ソース インスタンスからプロジェクトをエクスポートする

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

These steps are for migrating projects between different instances of Jira Server, and require a 3rd party app Project Configurator for Jira. If you're migrating from Server to Cloud, see Jira Server to Cloud migration resources.

ソース インスタンスからプロジェクトをエクスポートします。

エクスポートの開始

  1. 管理者としてソース Jira にログインします。
  2. アドオン管理ページへ移動します。
  3. 左側のメニューの [PROJECT CONFIGURATOR] セクションで、[選択したプロジェクトのエクスポート] をクリックします。



  4. エクスポートしたいプロジェクトを選択します (複数選択する場合は、Windows では CTRL キー、macOS では COMMAND キーを使用します)。
  5. プロジェクトの一覧の下にある [構成とデータ] を選択し、[次へ] をクリックします。

エクスポート オプション

次に、エクスポート オプションを選択します。

プロジェクトを移行する際、最も重要なオプションはカスタムフィールドやユーザーのエクスポートに関するものです。

  • カスタム フィールドのフィルター - このオプションを選択し、エクスポートされたプロジェクトで使用されているカスタム フィールドのみをエクスポートします。これにより、時間を節約します。
  • ユーザー/グループ エクスポート オプション –ユーザー データのエクスポート方法を選択します。
      • フル エクスポート: 既定オプションです。エクスポートされた構成内にユーザー名がある場合、アドオンはそれを検索し、エクスポートされた項目に追加しようとします。ユーザーが無効な場合、エクスポートはエラーとともに停止します。
      • 有効なユーザーを無視する: ユーザー名が無効な場合、ユーザーはエクスポートされた項目に追加されません。ユーザー名はコンポーネントまたはプロジェクト リードとして表示され、エクスポートされたファイルの別のスキームには追加されません。これらの場合、エクスポートは停止しません。現在、2 つの場合でアドオンは無効なユーザー名を検出できます。
        • その名前のユーザーが見つからない場合
        • ユーザーのメール アドレスが無効な場合 (X と Y が空でない文字列のパターン「X@Y」を準拠しません)
      • エクスポートしない: ユーザーはエクスポートされません。

エクスポート オプションの詳細は、「エクスポート オプションの選択」を参照してください。

フィルター、ダッシュボード、アジャイル ボードのエクスポート

フィルターとダッシュボードの場合、次のオプションのいずれかを選たkうすると十分です。

  • エクスポートされたプロジェクトと共有– エクスポートされたプロジェクトで使用されるフィルター/ダッシュボードをエクスポートします。
  • すべてのユーザーまたはエクスポートされたすべてのプロジェクト - エクスポートされたプロジェクトまたはすべてのユーザーが使用するフィルター/ダッシュボードをエクスポートします。

スクラムおよびカンバン ボードの場合、おそらく、エクスポートされたプロジェクトと関連するボード (エクスポートされたプロジェクトと関連付けられている) のみをエクスポートすることになります。 

概要のエクスポート

エクスポートが完了すると、エクスポートされた ZIP アーカイブの場所を示す、エクスポート サマリーへリダイレクトされます。これは次の手順で必要となります。


最終更新日: 2019 年 9 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.