フォールバック手法による JIRA アプリケーションのアップグレード

このページでは JIRA を、アップグレード所要時間が予想以上に長引いたり問題が発生したりした場合に安全に元のシステムにロールバックする手段を確保しながらアップグレードする方法について説明します。この方法は、エンタープライズ環境や、JIRA をビジネスでミッションクリティカルな用途に使用している企業において特に有用です。ダウンタイムを長引かせることはできません。 

アップグレードについて

JIRA の既存のインスタンスまたは新しいインスタンスのいずれかへユーザーをすばやくリダイレクトするには、プロキシ サーバーを設定する必要があります。次に、既存の環境を複製して、新しいインスタンスをアップグレードします。この操作は、アップグレードに失敗した場合や、古いバージョンを好む場合、既存の環境を保持してフォールバック オプションを保持するために必要です。

この図は、本ドキュメントで説明する手順を示したものです。シンプルにするために、図で は2台のサーバーハードウェアを使用してアップグレードを行う場合を示していますが、テストおよびアップグレード実行用の JIRA を同一サーバーの異なるディレクトリにインストールする場合も同様な作業が可能です。その場合は、元の本番環境とは別の JIRA アプリケーションとデータベースをテストに使用していることを確認すれば問題ありません。

Upgrade_SafeMethod


フォールバック手法による JIRA のアップグレード

1.プロキシサーバーの設定

アップグレード プロセスを開始する前に、ロード バランサーなどのリバース プロキシの設定を行います。プロキシ サーバーは、DNS の変更を待機せずにユーザーを別の JIRA サーバーにリダイレクトできます。アップグレード プロセスで解決不能な問題が発生した場合は、既存の JIRA インスタンスを再起動してからプロキシサーバーが古いサーバーをポイントするように再設定できます。

本番環境用サーバーに関連して、モニタリング、API 呼び出し (SOAP、REST、CLI 等)、またはスクリプトを使用する場合は、それらをアップデートして新たに設定したプロキシ情報を反映させます。

Apache の設定に関する詳細情報は以下のドキュメントをご覧ください :

2. 既存の JIRA を無効化してバックアップを作成する

ユーザーが新しいデータを作成しないよう、既存の JIRA を無効化します。次に、データベース、ホームおよびインストール ディレクトリのバックアップを作成します。

  1. データベースのバックアップを作成し、適切に作成されていることを確認します。
    データベースのネイティブ ツールを使用してバックアップを作成できます。
  2. インストール ディレクトリホーム ディレクトリのバックアップを作成します。

    ホーム ディレクトリの場所が不明な場合

    ホーム ディレクトリの場所は <installation-directory>/atlassian-jira/WEB-INF/classes/jira-application.properties ファイルに記載されています。

     

    既定のパス:

    Windows: C:\Program Files\Atlassian\Application Data\JIRA

    Linux: /var/atlassian/application-data/jira

3. JIRA の新しいインスタンスのセットアップ

新しい環境をセットアップする際に最も簡単なのは、「ステージング環境を確立する」で説明した手順を使用して、Jira 全体を新しいディレクトリにコピーする方法です。新しいインスタンスをインストールしてから、データベース、ホーム ディレクトリ、およびすべてのカスタマイズを復元することもできます。

4. 新しい JIRA のアップグレード

通常のアップグレードを実行します。詳細は、「インストーラーを使用した JIRA のアップグレード」を参照してください。

5. アップグレードを検証してプロキシをリダイレクトする

新しいインスタンスを調べ、すべてが正常に動作していることを確認します。

  • 内容に問題がないことを確認したら、プロキシ サーバーを新しいインスタンスにリダイレクトします。
  • 何か問題がある場合は、プロキシ サーバーを古いインスタンスへリダイレクトします。新しいアップグレードを準備する間、ユーザーは作業を再開できます。
最終更新日 2018 年 1 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.