ソース インスタンスからプロジェクトをエクスポートする

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ソース インスタンスからプロジェクトをエクスポートします。

このページで説明している内容は、Jira の標準機能ではありません。これらを実行するには、サードパーティ アドオン "Project Configurator for Jira" をインストールする必要があります。

エクスポートの開始

  1. 管理者としてソース JIRA にログインします。
  2. アドオン管理ページへ移動します。
  3. 左側のメニューの [PROJECT CONFIGURATOR] セクションで、[選択したプロジェクトのエクスポート] をクリックします。



  4. エクスポートしたいプロジェクトを選択します (複数選択する場合は、Windows では CTRL キー、macOS では COMMAND キーを使用します)。
  5. プロジェクトの一覧の下にある [構成とデータ] を選択し、[次へ] をクリックします。

エクスポート オプション

次に、エクスポート オプションを選択します。

プロジェクトを移行する際、最も重要なオプションはカスタムフィールドやユーザーのエクスポートに関するものです。

  • カスタム フィールドのフィルター - このオプションを選択し、エクスポートされたプロジェクトで使用されているカスタム フィールドのみをエクスポートします。これにより、時間を節約します。
  • ユーザー/グループ エクスポート オプション –ユーザー データのエクスポート方法を選択します。
      • フル エクスポート: 既定オプションです。エクスポートされた構成内にユーザー名がある場合、アドオンはそれを検索し、エクスポートされた項目に追加しようとします。ユーザーが無効な場合、エクスポートはエラーとともに停止します。
      • Ignore invalid users: If the username is not valid, the user will not be added to the exported items. The username will still appear as component or projectlead, and will be a part of different schemes in the exported file. In these cases, however, the export will not halt. Currently, the add-on can detect an invalid username in two cases:
        • その名前のユーザーが見つからない場合
        • ユーザーのメール アドレスが無効な場合 (X と Y が空でない文字列のパターン「X@Y」を準拠しません)
      • エクスポートしない: ユーザーはエクスポートされません。

エクスポート オプションの詳細は、「エクスポート オプションの選択」を参照してください。

フィルター、ダッシュボード、アジャイル ボードのエクスポート

フィルターとダッシュボードの場合、次のオプションのいずれかを選たkうすると十分です。

  • エクスポートされたプロジェクトと共有– エクスポートされたプロジェクトで使用されるフィルター/ダッシュボードをエクスポートします。
  • すべてのユーザーまたはエクスポートされたすべてのプロジェクト - エクスポートされたプロジェクトまたはすべてのユーザーが使用するフィルター/ダッシュボードをエクスポートします。

スクラムおよびカンバン ボードの場合、おそらく、エクスポートされたプロジェクトと関連するボード (エクスポートされたプロジェクトと関連付けられている) のみをエクスポートすることになります。 

概要のエクスポート

エクスポートが完了すると、エクスポートされた ZIP アーカイブの場所を示す、エクスポート サマリーへリダイレクトされます。これは次の手順で必要となります。


最終更新日 2018 年 11 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.