ライセンスとアプリケーションアクセス

ユーザーに JIRA アプリケーションへのログイン アクセス権を付与するには、最初にアプリケーションのライセンスを取得し、次に、アプリケーションに少なくとも 1 つの既定のグループが割り当てられる必要があります。このグループに追加されたユーザーは誰でも、アプリケーションにログインできます。これは アプリケーション アクセス と呼ばれるものです。JIRA アプリケーションに複数のグループを割り当てることもでき、ユーザーはアプリケーションに割り当てられた複数のグループのメンバーになることもできますが、そのアプリケーションでは 1 ライセンスのユーザーとしてのみカウントされます。この事項については、JIRA アプリケーションへのユーザー アクセスの管理 で詳しく触れています。

このページの内容:

最初のアプリケーションのインストールとアプリケーション アクセス

最初のアプリケーションをインストール し、ライセンスを取得する際、(ライセンスはインストール プロセスの一部として取得するか、または my.atlassian.com から直接取得します)JIRA は 2 つのグループを作成し、その両方にあなた(管理ユーザー)を追加します。最初のグループは JIRA 管理者グループで、JIRA 管理者グローバル権限と管理者特権が付与されます。第 2 のグループはインストールした JIRA アプリケーションに応じて作成されます。そのグループの一覧を、下記に示します。

JIRA アプリケーション 製品のライセンス取得時に作成されるユーザー グループ
JIRA Core jira-core-users
JIRA Software jira-software-users
JIRA Service Desk jira-servicedesk-users

この両方のグループが、アプリケーション アクセス ページにインストールしたアプリケーションに割り当てられ、第 2 のグループは既定のグループとしても割り当てられます。つまり、これ以降アプリケーションで作成したユーザーはすべて、このグループに自動的に追加されます。

JIRAアプリケーションの追加

別の JIRA アプリケーションをインスタンスに追加する必要が生じる場合があります。バージョンとライセンス ページを使用して、追加のアプリケーションをインストールできます。このページでアプリケーションの最新バージョンを検索し、インストールします。インストール後は、新しいアプリケーションがライセンスを取得しているか確認する必要があります。ライセンスを取得すると、JIRA はアプリケーション用の既定のグループを作成しますが、あなたはこのグループに自動的に追加されるわけではありません。アプリケーションへのフルアクセスを取得するには、アプリケーションに関連付けられているグループに自分を追加する必要があります。

複数の JIRA アプリケーションの実行

それぞれの JIRAアプリケーションには、一連の固有のフィーチャーと機能が備わっていて、必要に応じたエクスペリエンスをユーザーに提供します。JIRA のすべてのユーザーはグループのメンバーシップに応じて、アプリケーションにアクセスします。ユーザーはすべてのアプリケーションへのアクセス、または アプリケーションへアクセスは1つだけかもしれません。ユーザーがあるアプリケーションにアクセスできる場合、そのアプリケーションの 1 ライセンスユーザーとしてカウントされます。たとえば、ユーザーが JIRA Softwareのグループと JIRA Service Desk のグループに所属している場合、ユーザーは JIRA Software と JIRA Service Desk の両方のライセンス ユーザーとしてカウントされます。

複数のアプリケーションをインストールしている場合、既定では、すべてのユーザーがすべてのプロジェクトを表示できます (これを禁止する特定のプロジェクト権限設定がある場合を除く)。つまり、JIRA Core  ユーザーはすべての JIRA Software と JIRA Service Desk プロジェクトを表示できます。しかし、ユーザーがこれらのアプリケーションのライセンスを持っていない場合、そのアプリケーション固有の機能を表示することはできません。たとえば、JIRA Software  プロジェクトを表示している  JIRA Core  ユーザーはプロジェクトと課題を表示できますが、アジャイルボードや開発情報、リリース情報などの  JIRA Software  に固有の機能を表示することはできません。これらの機能は  JIRA Software  ユーザーしか表示できません。JIRA Core には、他のユーザーが表示したり、またはアクションしたりできないような、固有の機能は一切ありません。つまり、JIRA Software または JIRA Service Desk ユーザーであれば、すでに JIRA Core  プロジェクトの表示や作業が可能になっています。この場合、JIRA Core にアクセスするのに特定のアプリケーションは必要がなく、したがって、ライセンスを必要としません。どのライセンス ユーザーが他のアプリケーションのプロジェクトを表示し、アクションできるかに関する詳細情報は、JIRA アプリケーションとプロジェクト タイプの概要 ページをご覧ください。

最終更新日 2018 年 1 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.