ガジェットの履歴時間パラメータ制約の変更 - アトラシアン製品ドキュメント

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

A number of JIRA gadgets show historical data from your JIRA server. You can generally configure the time constraints on this data via gadget parameters, such as those parameters defining how far back should data be retrieved. For performance reasons, however, the JIRA server can impose an overriding maximum limit on historical data retrieved by gadgets. These maximum limits imposed by the JIRA server are defined by the following advanced configuration options in JIRA and can be customized in your jira-config.properties file (located in the JIRA application home directory).

jira.chart.days.previous.limit.yearly=36500
jira.chart.days.previous.limit.quarterly=22500
jira.chart.days.previous.limit.monthly=7500
jira.chart.days.previous.limit.weekly=1750
jira.chart.days.previous.limit.daily=300
jira.chart.days.previous.limit.hourly=10

プロパティの更新手順

  1. JIRA サーバーをシャットダウンします。
  2. Edit your jira-config.properties file in your JIRA home directory.
    (info) See Making changes to the jira-config.properties file for more information.
  3. (info) これらのプロパティを確認します。
    プロパティが jira-config.properties ファイルに存在しない場合は、ファイルに追加します。
  4. これらのプロパティの値を希望に応じて更新します。
  5. jira-config.properties ファイルの変更を保存します。
  6. ご使用の JIRA サーバーを再起動します。
最終更新日 2018 年 3 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.