JIRA アプリケーション設定ツールの利用

JIRA アプリケーション設定ツール設定ツール とは、便利な GUI を通じて、JIRA サーバーを設定する機能を提供するアプリケーションです。このツールでは以下のことが出来ます:

このページの内容:

注意:

  • JIRA 設定ツールの利用にあたっては、お使いの OS における Java プラットフォームのインストールおよび設定が必要となります。本ツールを実行するにあたって Java プラットフォームのインストールが必要な場合は、Java platform supported by JIRA の利用をお勧めします。詳しくは、JIRA 要件 を参照して下さい。
  • JIRA サーバに対するコンソールのみの接続を有している場合は、これらのサーバレベルの設定を手動で行う必要があります。
  • 本ツールを使用して JIRA サーバの設定あるいは再設定を行う際は、これらの変更点を反映させるために JIRA を再起動する必要があります

JIRA 設定ツールを開始する

The JAVA_HOME environment variable must be set to use the JIRA configuration tool. If it has not been set already, follow the instructions in Installing Java to set it.

The JIRA configuration tool can be run with a graphical user interface or via a command-line interface using the -c or --console argument. The following sections show the graphical user interface, but the functionality is the same regardless of the interface.

JIRA ホームディレクトリの設定

お使いの JIRA Home Directory は、JIRA がその様々なデータファイルの保管に使用するフォルダーの設定を可能にします。

  1. JIRA ホーム タブをクリックします。
  2. JIRA ホームディレクトリ フィールドにおいて、テキストフィールド内に完全なファイルのパスを入力するか、あるいは Browse ボタンをクリックしてお使いの JIRA Home Directory の場所を閲覧します。
  3. Click the 'Save' button. Your changes are saved to the jira-application.properties file located in the <jira-application-dir> subdirectory of your JIRA application installation directory. For more information, please see Setting your JIRA home directory.

スクリーンショット: JIRA 設定ツール — 'JIRA Home' タブ

データベース接続の設定

JIRA 設定ツールを利用して JIRA のデータベース接続を設定するには、お使いのデータベース タイプに適切な手順を踏んで下さい:

 

スクリーンショット: JIRA 設定ツール — 「データベース」タブ

JIRA の Webサーバを設定する

JIRA 設定ツールは、JIRA の Web サーバー、具体的には TCP ポートおよび SSL の設定に利用できます。以下の関連する解説内容を参照して下さい:

Screenshot: JIRA configuration tool — 'Web Server' tab

JIRA データベース接続のチューニング

Advanced (詳細) タブ機能の詳細については、データベース接続のチューニングを参照して下さい。

Screenshot: JIRA configuration tool — 'Advanced' tab

最終更新日: 2018 年 2 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.