TFS または Visual Studio からのデータのインポート

あいにく現時点では、Microsoft Team Foundation Server for Visual Studio ファイルに対応する組み込みの JIRA インポーターはありません。 ただし、Visual Studio のエクスポートのメカニズムを使用して、2段階に分けてインポートを実行することは可能です。

Visual Studio からデータを CSV ファイルでエクスポートする方法

このプロセスには2つのステップがあります。

ステップ1では、エクスポートする作業項目を含むクエリを作成する必要があります。このクエリを作成すると、Excel スプレッドシートに結果を保存できます (状況によっては、最初に Microsoft Excel アドインを Team Foundation Server にインストールする必要があります)。

ステップ2では、結果のスプレッドシートを CSV 形式で保存する必要があります。

詳細については、Microsoft Team Foundation Server および Visual Studio のドキュメントを参照してください。

CSV データを JIRA にインポートしなおす方法

プロジェクト、ユーザーなどとともに課題を作成するには、CSV インポーターのヘルプを参照してください。JIRA の管理者権限を持っていない場合、ユーザー用の CSV インポーターを使用して、CSV データを1つのプロジェクトに直接インポートできます。いずれの場合も、インポート前に、フィールドと値のマッピング、データの検証の手順がインポーターウィザードで案内されます。

もっと簡単な解決方法をお探しであれば

CSV でのインポートには特定の制限事項があります。結果に満足できない場合、完全なサードパーティソリューションを試すことができます。Atlassian Marketplace で次のソリューションを確認してください。

また、地域アトラシアンエキスパートにお問い合わせいただくこともできます。

このページがあるのはどうしてですか?

我々は、このページへの訪問を追跡しています。訪問の多さ、私たちはJIRAのインポーターの次の作業の優先順位を決定するのに役立ちます。今回は助けいならないかもしれませんが、JIRAの詳細を変更するみしゅ的な投票者について考えていただけると良いかと思います。私たちはそれを感謝しています。

最終更新日 2018 年 1 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.