JIRA アプリケーション ホームディレクトリ

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

”JIRA Home Directory” には JIRA の機能性の定義に関連する重要なデータがあります。このドキュメントでは、JIRA ホームディレクトリ内にある各種ファイルとサブディレクトリの目的を概説します。

Windows、または、Linux の自動インストーラーを使用して JIRA をインストールした場合には、デフォルトの JIRA ホームディレクトリの場所は:

  • C:\Program Files\Atlassian\Application Data\JIRA (Windows)、または
  • /var/atlassian/application-data/jira (Linux の場合)

Jira をアーカイブ ファイルからインストールする場合、Jira ホーム ディレクトリは、Jira インストールがアクセスできる任意の場所に設定できます。次のような場所が一般的です:

  • C:\jira\home (Windows)、または
  • /var/jira-home (Linux または Solaris の場合)

(warning) Jira インストール ディレクトリ 内に Jira ホーム ディレクトリを配置することは避けてください。

(tick) Jira のホーム ディレクトリの場所の指定の詳細については、「Jira アプリケーションのホーム ディレクトリの設定 」を参照してください。

重要なファイル

dbconfig.xml

このファイル (JIRA ホーム ディレクトリ 内にあります) は、JIRA のデータベース接続に関連する全情報を定義するものです。通常、新規で JIRA をインストール時に JIRA セットアップウィザード を実行するか、または、JIRA 設定ツール を使用してデータベース接続を設定すると、このファイルが作成されます。

You can also create your own dbconfig.xml file. This is useful if you need to specify additional parameters for your specific database configuration, which are not generated by the setup wizard or JIRA configuration tool. For more information, refer to the 'manual' connection instructions of the appropriate database configuration guide in Connecting JIRA to a database.

jira-config.properties

This file (also located at the root of your JIRA home directory) stores custom values for most of JIRA's advanced configuration settings. Properties defined in this file override the default values defined in the jpm.xml file (located in your JIRA application installation directory). See Advanced JIRA configuration for more information.

(info) In new JIRA installations, this file may not initially exist and if so, will need to be created manually. See Making changes to the jira-config.properties file for more information. This file is typically present in JIRA installations upgraded from version 4.3 or earlier, whose advanced configuration options had been customized (from their default values).

重要なサブディレクトリ

data

このディレクトリは、JIRA インスタンスのアプリケーション データを格納しています。ここには、 添付ファイル (JIRA に格納されたすべてのバージョンのそれぞれの添付ファイル) も含まれます。

export

JIRA はこのディレクトリに automated backup archives を配置します。

log

JIRA はこのディレクトリにログを配置します。(注意: JIRA ホーム ディレクトリが設定されていない場合、これらのログは代わりにその時点のワーキング ディレクトリに配置されることになります)。

このログは、最初のログメッセージが書き込まれた時点で作成されます。例えば、内部アクセスログは、JIRA が書き込みを始めるまで作成されません。

このログ ファイルの場所は、log4j.properties を使用して変更できます。詳細は、「ロギングとプロファイリング」を参照してください。

plugins

これは、アトラシアンの Plugin Framework 2 (例: 'Plugins 2' プラグイン) に基づいて構築されたプラグインが保管されているディレクトリです。新しい 'Plugins 2' プラグインをインストールする場合、installed-plugins サブディレクトリ配下にあるこのディレクトリにデプロイする必要があります。

「プラグイン1」プラグインは、JIRA アプリケーションのインストールディレクトリに保管する必要があります。

このディレクトリが存在しない場合は、 JIRA 起動時に作成されます。

caches

このディレクトリに、 JIRA は下記を含むキャッシュを格納します:

これらのファイルは JIRA のパフォーマンスに不可欠なものなので、JIRA 実行中に外部から変更または削除してはなりません。

詳細は、「インデクシングを検索する」 を参照してください。

tmp

多様な実行時の機能 (インポート、エクスポート、ファイルのアップロード、インデックス) で作成された一時的なコンテンツはすべて、このディレクトリに格納されます。

JIRA 実行中にこのディレクトリからファイルを削除できますが、JIRA をシャットダウンしてからこのディレクトリのコンテンツを変更することを推奨します。

最終更新日 2018 年 1 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.