構成可能なパラメーターのリストは次のとおりです。 

サブスクリプション Microsoft Azure サブスクリプション タイプ。
リソース グループ 既存のリソース グループがある場合は、それを使用するか、新しく作成できます。
場所 Azure がデプロイメントを格納する領域です。
JIRA Version

Specify the version of JIRA you'd like to install in full. For example 7.13.0.

We'd recommend that you choose JIRA Software 7.13 or later, or JIRA Service Desk 3.16 or later. These versions have been thoroughly tested in Azure. Head to JIRA Software Release Notes or JIRA Service Desk Release Notes for a list of all releases.

JIRA 管理者資格情報 Provide a name and password for the initial JIRA administrator on your instance.
JIRA Cluster Select the expected size of your site - trial, small, medium, large, enterprise. This will determine the number of JIRA application nodes, and the size of VMs to be provisioned. Choose Change Size to override the defaults.
データベース タイプ SQL Server または PostgreSQL データベースを選択します。
データベース資格情報

データベース管理者ユーザーのユーザー名とパスワードを提供します。

同じ場所およびリソース グループに既存のデータベースがある場合、既存のデータベースを選択して使用することもできます。詳細はここに入力します。

SSH アクセス

Provide an SSH public key to be used to SSH into the instance that will act as bastion host, and a username and password for SSH access to the JIRA nodes.

Microsoft Azure ドキュメントの「Create and use an SSH public-private key pair for Linux VMs in Azure (Azure 内に Linux VM 用の SSH 公開/秘密キーのペアを作成して使用する)」を参照してください。

cname 組織の CNAME (Canonical Name record)。提供されない場合、Azure はインスタンス用にランダムなサブドメインを生成します。
HTTPS/SSL Azure Application Gateway 上の SSL 終端に使用する証明書とパスワードを指定します。
監視 有効化する監視および分析サービス (ロケーションに依存) を選択します。

Deploying JIRA Data Center to Azure using the CLI

This method uses the Azure command line interface to deploy JIRA Data Center using our deployment templates as a reference. You'll need to install the Azure CLI to do this.

デプロイメント テンプレートを直接使用すると、さらに細かい構成を行うことができます。クラスタ ノードの数、サイズ、ディスク サイズ、OS タイプなど、すべてのハードウェアの選択をパラメータとして設定可能です。 

https://bitbucket.org/atlassian/atlassian-azure-deployment にアクセスし、README を確認して、CLI を使用したデプロイ方法を確認してください。 

監視

プロビジョニングするリソースの多くは Azure によって管理されるため、監視に多くのオプションを利用できます。例:

これらのリソースの一部はまだプレビュー段階であるため、リージョンによっては利用できない場合があります。 

最終更新日 2019 年 4 月 29 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.