スレッド ダンプの生成

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

操作の実行中に時折 JIRA がフリーズしたように見える場合があります。そのような場合、スレッド ダンプ — Java 仮想マシン内で現在実行中のスレッドおよびプロセスに関する情報を含むログ — の取り込みを行います。スレッド ダンプの取得は非破壊プロセスであるため、稼働中のシステム上で実施することができます。本書では、スレッド ダンプの取り込みに必要な手順を説明します。

JIRA 実行 OS によって、スレッドダンプ取り込みの手順が異なります。以下の手順で取得して下さい。

このページの内容

Windows 環境

startup.bat から JIRA を起動する

  1. JIRA 実行のコマンドコンソールウィンドウでタイトルバーを右クリックして、プロパティダイアログボックスを開き、「プロパティ」を選択します。
  2. [Layout] タブを選択します。
  3. Under Screen Buffer Size, set the Height to 3000.
  4. [OK] をクリックします。
  5. 同じコマンド コンソールで CTRL-BREAK を押すと、コマンド コンソールにスレッド ダンプが出力されます。
  6. "Full thread dump" と書かれた行まで、コマンド コンソールをスクロールします。
  7. タイトル バーを右クリックし、[Edit] > [Mark] を選択します。スレッド ダンプのテキスト全体をハイライト表示します。
  8. Right click the title bar and select Edit -> Copy. The thread dump can then be pasted into a text file.
     

ウィンドウズサービスとしてJIRA を実行する

jstack を使用する場合

JDK には‬ jstack という名前の、スレッド ダンプ生成用のツールが付属します。

  1. Identify the process. Launch the task manager by, pressing Ctrl + Shift + Esc and find the Process ID of the Java (JIRA) process. You may need to add the PID column using View -> Select Columns ...
  2. ‪‪jstack <pid>‬ を実行して、 単一のスレッドダンプを取得します。このコマンドで、プロセス ID ‪ <pid>‬ の1個のスレッドダンプが取得出来ます。この場合のプロセス ID は22668です。
C:\Users\Administrator>jstack.exe -l 22668 > threaddump.txt

このコマンドにより、現在のディレクトリに threaddump.txt というファイルが出力されます。

‪ jstack‬ のよくある問題

  • jstack は Jira を実行しているユーザーと同じユーザーとして実行する必要があります。
  • エラー メッセージ "Not enough storage is available to process this command" が表示された場合、ここから‪ "psexec" ユーティリティをダウンロードして、以下のコマンドを実行します。
    psexec -s jstack <pid> >> threaddumps.txt
  • 実行が可能な jstack が $PATH にない場合、<JDK_HOME>/bin ディレクトリで探します。
  • java.lang.NoClassDefFoundError: sun/tools/jstack/JStack が発生したら、JDK の lib ディレクトリ tools.jar があるかどうかを確認します。tools.jar がない場合、JDK のフル バージョンをダウンロードします。

Linux / Unix / OS X 環境

Linux/Unix コマンドライン

  1. JIRA を実行している java プロセスを識別します。これは以下の様なコマンドで実現できます。

    ps -ef | grep java

    次のようなプロセスが見つかります。

    keithb     910   873  1 17:01 pts/3    00:00:18 /usr/java/jdk/bin/java -Xms128m -Xmx256m
    -Xms128m -Xmx256m -Djava.awt.headless=true -Djava.util.logging.manager=org.apache.juli.ClassLoaderLogManager
    -Djava.awt.headless=true -Djava.endorsed.dirs=/tmp/atlassian-jira-enterprise-3.6-standalone/common/endorsed
    -classpath :
  2. スレッド ダンプを取得するには、次のコマンドを実行します。

    kill -3 <pid>

    ここで、pid がプロセス ID (この場合は 910) です。

  3. The thread dump will be written to the Tomcat console output. The console output is redirected to the logs/catalina.out file, which can be found in the JIRA application installation directory for JIRA Standalone / Installer.

Linux/Unix での代替手段: jstack を使用してスレッドダンプを生成する

スレッド ダンプを取得する際 kill -3 <pid> で問題が発生した場合、java ユーティリティ である jstack を使用し、指定したプロセスの Java スレッドのスタックトレースを出力します。

  1. JIRA を実行している java プロセスを識別します。これは以下の様なコマンドで実現できます。

    ps -ef | grep java
  2. 次のようなプロセスが見つかります。

    adam 22668 0.3 14.9 1691788 903928 ? Sl Jan27 9:36 /usr/lib/jvm/java-6-sun-1.6.0.14/bin/java -Djava.util.logging.config.file=/home/adam/Products/installs/atlassian-jira-enterprise-4.0.1-standalone/conf/logging.properties -XX:MaxPermSize=256m -Xms128m -Xmx1048m -Djava.awt.headless=true -Datlassian.standalone=JIRA -Dorg.apache.jasper.runtime.BodyContentImpl.LIMIT_BUFFER=true -Dmail.mime.decodeparameters=true -Datlassian.mail.senddisabled=false -Datlassian.mail.fetchdisabled=false -Djava.util.logging.manager=org.apache.juli.ClassLoaderLogManager -Djava.endorsed.dirs=/home/adam/Products/installs/atlassian-jira-enterprise-4.0.1-standalone/common/endorsed -classpath /home/adam/Products/installs/atlassian-jira-enterprise-4.0.1-standalone/bin/bootstrap.jar -Dcatalina.base=/home/adam/Products/installs/atlassian-jira-enterprise-4.0.1-standalone -Dcatalina.home=/home/adam/Products/installs/atlassian-jira-enterprise-4.0.1-standalone -Djava.io.tmpdir=/home/adam/Products/installs/atlassian-jira-enterprise-4.0.1-standalone/temp org.apache.catalina.startup.Bootstrap start
    
  3. ‪ jstack <pid>‬ を実行して、単一のスレッドダンプ を取得します。このコマンドにより、プロセス ID ‪ <pid>‬ のスレッドダンプ1個が取得出来ます。この場合のプロセス ID は22668です。出力は ‪JIRAthreaddump.txt‬ ファイルにロギングします。

    adam@jiratrack:~$ jstack 22668 > JIRAthreaddump.txt
    
  4. スレッドダンプを複数取得します。
    通常、約 10 秒間隔でダンプを取得します。その場合、複数のダンプや出力されたスタックトレースを以下のように1つのファイルに生成することができます。

    adam@jiratrack:~$ jstack 22668 >> JIRAthreaddump.txt
    adam@jiratrack:~$ jstack 22668 >> JIRAthreaddump.txt
    adam@jiratrack:~$ jstack 22668 >> JIRAthreaddump.txt
    

    RDP 経由でサーバーに接続している場合、jstack は以下のようなエラーで失敗する可能性があります。

    Not enough storage is available to process this command 

    コンソールモードで RDP セッションを開く必要があります: mstsc /admin

Linux/Unix での代替手段: スクリプトを使用してスレッドダンプを生成する

また、サポート チームが作成したスクリプトを使用してスレッド ダンプを生成することもできます。これは簡単なプロセスで、スクリプトがすべての操作を実行します。スクリプトはスレッド ダンプを生成するだけでなく、ヒープ ダンプを生成、ディスクのアクセス速度や Java SSL 接続をチェックすることもできます。

  1. (オプション) お使いの JIRA バージョンでサポートされている場合は、Thready プラグインをインストールします。Thready は Tomcat スレッドの名前を変更し、スレッドを分析しやすくするよう、名前に URL を含めます。
  2. https://bitbucket.org/atlassianlabs/atlassian-support/ からスクリプトをダウンロードしてインストールします。
  3. JIRA インスタンスの動作が遅い、または反応しない場合はスクリプトを実行します。 
    1. (オプション) また、スクリプトにより、ディスクのアクセス速度をテストすることもできます。詳細は、「ディスクのアクセス速度のテスト」に記載されています。 
    2. スレッド ダンプを取得するかどうかを尋ねられたら、「Y」を入力します。
    3. ヘッド ダンプを取得するかどうかを尋ねられたら、「Y」を入力します。
    4. (オプション) また、スクリプトで Java SSL 接続をチェックすることもできます。
  4. スクリプトを実行した後、スレッド ダンプが取得され、圧縮されます。これで、サポート チケットを開き、生成されたパッケージを添付できます。

分析ツール

スレッド ダンプを調査するには TDASamurai を使用します。

TDA

  1. TDA をダウンロードします。
  2. CD コマンドを JAR が存在するディレクトリに格納します。
  3. 次のコマンドを実行します。

    java -jar -Xmx512M ~/tda-bin-1.6/tda.jar
  4. スレッドダンプが含まれている catalina.out ファイルを開きます。

TDA でスレッド ダンプを処理する場合の問題 (NumberFormatException)

TDA コンソールに次のようなエラーが表示されます。

Exception in thread "AWT-EventQueue-0" java.lang.NumberFormatException: For input string: "5 os_prio=0"
        at java.lang.NumberFormatException.forInputString(NumberFormatException.java:65)
        at java.lang.Long.parseLong(Long.java:441)
        at java.lang.Long.<init>(Long.java:702)
        at com.pironet.tda.utils.ThreadsTableModel.getValueAt(ThreadsTableModel.java:80)
        at com.pironet.tda.utils.TableSorter.getValueAt(TableSorter.java:285)
        at javax.swing.JTable.getValueAt(JTable.java:2717)
        at javax.swing.JTable.prepareRenderer(JTable.java:5719)
        at javax.swing.plaf.basic.BasicTableUI.paintCell(BasicTableUI.java:2114)
        at javax.swing.plaf.basic.BasicTableUI.paintCells(BasicTableUI.java:2016)
        at javax.swing.plaf.basic.BasicTableUI.paint(BasicTableUI.java:1812)
        at javax.swing.plaf.ComponentUI.update(ComponentUI.java:161)
        at javax.swing.JComponent.paintComponent(JComponent.java:778)
        at javax.swing.JComponent.paint(JComponent.java:1054)
        at javax.swing.JComponent.paintChildren(JComponent.java:887)
        at javax.swing.JComponent.paint(JComponent.java:1063)
        at javax.swing.JViewport.paint(JViewport.java:731)
        at javax.swing.JComponent.paintChildren(JComponent.java:887)
        at javax.swing.JComponent.paint(JComponent.java:1063)
        at javax.swing.JComponent.paintChildren(JComponent.java:887)
        at javax.swing.JSplitPane.paintChildren(JSplitPane.java:1047)
        at javax.swing.JComponent.paint(JComponent.java:1063)
        at javax.swing.JComponent.paintToOffscreen(JComponent.java:5230)
        at javax.swing.BufferStrategyPaintManager.paint(BufferStrategyPaintManager.java:295)
        at javax.swing.RepaintManager.paint(RepaintManager.java:1249)
        at javax.swing.JComponent._paintImmediately(JComponent.java:5178)
        at javax.swing.JComponent.paintImmediately(JComponent.java:4989)
        at javax.swing.RepaintManager$3.run(RepaintManager.java:808)
        at javax.swing.RepaintManager$3.run(RepaintManager.java:796)
        at java.security.AccessController.doPrivileged(Native Method)
        at java.security.ProtectionDomain$1.doIntersectionPrivilege(ProtectionDomain.java:76)
        at javax.swing.RepaintManager.paintDirtyRegions(RepaintManager.java:796)
        at javax.swing.RepaintManager.paintDirtyRegions(RepaintManager.java:769)
        at javax.swing.RepaintManager.prePaintDirtyRegions(RepaintManager.java:718)
        at javax.swing.RepaintManager.access$1100(RepaintManager.java:62)
        at javax.swing.RepaintManager$ProcessingRunnable.run(RepaintManager.java:1677)
        at java.awt.event.InvocationEvent.dispatch(InvocationEvent.java:312)
        at java.awt.EventQueue.dispatchEventImpl(EventQueue.java:733)
        at java.awt.EventQueue.access$200(EventQueue.java:103)
        at java.awt.EventQueue$3.run(EventQueue.java:694)
        at java.awt.EventQueue$3.run(EventQueue.java:692)
        at java.security.AccessController.doPrivileged(Native Method)
        at java.security.ProtectionDomain$1.doIntersectionPrivilege(ProtectionDomain.java:76)
        at java.awt.EventQueue.dispatchEvent(EventQueue.java:703)
        at java.awt.EventDispatchThread.pumpOneEventForFilters(EventDispatchThread.java:242)
        at java.awt.EventDispatchThread.pumpEventsForFilter(EventDispatchThread.java:161)
        at java.awt.EventDispatchThread.pumpEventsForHierarchy(EventDispatchThread.java:150)
        at java.awt.EventDispatchThread.pumpEvents(EventDispatchThread.java:146)
        at java.awt.EventDispatchThread.pumpEvents(EventDispatchThread.java:138)
        at java.awt.EventDispatchThread.run(EventDispatchThread.java:91)

スレッド ダンプで次のコマンドを適用し、スレッド ヘッダー形式を修正して処理できるようにします:
sed -i 's/prio=[0-9]\{1,2\} os_prio=[0-9]\{1,2\}/prio=5/g' <filename>

Mac の場合:

sed -i '' 's/prio=[0-9]\{1,2\} os_prio=[0-9]\{1,2\}/prio=5/g' <filename>

スレッドダンプについて知りたい場合は、ナレッジベース記事をご参照ください:

最終更新日 2018 年 3 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.