Pivotal Tracker からデータのインポート

JIRA にバンドルされている JIRA Importers プラグイン を使用すれば、'Software as a Service' (SaaS) 課題トラッカーアプリケーションであるPivotal Tracker からデータをインポートできます。

(info)当社のメインウェブサイトでは、Pivotal Tracker から JIRA に移行する理由の上位に入るものをいくつか取り上げています。バージョン 2.5 以降の JIRA Importers プラグインが必要です。

このページの内容

JIRA へのデータのインポートに使用する Pivotal Tracker の準備

Pivotal Tracker の Pivotal プロジェクトの設定で、API のアクセスを許可がオンになっていることを確認してください。

Pivotal Tracker インポートウィザードの実行

開始する前に、JIRA データをバックアップしてください。

  1. JIRA 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインします。
  2. > [システム] を選択します。[インポートとエクスポート] > [外部システム インポート] を選択し、[外部プロジェクトのインポート] ページを開きます。
  3. Pivotal Tracker を選択して Pivotal Tracker に接続ページを開きます。
  4. Connect with Pivotal Tracker ページで次の項目を指定します。

    Pivotal ユーザー名またはメール
    ご使用の Pivotal Tracker サイトにある課題にアクセスするために JIRA が使用するユーザーアカウントを指定します。
    Pivotal パスワード ユーザー(上記)のパスワードを指定します。
    Map user names
    (詳細設定タブを展開)
    Pivotal Tracker ユーザーが JIRA で作成されている場合、(Pivotal Tracker の課題と関連付けられる) ユーザー名の詳細を変更するには、このチェックボックスをオンにします。
    既存の構成ファイルの使用
    (展開された詳細タブ)
    設定ファイルがない場合や、新しい設定ファイルを作成する場合は、このチェックボックスをオフのままにします。設定ファイルにより、Pivotal Tracker のフィールドと JIRA のフィールドの間のマッピングを指定します。
    (info)
      • このオプションを選択すると、既存の設定ファイルを指定するかどうか尋ねられます。
      • このオプションを選択しない場合、Pivotal Tracker インポート ウィザードの最後に、今後の Pivotal Tracker インポート (Pivotal Tracker インポートウィザードの本ステップでの再利用) に使用できる設定ファイルが作成されます。
  5. 次へボタンをクリックして、 Pivotal Tracker インポートウィザードのプロジェクトマッピングの設定ステップに進みます。
  6. Setup project mappings ページで、JIRA にインポートする Pivotal Tracker プロジェクトを選択します。
    (info)既定ではすべてのプロジェクトが選択されているので、JIRA にインポート しないPivotal Tracker プロジェクトのインポートの下のチェックボックスをオフにします。
    JIRA にインポートする Pivotal Tracker プロジェクトについては、Select a project  をクリックし、次のいずれかの操作を行います。
    • ドロップダウンメニューから Create New を選択し、 Add A New Project ダイアログボックスで次の項目を入力します。
      1. 新規プロジェクトの名前
      2. 新しいプロジェクトキー
        (info) これは JIRA プロジェクトのすべての課題 ID のプレフィックスとして使用されます。
      3. プロジェクト リーダー
    • JIRA にすでに存在するプロジェクトの名前 (またはキー) を入力するか、ドロップダウンメニューを使用して既存の JIRA プロジェクトを選択します。
      (info)Select a project リストから選択できるのは、PT ワークフロースキーム (Pivotal Tracker から JIRA への最初のインポートで作成) を使用している JIRA プロジェクトのみです。PT ワークフロースキームは次のもので構成されています。
      • PT ワークフロー — すべての標準課題タイプにマップされます。
      • PT サブタスクワークフロー — JIRA のサブタスク課題タイプにマップされます。
      (tick) ヒント: Pivotal Tracker 課題を既存の JIRA プロジェクトにインポートしたいが、Pivotal Tracker から JIRA へのインポートをまだ実行したことがない場合、以下を実行することを検討します。
      1. Pivotal Tracker インポートウィザードを使用して課題を新しい JIRA プロジェクトにインポートします。このとき、JIRA は PT ワークフロースキームPT 課題タイプスキームを作成します。PT 課題タイプスキームは、作業リリースなど、既定の JIRA インストールに存在していない追加の課題タイプで構成されています。
      2. (オプション) 今後使用する予定がない場合はこのプロジェクトを削除します。
      3. PT ワークフロースキームPT 課題タイプスキームを、Pivotal Tracker 課題をインポートする既存の JIRA プロジェクトに適用します (詳細については、「プロジェクトの定義」を参照してください)。
      4. Pivotal Tracker インポートウィザードを再使用して課題をこの既存の JIRA プロジェクトにインポートします。
  7. 次へボタンをクリックして Pivotal Tracker インポートウィザードのユーザーマッピングの設定ステップに進みます。
    (info) 上記のユーザー名のマッピングオプションを選択しなかった場合、ステップ 8 へ進みます。(次へボタンは使用できなくなります。)
  8. Pivotal Tracker インポートウィザードのユーザーマッピングの設定ステップで、JIRA での値フィールドを次のように設定します。
    • Pivotal Tracker ユーザーと既存の JIRA ユーザーを一致させるには、JIRA ユーザーのユーザー名を指定します。
    • Pivotal Tracker ユーザーの名前詳細をそのまま追加するには、空欄にしておきます。 ユーザーの JIRA でのフルネームは Pivotal Tracker のユーザー名値に由来し、JIRA ユーザー名はこのフルネームから生じます (小文字で作成されます)。
    • Pivotal Tracker のユーザーの名前詳細を変更するには、JIRA でのフルネームを指定します。JIRA ユーザー名はこのフルネームから生じます (小文字で作成されます)。
  9. Pivotal Tracker データを JIRA にインポートする準備ができたら、インポート開始ボタンをクリックします。インポーターは、インポートの進行に合わせて更新状況を示し、インポートが完了すると、正常に完了したことを示すメッセージを表示します。
    (info) 注意:
    • インポートで問題が生じた場合 (または関心がある場合)、詳細ログのダウンロードリンクをクリックして、Pivotal Tracker インポート ウィザードのプロセスに関する詳細情報を表示します。
    • この手順を通じて使用した設定と同じ (または類似の) 設定で、別の Pivotal Tracker プロジェクトまたはサイトからデータをインポートする必要がある場合は、設定を保存リンクをクリックして、Pivotal Tracker 設定ファイルをダウンロードします。この設定ファイルは、Pivotal Tracker インポートウィザードの最初のステップで使用できます。

お疲れ様でした。Pivotal Tracker プロジェクトが JIRA に正常にインポートされました!ご不明な点や、問題が生じた場合は、Atlassian サポートにご連絡ください。

Pivotal Tracker データを JIRA のフィールドにインポートするためのヒント

インポートプロセスでは、次のように Pivotal Tracker データが変換されます。

Pivotal Tracker

Jira

インポート時の注意

Project

Project

各 Pivotal Tracker プロジェクトは新しい JIRA プロジェクトにインポートされます。以前にインポーターを使用したことがある場合、オプションで既存のプロジェクトにインポートできます。

ストーリー

Issue

Pivotal Tracker のストーリータイプはJIRA で再作成されます。

概要

概要


コメント

コメント


添付ファイル

添付ファイル

Pivotal Tracker データベースから添付ファイルが抽出され、ディスクに保存されます。日付とユーザーが添付した添付ファイルは維持されます。

Status

Status

JIRA はインポート中に Pivotal Tracker のワークフローとステータスを再作成します。

Labels

Labels

スペース付きの Pivotal Tracker ラベルはアンダースコア付きでインポートされます (JIRA はラベルのスペースに対応していません)。

ストーリーID

External issue ID and External issue URL

JIRA はカスタムフィールドとしてこれらを作成します。

イテレーション

修正バージョン

Pivotal での過去のイテレーションはリリース済みのバージョンとして JIAR にインポートされます。

ストーリーの見積

ストーリーポイント


ストーリーの順序

ランク

インポート後、このカスタムフィールドを JIRA で設定する必要があります。JIRA Software を使用している場合、課題ランク付けをアクティブ化できます。この操作は、Pivotal Tracker データのインポートの前でも後でも可能です。

タイムトラッカー

タイムトラッキング

Pivotal でタイムトラッキングを使用する場合、このデータは「インポートされたタイムトラッキングデータのプレースホルダー」のサマリーフィールドの値とともに、「Chore」という新しい JIRA 課題タイプに自動的にインポートされます。

ユーザー

ユーザー

インポーターは、JIRA に存在しない Pivotal Tracker ユーザーのために JIRA ユーザーを自動的に作成します。

  • Pivotal Tracker のパスワードはインポートされません (データベースでハッシュ化されているため)。 Pivotal Tracker のユーザーはパスワードをメールで通知してもらう必要があります。
  • 外部ユーザー管理 を使用している場合、インポート プロセスでは JIRA ユーザーを作成できません。代わりに、作成の必要がある新規ユーザーの一覧が、インポーターから提供されます。インポートを開始する前に、ユーザーは外部ユーザー リポジトリでユーザーを作成する必要があります。
  • ユーザー数制限付きライセンス(例: パーソナルライセンス)で、必要なユーザー数が制限数を超える場合、インポートは停止されます。作成できないユーザーのリストを示すページが表示されます。

ユーザーロール

プロジェクト ロール

ビューアー = ユーザー、メンバー = 開発者、 所有者 = 管理者

最終更新日 2018 年 7 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.