メールから、課題とコメントを生成する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

管理者は、メールを受信および処理するよう Jira を設定できます。Jira はライセンスを持つユーザーからメールを受信して、自動的に課題を作成したり、既存の課題へコメントや添付ファイルを追加します。


ヘルプ デスク ソリューションが必要な場合、Jira Core または Jira Software ではなく Jira Service Desk を使用する方が実用的な可能性があります。

Jira Service Desk はビルトイン プロセッサーを使用して、メールによる課題リクエストを受信および処理します。Jira Service Desk で作成される課題では、送信者が課題に対する作成、表示、コメント、添付ファイル追加、またはトランジションするためのライセンスを持っている必要はありません。Jira Service Desk を使用したメールの受信についてはこちらをご覧ください

お使いのインスタンスで Jira Service Desk をダウンロードしてセットアップする方法をご確認ください。

このページの内容:

メールから課題やコメント作成を行う設定をする

JIRAの課題やコメントは、以下のいずれかから生成することができます。

  • POP または IMAP メール サーバーのアカウントに送信されたメール メッセージ。
  • 外部メール サービスで生成されたファイル システムに書き込まれたメッセージ。

注意: 次のすべての手順において、JIRA 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインする必要があります。

ステップ1:メールサーバー/サービスを設定する

POP または IMAP メール メッセージ

To set up issue and comment creation from email, you will need to create a mail account for a POP or IMAP mail server that JIRA can access – typically, one mail account for each JIRA project. For example, for the 'ABC' project, you might establish an account abc-issues@example.com

JIRA はメールアカウントから (サービス経由で) 受信した新しい電子メールメッセージを定期的にスキャンし、適宜課題を作成したり、何か見つかった場合は電子メールにコメントを付けます (メールハンドラ経由で)。

Jira のメール ハンドラー任意で新しい送信者に対して新しいユーザー アカウントを作成することができます。詳細については、「新しい課題を作成または既存の課題にコメントを追加する」セクションを参照してください。

(warning)外部ユーザー管理を使用している場合、この操作は実行できません。

POP または IMAP メール サーバーでメール アカウントを作成したら、そのメール サーバー アカウントからメールを受信するよう Jira を設定します。

ファイル システム メッセージ

To set up issue and comment creation from messages written to the file system by an external mail service, your external mail service must be able to write these messages within the import/mail subdirectory of the JIRA home directory.

External mail services are very much like the POP or IMAP services above, except that instead of email messages being read from a mail account, they are read from a directory on the disk. External mail services are useful because they overcome the potential security risks associated with anonymous mail accounts. Instead you can simply configure your external mail service to dump incoming email messages within the JIRA Home Directory's import/mail subdirectory, which is scanned periodically.

Jira はファイルあたり 1 件のメッセージのみを想定しているため、そのように出力するよう外部メール サービスを設定してください。

(info) 注 — JIRA がメール サーバ/サービスでメッセージをハンドリングする方法:

  • メールアカウントの場合、JIRAは、メールアカウントの[受信トレイ]フォルダで受信した電子メールメッセージをスキャンします。しかし、IMAPメール・サーバーでは、メールアカウント内の別のフォルダを指定することができます。
  • If JIRA successfully processes a message, JIRA deletes the message from your mail account (on a POP) or file system (i.e. for file system messages). On an IMAP mail server processed messages are not deleted but marked as read.
  • JIRAが正常にメッセージを処理しない場合、メッセージはメールアカウントまたはファイル・システム上のいずれかのままになります。

ステップ2:メールハンドラーを設定する

メールサーバー/サービスからのメッセージを受信するようにJIRAを設定したら、「メール・ハンドラ 'を介してこれらのメッセージを処理するようにJIRAを設定します。

  1. > [システム] の順に選択します。 
  2. メール > 受信メールを選択し、受信メールページを開きます。 
  3. [メール ハンドラー] セクションで [受信メール ハンドラの追加] をクリック (または既存のメール ハンドラーの横の [編集] リンクをクリック) して、[メール ハンドラー] ダイアログ ボックスを開きます。
  4. 名前を特定します。メールハンドラーの名前は、メールハンドラーが何をするか、説明します。例えば、「IMAPメールサーバからの課題作成やコメント」 です。
  5. メールサーバー(上記のステップ1で設定した) を選択します。これは、POPまたはIMAPメールサーバーまたは、ファイル・システムにメッセージを書き込む、外部メールサービスのローカルファイル オプションがあります。
  6. メールハンドラの実行時間の間(分単位)の 遅延を設定します。前のステップで指定した、サーバをスキャンするJIRAの頻度を効果的に定義します。
  7. この課題 ドロップダウン リスト から、メールハンドラーのタイプを選択します。詳細については、以下の「メールハンドラー」セクションを参照してください。
  8. IMAPメールサーバまたはサーバフィールド内の、ローカルファイルオプションのいずれかを選択した場合フォルダ名フィールドが ハンドラー ドロップダウンリストの下に表示されます:
    • IMAPメールサーバーでは、メールハンドラーにメールアカウントの「受信トレイ」以外のフォルダから新しいメッセージをスキャンさせたい場合は、そのフォルダの名前を指定します。
    • For the Local Files option, if your file messages are being written to a subdirectory within the import/mail subdirectory of the JIRA home directory, specify the subdirectory structure (within import/mail) here.
  9. 次へ」をクリックして、引き続き、上記で選択したメールハンドラに固有の残りのオプションを指定します。詳細については、以下の「メールハンドラ」セクションを参照してください。
  10. (Optional) Click the Test button to test your mail handler. If you are using Local Files as the server, copy a saved email that contains a "Subject: " line to the configured directory. JIRA will remove this file after it is parsed, or log a message about why an issue could not be created. You may have to specify the project, issuetype and reporterusername properties as a minimum configuration.
    A sample email file might look like this:
    To: jira@example.com
    From: some-jira-user@example.com
    Subject: (TEST-123) issue summary title here
    Body of the email goes here 
  11. Add / Save ボタンをクリックしてメールハンドラー設定を保存します。

(info) 注 - JIRAのメールハンドラーとサービス間の関係:

  • JIRA メールハンドラは JIRA サービスの一部です。そのため、メールハンドラを作成するときには、「サービス」ページにエントリとしてサービスが表示されます。
  • メールハンドラの編集は、「メールハンドラ」ページ空のみ実行できます (上記で説明したとおり)。
  • 「メールハンドラ」ページで、メールハンドラと関連付けられている「削除」リンクをクリックすると、そのハンドラが削除されます。メールハンドラはサービスの一部であるため、「サービス」ページでメールハンドラのサービスを削除すると、関連付けられたメードハンドラも「メールハンドラ」ページから削除されます。


メールハンドラー

 JIRAには、次の既定のメールハンドラが用意されています。

メールハンドラーでJIRAの課題とコメントを作成する方法の詳細については、課題/コメントの作成 を参照してください。 (以下参照)

また、以下のヒントも参照してください。メールハンドラーの利用の秘訣 ー JIRAで電子メールメッセージの以下のタイプを処理可能にするためのメールハンドラーの微調整のヒントについて

  • JIRAユーザーアカウントなしで送られてきたメール

新規課題を作成するか、既存の課題にコメントを追加

このメッセージハンドラは、新規で課題を作成、または既存の課題にコメントを追加します。件名に課題キーが含まれている場合、メッセージはその問題にコメントとして追加されます。課題キーが見つからない場合は、新規課題としてデフォルトプロジェクトに作成されます。

新規の課題作成、または既存の課題にコメントを追加する設定にする場合のメールハンドラー;

  1. メール ハンドラーの設定を開始していない場合は、開始します (上記)。
  2. 新規課題を作成または既存の課題にコメントを追加ダイアログ ボックスで、次のフィールド/オプションを入力します。

    Project

    このハンドラーが新しい課題を作成した際の既定のプロジェクトのプロジェクト キーを指定します (JRA など)。

    (info) 注意:

    • このフィールドは課題の作成にのみ関連するもので、課題のコメントには関係しません。
    • メール メッセージの件名行に課題キーが含まれ、その課題キーが Jira インストール内に存在する場合、ハンドラーは課題が格納されているプロジェクトにかかわらず、メール メッセージのコンテンツを課題のコメントとして追加します。
    課題タイプ 新しい課題の既定の課題タイプを選択します。
    引用を取り除く JIRA 課題のコメントに本文のコンテンツを追加する前に、電子メールメッセージの本文から引用文 (例: 以前のメールの返信から) を削除するにはこのチェックボックスを選択します。
    メール アドレスのキャッチ

    指定した場合、"To:"、"Cc:"、"Bcc:" 行にこのフィールドで指定した受信者を含むメール メッセージのみが処理されます。例: issues@mycompany.com

    Upon specifying an address here, all email messages whose To:, Cc:, Bcc: lines contain addresses other than the Catch Email Address are ignored. This is useful if you have multiple aliases for the same mail account (e.g. foo-support@example-co.com and bar-support@example-co.com aliases for support@example-co.com) for multiple mail services (e.g. each one to create issues in separate JIRA projects).

    注: 実践では、 このオプションが訳に立つことはあまりないため、 より一般的な既定の報告者と混同しないでください。メールハンドラごとに 1 つのキャッチ電子メールアドレスと 1 つの課題のみを指定できます。

    In addition, there is a known bug in JIRA 7.0.0 and JIRA 7.0.1, which means that multiple email handlers that are used to create issues in different projects when an email is sent to multiple aliases will not process the email correctly. This has been fixed in JIRA 7.0.2. For more information, see JRA-41831 - Getting issue details... STATUS .

    一括

    このオプションは、ヘッダーで優先順位フィールドが一括に設定されている、または自動送信フィールドがnoに設定されていない「一括」電子メールメッセージにのみ影響します。これらのメッセージは一般的に自動サービスによって送信されます。これらのメール メッセージを受信すると、選択したオプションに応じて次の操作が実行されます。

    1. メールを無視して、何もしない。
    2. メールを転送する (メールの転送テキスト フィールドで設定されたアドレスへの転送など)。
    3. メールを完全に削除する。

    一般的に、bulk=forward と転送メール アドレスを設定することは、ループを防ぐため (例: 別の Jira インストール) に有用です。

    メールの転送

    これを指定し、このメールサービスが受信した電子メールメッセージを処理できない場合、この問題を示す電子メールメッセージはこのフィールドで指定した電子メールアドレスに転送されます。(info)注: このオプションが正しく機能するには、SMTP メールサーバーを構成する必要があります。

    ユーザーの作成

    このチェックボックスを使うと、受信したメール メッセージのFrom:」フィールドのアドレスが既存の Jira ユーザーアカウントに関連付られたアドレスと一致しない場合に、Jira で新しいユーザー アカウントを作成できます。この設定と、関連プロジェクトの通知スキームで更新を報告者に通知する設定で、メール メッセージの作成者は課題に対するその後の更新の通知を受けることができます。

    これらの新しく作成された Jira ユーザー アカウントのユーザ名とメール アドレスは、受信メッセージの From: フィールドで指定されるメール アドレスになります。新しい Jira ユーザーのパスワードはランダムに生成され、Jira のユーザー アカウントについて通知するメールがアドレスに送信されます。

    このようにして作成されたユーザーは既定の Jira アプリケーションの既定のグループに追加されます (したがって、このアプリケーションのライセンスを使用します)。詳細は、「グループの管理」ドキュメントを参照してください。 (info)注: このオプションは以下の「既定の報告者」フィールド オプションとの互換性はありません。そのため、「ユーザーの作成」オプションを選択すると、「既定の報告者」オプションが非表示となります。

    既定の報告者

    Specify the username of a default reporter, which will be used if the email address in the From: field of any received messages does not match the address associated with that of an existing JIRA user — for example, a JIRA username such as emailed-reporter

    (info) 注意:

    • このオプションは、「ユーザーの作成」チェックボックスが選択されている場合は利用できません。
    • このフィールドで指定したユーザーに、関連するプロジェクト課題の作成プロジェクト権限 (上記で指定)、およびメール ハンドラーがコメントを追加する他の関連プロジェクトのコメントの作成プロジェクト権限があることを確認してください。
    • 課題を作成してこのオプションを指定すると、送信者を特定できるよう、メール メッセージの From: フィールド アドレスは課題の説明フィールドの末尾に短いメッセージとして追加されます。
    ユーザーへの通知

    上記の「ユーザーの作成」オプションでアカウントを作成したユーザーに、JIRA が通知する電子メールメッセージを送信しないよう設定する場合は、このチェックボックスをオフにします。

    (info)注: このオプションは、「ユーザーの作成」チェックボックスがオンになっている場合にのみ機能します。

    CC 担当者

    JIRA が作成された課題を JIRA ユーザーに自動的に割り当てるようにする場合はこのチェックボックスを選択します。

    • 電子メールアドレス (JIRA アカウントで登録したもの) が 受信した電子メールメッセージのTo:Cc:、およびBcc:フィールドで遭遇した最初の照合アドレスと一致します。
    • 関連するプロジェクト割り当て可能なユーザー プロジェクト権限も持っているユーザー (上記で指定)。
    CC ウォッチャー

    作成した課題を JIRA が JIRA ユーザーに自動的に追加するようにしたい場合はこのチェックボックスを選択します。これらのユーザーの電子メールアドレス (JIRA アカウントに登録されているもの) は、受信した電子メールメッセージのTo:Cc: または Bcc: フィールドのアドレスと一致します。

    (info)課題を作成する際、ユーザーの作成オプション (上記) で作成された新規 Jira ユーザーをこの CC ウォッチャー オプションで課題のウォッチャー リストに追加することはできません。Jira ユーザーは、Jira のユーザーベースに既に存在し、メール アドレスを持っている必要があります。

  3. メール ハンドラーのテストと保存 (上記)。

非引用された電子メールの本文からのコメントを追加

このメッセージ ハンドラーはコメントを作成しますが、メール メッセージ本文の非引用部分のみを使用します。引用行とは、「>」や「|」記号で開始する行です。これらのテキスト行はコメントには追加されません。コメントが追加される課題は、メールの件名にある最初の課題キーから選択されます。コメントの作成者はメール メッセージの From: フィールドのアドレスから取得されます。

「メールの非引用本文からコメントを追加する」メール ハンドラーを設定するには:

  1. メール ハンドラーの設定を開始していない場合は、開始します (上記)。
  2. メール本文の非引用部分からコメントを追加するダイアログ ボックスで、次のフィールド/オプションを入力します。

    メール アドレスのキャッチ 指定した場合、"To:"、"Cc:"、"Bcc:" 行にこのフィールドで指定した受信者を含むメール メッセージのみが処理されます。例: issues@mycompany.com

    Upon specifying an address here, all email messages whose To:, Cc:, Bcc: lines contain addresses other than the Catch Email Address are ignored. This is useful if you have multiple aliases for the same mail account (e.g. foo-support@example-co.com and bar-support@example-co.com aliases for support@example-co.com) for multiple mail services (e.g. each one to create issues in separate JIRA projects).

    (info)注: 実際の本番環境では、 このオプションはあまり使われません。より一般的な既定の報告者と混同しないようにしてください。メール ハンドラーごとに、キャッチする 1 つのメール アドレスと 1 つの課題のみを指定できます。

    一括

    このオプションは、ヘッダーで優先順位フィールドが一括に設定されている、または自動送信フィールドがnoに設定されていない「一括」電子メールメッセージにのみ影響します。これらのメッセージは一般的に自動サービスによって送信されます。これらのメール メッセージを受信すると、選択したオプションに応じて次の操作が実行されます。

    1. メールを無視して、何もしない。
    2. メールを転送する (メールの転送テキスト フィールドで設定されたアドレスへの転送など)。
    3. メールを完全に削除する。
    メールの転送

    これを指定し、このメールサービスが受信した電子メールメッセージを処理できない場合、この問題を示す電子メールメッセージはこのフィールドで指定した電子メールアドレスに転送されます。(info)注: このオプションが正しく機能するには、SMTP メールサーバーを構成する必要があります。

    ユーザーの作成

    このチェックボックスを選択すると、受信したメール メッセージの「From:」フィールドのアドレスが既存の Jira ユーザー アカウントに関連付られたアドレスと一致しない場合に、Jira で新しいユーザーアカウントを作成できます。この設定と、関連プロジェクトの通知スキームで更新を報告者に通知する設定で、メール メッセージの作成者は課題に対するその後の更新の通知を受けることができます。

    新しく作成した JIRA ユーザアカウントのこれらのユーザ名とメールアドレスは、メッセージの送信者:フィールドで指定したメールアドレスになります。新しいユーザのパスワードはランダムに生成され、JIRA のアカウントについて知らせるメールが新しいユーザに送信されます。

    このようにして作成されたユーザーは既定の JIRA アプリケーションの既定のグループに追加されます (これにより、このアプリケーションのライセンスを使用します)。詳細は、「グループの管理」ドキュメントを参照してください。 (info)注: このオプションは以下の「既定の報告者」フィールドオプションとの互換性はありません。そのため、「ユーザーの作成」オプションを選択すると、「既定の報告者」オプションが非表示となります。

    既定の報告者

    Specify the username of a default reporter, which will be used if the email address in the From: field of any received messages does not match the address associated with that of an existing JIRA user — for example, a JIRA username such as emailed-reporter

    (info) 注意:

    • このオプションは、「ユーザーの作成」チェックボックスが選択されている場合は利用できません。
    • このフィールドで指定したユーザーに、関連するプロジェクト課題の作成プロジェクト権限 (上記で指定)、およびメール ハンドラーがコメントを追加する他の関連プロジェクトのコメントの作成プロジェクト権限があることを確認してください。
    ユーザーへの通知

    上記の「ユーザーの作成」オプションでアカウントを作成したユーザーに、JIRA が通知する電子メールメッセージを送信しないよう設定する場合は、このチェックボックスをオフにします。

    (info)注: このオプションは、「ユーザーの作成」チェックボックスがオンになっている場合にのみ機能します。

  3. メール ハンドラーのテストと保存 (上記)。

全体電子メールの本文にコメントを追加

このメッセージ ハンドラーは、受信したメール メッセージの本文全体をもとにコメントを作成します。コメントが追加される課題は、メールの件名で見つかった最初の課題キーから選択されます。コメントの作成者はメール メッセージの From: フィールドのアドレスから取得されます。

「メール本文を使用してコメントを追加する」ようにメール ハンドラーを設定するには:

  1. メール ハンドラーの設定を開始していない場合は、開始します (上記)。
  2. メールの本文全体を使用してコメントを追加するダイアログ ボックスで、次のフィールド/オプションを入力します。

    メール アドレスのキャッチ 指定した場合、"To:"、"Cc:"、"Bcc:" 行にこのフィールドで指定した受信者を含むメール メッセージのみが処理されます。例: issues@mycompany.com

    Upon specifying an address here, all email messages whose To:, Cc:, Bcc: lines contain addresses other than the Catch Email Address are ignored. This is useful if you have multiple aliases for the same mail account (e.g. foo-support@example-co.com and bar-support@example-co.com aliases for support@example-co.com) for multiple mail services (e.g. each one to create issues in separate JIRA projects).

    (info)注: 実際の本番環境では、 このオプションはあまり使われません。より一般的な既定の報告者と混同しないようにしてください。メール ハンドラーごとに、キャッチする 1 つのメール アドレスと 1 つの課題のみを指定できます。

    一括

    このオプションは、ヘッダーで優先順位フィールドが一括に設定されている、または自動送信フィールドがnoに設定されていない「一括」電子メールメッセージにのみ影響します。これらのメッセージは一般的に自動サービスによって送信されます。これらのメール メッセージを受信すると、選択したオプションに応じて次の操作が実行されます。

    1. メールを無視して、何もしない。
    2. メールを転送する (メールの転送テキスト フィールドで設定されたアドレスへの転送など)。
    3. メールを完全に削除する。
    メールの転送

    これを指定し、このメールサービスが受信した電子メールメッセージを処理できない場合、この問題を示す電子メールメッセージはこのフィールドで指定した電子メールアドレスに転送されます。(info)注: このオプションが正しく機能するには、SMTP メールサーバーを構成する必要があります。

    ユーザーの作成

    このチェックボックスを選択すると、受信したメール メッセージの「From:」フィールドのアドレスが既存の Jira ユーザー アカウントに関連付られたアドレスと一致しない場合に、Jira で新しいユーザーアカウントを作成できます。この設定と、関連プロジェクトの通知スキームで更新を報告者に通知する設定で、メール メッセージの作成者は課題に対するその後の更新の通知を受けることができます。

    新しく作成した JIRA ユーザアカウントのこれらのユーザ名とメールアドレスは、メッセージの送信者:フィールドで指定したメールアドレスになります。新しいユーザのパスワードはランダムに生成され、JIRA のアカウントについて知らせるメールが新しいユーザに送信されます。

    このようにして作成されたユーザーは既定の JIRA アプリケーションの既定のグループに追加されます (これにより、このアプリケーションのライセンスを使用します)。詳細は、「グループの管理」ドキュメントを参照してください。 (info)注: このオプションは以下の「既定の報告者」フィールドオプションとの互換性はありません。そのため、「ユーザーの作成」オプションを選択すると、「既定の報告者」オプションが非表示となります。

    既定の報告者

    Specify the username of a default reporter, which will be used if the email address in the From: field of any received messages does not match the address associated with that of an existing JIRA user — for example, a JIRA username such as emailed-reporter

    (info) 注意:

    • このオプションは、「ユーザーの作成」チェックボックスが選択されている場合は利用できません。
    • このフィールドで指定したユーザーに、関連するプロジェクト課題の作成プロジェクト権限 (上記で指定)、およびメール ハンドラーがコメントを追加する他の関連プロジェクトのコメントの作成プロジェクト権限があることを確認してください。
    ユーザーへの通知

    上記の「ユーザーの作成」オプションでアカウントを作成したユーザーに、JIRA が通知する電子メールメッセージを送信しないよう設定する場合は、このチェックボックスをオフにします。

    (info)注: このオプションは、「ユーザーの作成」チェックボックスがオンになっている場合にのみ機能します。

  3. メール ハンドラーのテストと保存 (上記)。

各電子メールメッセージから新規課題を作成します。

このメッセージ ハンドラーは、受信したメッセージごとに新しい課題を作成します。

「各メール メッセージから新しい課題を作成する」ようにメール ハンドラーを設定するには:

  1. メール ハンドラーの設定を開始していない場合は、開始します (上記)。
  2. 各メール メッセージから新規課題を作成する」ダイアログ ボックスで、次のフィールド/オプションを入力します。

    Project

    このハンドラーが新しい課題を作成した際の既定のプロジェクトのプロジェクト キーを指定します (JRA など)。

    (info) 注意:

    • このフィールドは課題の作成にのみ関連するもので、課題のコメントには関係しません。
    • メール メッセージの件名行に課題キーが含まれ、その課題キーが Jira インストール内に存在する場合、ハンドラーは課題が格納されているプロジェクトにかかわらず、メール メッセージのコンテンツを課題のコメントとして追加します。
    課題タイプ 新しい課題の既定の課題タイプを選択します。
    メール アドレスのキャッチ

    指定した場合、"To:"、"Cc:"、"Bcc:" 行にこのフィールドで指定した受信者を含むメール メッセージのみが処理されます。例: issues@mycompany.com

    Upon specifying an address here, all email messages whose To:, Cc:, Bcc: lines contain addresses other than the Catch Email Address are ignored. This is useful if you have multiple aliases for the same mail account (e.g. foo-support@example-co.com and bar-support@example-co.com aliases for support@example-co.com) for multiple mail services (e.g. each one to create issues in separate JIRA projects).

    (info)注: 実際の本番環境では、 このオプションはあまり使われません。より一般的な既定の報告者と混同しないようにしてください。メール ハンドラーごとに、キャッチする 1 つのメール アドレスと 1 つの課題のみを指定できます。

    一括

    このオプションは、ヘッダーで優先順位フィールドが一括に設定されている、または自動送信フィールドがnoに設定されていない「一括」電子メールメッセージにのみ影響します。これらのメッセージは一般的に自動サービスによって送信されます。これらのメール メッセージを受信すると、選択したオプションに応じて次の操作が実行されます。

    1. メールを無視して、何もしない。
    2. メールを転送する (メールの転送テキスト フィールドで設定されたアドレスへの転送など)。
    3. メールを完全に削除する。
    メールの転送

    これを指定し、このメールサービスが受信した電子メールメッセージを処理できない場合、この問題を示す電子メールメッセージはこのフィールドで指定した電子メールアドレスに転送されます。(info)注: このオプションが正しく機能するには、SMTP メールサーバーを構成する必要があります。

    ユーザーの作成

    このチェックボックスを選択すると、受信したメール メッセージの「From:」フィールドのアドレスが既存の Jira ユーザー アカウントに関連付られたアドレスと一致しない場合に、Jira で新しいユーザーアカウントを作成できます。この設定と、関連プロジェクトの通知スキームで更新を報告者に通知する設定で、メール メッセージの作成者は課題に対するその後の更新の通知を受けることができます。

    新しく作成した JIRA ユーザアカウントのこれらのユーザ名とメールアドレスは、メッセージの送信者:フィールドで指定したメールアドレスになります。新しいユーザのパスワードはランダムに生成され、JIRA のアカウントについて知らせるメールが新しいユーザに送信されます。

    このようにして作成されたユーザーは既定の JIRA アプリケーションの既定のグループに追加されます (これにより、このアプリケーションのライセンスを使用します)。詳細は、「グループの管理」ドキュメントを参照してください。 (info)注: このオプションは以下の「既定の報告者」フィールドオプションとの互換性はありません。そのため、「ユーザーの作成」オプションを選択すると、「既定の報告者」オプションが非表示となります。

    既定の報告者

    Specify the username of a default reporter, which will be used if the email address in the From: field of any received messages does not match the address associated with that of an existing JIRA user — for example, a JIRA username such as emailed-reporter 

    (info) 注意:

    • このオプションは、「ユーザーの作成」チェックボックスが選択されている場合は利用できません。
    • このフィールドで指定したユーザーに、関連するプロジェクト課題の作成プロジェクト権限 (上記で指定)、およびメール ハンドラーがコメントを追加する他の関連プロジェクトのコメントの作成プロジェクト権限があることを確認してください。
    • 課題を作成してこのオプションを指定すると、送信者を特定できるよう、メール メッセージの From: フィールド アドレスは課題の説明フィールドの末尾に短いメッセージとして追加されます。
    ユーザーへの通知

    上記の「ユーザーの作成」オプションでアカウントを作成したユーザーに、JIRA が通知する電子メールメッセージを送信しないよう設定する場合は、このチェックボックスをオフにします。

    (info)注: このオプションは、「ユーザーの作成」チェックボックスがオンになっている場合にのみ機能します。

    CC 担当者

    JIRA が作成された課題を JIRA ユーザーに自動的に割り当てるようにする場合はこのチェックボックスを選択します。

    • 電子メールアドレス (JIRA アカウントで登録したもの) が 受信した電子メールメッセージのTo:および Cc:Bcc:フィールドで遭遇した最初の照合アドレスと一致します。
    • 関連するプロジェクト割り当て可能なユーザー プロジェクト権限も持っているユーザー (上記で指定)。
    CC ウォッチャー

    作成した課題を JIRA が JIRA ユーザーに自動的に追加するようにしたい場合はこのチェックボックスを選択します。これらのユーザーの電子メールアドレス (JIRA アカウントに登録されているもの) は、受信した電子メールメッセージのTo:Cc: または Bcc: フィールドのアドレスと一致します。

    (info)課題を作成する際、ユーザーの作成オプション (上記) で作成された新規 Jira ユーザーをこの CC ウォッチャー オプションで課題のウォッチャー リストに追加することはできません。Jira ユーザーは、Jira のユーザーベースに既に存在し、メール アドレスを持っている必要があります。

  3. メール ハンドラーのテストと保存 (上記)。

電子メールの本文中に指定されたマーカーまたはセパレータの前にコメントを追加

このメッセージ ハンドラーは、メール メッセージの本文からコメントを作成しますが、指定の正規表現 (regex) と一致するマーカーまたは区切り記号以降の本文をすべて無視します。

Lotus Notes や Outlook などのメール システムの場合、メール メッセージのコア コンテンツは、"---- Original Message ----" や "Extranet\n email.address/DOM/REG/CONT/CORP@CORPMAIL" などの決まった文字列で、本文内にある他のコンテンツ (返信済や転送済など) と互いに区切られます。そのため、有効な regex を取得できるこのメッセージ ハンドラーを使用して、さまざまなメール システムで、不要なコンテンツからコアをフィルターすることができます。

また、コメントが追加される課題は、メールの件名で見つかった最初の課題キーから選択されることに注意してください。

メールの本文中で指定されたマーカーまたはセパレータの前にコメントを追加 メール ハンドラーは、受信したメール メッセージに関する次の動作を行います。

  • (メール ハンドラーで指定された)regex パターンが見つかった場合、最初に一致した regex パターンの前のメール メッセージ本文のテキストはコメントに使用され、本文の残りの部分は破棄されます。
  • (メール ハンドラーで指定された)regex パターンが見つからない場合、メール メッセージ本文のテキスト全体がコメントに使用されます。
  • regex パターンがメール ハンドラーで指定されていない場合、メール メッセージ本文のテキスト全体がコメントに使用されます。
  • メール ハンドラーに指定された regex 表現が誤っている場合は、メール メッセージ本文のテキスト全体がコメントに使用されます。

メール本文中で指定されたマーカーまたはセパレーターの前にコメントを追加」メール ハンドラーを設定するには:

  1. メール ハンドラーの設定を開始していない場合は、開始します (上記)。
  2. メールの本文中に指定されたマーカーまたはセパレータの前にコメントを追加ダイアログ ボックスで、次のフィールド/オプションを入力します。

    分割を示す Regex

    メール メッセージのメール本文の内容を本文の他の内容(返信または転送)から分割する文字列と一致する正規表現を指定します。

    (info) 注意:

    • regex の先頭と末尾に区切り文字 (通常は "/" ) を付ける必要があります。
    • 各メール ハンドラーのフィールド/オプションを分割するためにカンマが使用されるため、正規表現ではカンマを使用できません。これは、メール ハンドラーが Jira サービスに統合されていて、エスケープ構文が存在しないためです。

    例:

    /----\s*Original Message\s*----/

    または

    /_____________*/
    メール アドレスのキャッチ 指定した場合、"To:"、"Cc:"、"Bcc:" 行にこのフィールドで指定した受信者を含むメール メッセージのみが処理されます。例: issues@mycompany.com

    Upon specifying an address here, all email messages whose To:, Cc:, Bcc: lines contain addresses other than the Catch Email Address are ignored. This is useful if you have multiple aliases for the same mail account (e.g. foo-support@example-co.com and bar-support@example-co.com aliases for support@example-co.com ) for multiple mail services (e.g. each one to create issues in separate JIRA projects).

    (info)注: 実際の本番環境では、このオプションはあまり使われません。より一般的な既定の報告者と混同しないようにしてください。メール ハンドラーごとに、キャッチする 1 つのメール アドレスと 1 つの課題のみを指定できます。

    一括

    このオプションは、ヘッダーで優先順位フィールドが一括に設定されている、または自動送信フィールドがnoに設定されていない「一括」電子メールメッセージにのみ影響します。これらのメッセージは一般的に自動サービスによって送信されます。これらのメール メッセージを受信すると、選択したオプションに応じて次の操作が実行されます。

    1. メールを無視して、何もしない。
    2. メールを転送する (メールの転送テキスト フィールドで設定されたアドレスへの転送など)。
    3. メールを完全に削除する。
    メールの転送

    これを指定し、このメールサービスが受信した電子メールメッセージを処理できない場合、この問題を示す電子メールメッセージはこのフィールドで指定した電子メールアドレスに転送されます。(info)注: このオプションが正しく機能するには、SMTP メールサーバーを構成する必要があります。

    ユーザーの作成

    このチェックボックスを選択すると、受信したメール メッセージの「From:」フィールドのアドレスが既存の Jira ユーザー アカウントに関連付られたアドレスと一致しない場合に、Jira で新しいユーザーアカウントを作成できます。この設定と、関連プロジェクトの通知スキームで更新を報告者に通知する設定で、メール メッセージの作成者は課題に対するその後の更新の通知を受けることができます。

    新しく作成した JIRA ユーザアカウントのこれらのユーザ名とメールアドレスは、メッセージの送信者:フィールドで指定したメールアドレスになります。新しいユーザのパスワードはランダムに生成され、JIRA のアカウントについて知らせるメールが新しいユーザに送信されます。

    このようにして作成されたユーザーは既定の JIRA アプリケーションの既定のグループに追加されます (これにより、このアプリケーションのライセンスを使用します)。詳細は、「グループの管理」ドキュメントを参照してください。 (info)注: このオプションは以下の「既定の報告者」フィールドオプションとの互換性はありません。そのため、「ユーザーの作成」オプションを選択すると、「既定の報告者」オプションが非表示となります。

    既定の報告者

    Specify the username of a default reporter, which will be used if the email address in the From: field of any received messages does not match the address associated with that of an existing JIRA user — for example, a JIRA username such as emailed-reporter 

    (info) 注意:

    • このオプションは、「ユーザーの作成」チェックボックスが選択されている場合は利用できません。
    • このフィールドで指定したユーザーに、関連するプロジェクト課題の作成プロジェクト権限 (上記で指定)、およびメール ハンドラーがコメントを追加する他の関連プロジェクトのコメントの作成プロジェクト権限があることを確認してください。
    ユーザーへの通知

    上記の「ユーザーの作成」オプションでアカウントを作成したユーザーに、JIRA が通知する電子メールメッセージを送信しないよう設定する場合は、このチェックボックスをオフにします。

    (info)注: このオプションは、「ユーザーの作成」チェックボックスがオンになっている場合にのみ機能します。

  3. メール ハンドラーのテストと保存 (上記)。


カスタム メール ハンドラー

独自のプロセスを JIRA にうまく統合できるよう、独自のメッセージハンドラを設計できます。これらのカスタムのメールハンドラは上記の標準の手順を使用して構成されます。

カスタムのメールハンドラの作成の詳細については、「メッセージハンドラプラグインモジュール」ドキュメントを参照してください。


課題とコメントの作成

Jira がそれぞれの受信メール メッセージを処理し、既存の課題へのコメントまたは新しい課題として追加する過程については、次のポイントをご確認ください。

  • メール メッセージの件名は、既存の課題キーについて調べられます。
    • 件名に課題キーが見つかった場合、その課題キーを使用して、メール メッセージ本文のコンテンツが課題へのコメントとして処理および追加されます。
    • subject に課題キーが見つからない場合は、in-reply-to header が調べられます。
      • メール メッセージが、作成済みの課題から生成された別のメール メッセージに対する返信だと分かった場合、本文はその課題へのコメントとして処理および追加されます。
      • メール メッセージが応答でない場合、新しい課題が作成されます。

For example, an email message to a mail account foo@example-co.com on a POP or IMAP mail server configured against a JIRA server will be processed as follows:

  • 課題の作成:
    • メール メッセージの件名は課題の概要になります。
      (warning)すべての課題には概要が必要なため、課題作成用の各メール メッセージには件名を含める必要があります。
    • メール メッセージの本文は課題の説明になります。
    • 上記の情報を使用して、プロジェクト「JRA」にバグが作成されます。(基本的には上記のメール ハンドラー設定に基づいています。)
    • 電子メール メッセージの添付ファイルは課題の添付ファイルとなります (添付ファイルが JIRA で有効化されていると想定します)。
      (info)各種のオペレーティングシステムとの互換性を確保するため、ファイル名に使用された次の文字はアンダースコアに置き換えられます:\、/、 "、%、:、$、?、*、<、|、>。
    • 受信メールが高い優先度に設定されている場合、対応する課題は JIRA システムで設定されている既定の優先度よりも高い優先度で作成されます。
  • コメントの作成
    • メールの本文は課題のコメントになります。
    • 電子メールの添付ファイルは課題の添付ファイルとなります (添付ファイルが JIRA で有効化されていると想定します)。

メール ハンドラの便利なヒント

JIRA ユーザー アカウントを持たない人から送信されたメール メッセージを JIRA が処理できるようにするには、

  1. メール サーバー/サービスで「匿名」/「ダミー」メール アカウントを作成します (上記)。
  2. メール フィールドが以前の手順で作成したメール アカウントと一致する、同等の「匿名」/「ダミー」JIRA ユーザー アカウントを作成します。
  3. このメール アカウントからのメッセージを処理するようメール ハンドラー (上記) を構成する場合、既定報告者をこの「匿名/ダミー」Jira ユーザー アカウントへ設定します。

ベスト プラクティス (Jira メール メッセージの前処理)

JIRA 本番環境サーバーの場合、次のメール メッセージ事前処理を設定することをお勧めします。

  • JIRA のメール ハンドラーは、正常に処理されたメール メッセージをメール サーバーから削除するため、メールをバックアップ フォルダーに送信して、JIRA が処理したメールの記録が利用可能なことを確認してください。
  • メール フォルダーに JIRA メール通知への返信が含まれる場合は、自動返信やバウンス メールをフィルタリングするルールを設定します。
    これを行わない場合、「オフィス不在」通知などの自動応答システムと JIRA との間のメール ループが発生する可能性が高くなります。JIRA は送信メールに「Precedence:bulk」ヘッダー (無効にしていない場合) と「Auto-Submitted」ヘッダーを設定しますが、一部の自動応答システムはこれを無視します。メールがバウンスまたは自動応答の場合、完全な検出方法はありません。次の規則 (procmail 形式) は、ほとんどの自動返信を検出します。

    ^From:.*mailer-daemon@
    ^Auto-Submitted:.auto-
    ^Content-Type:\ multipart/report;\ report-type=delivery-status
    ^Subject:\ Delivery\ Status\ Notification
    ^Subject:\ Undeliverable
    ^Subject: Returned Mail:
    ^From:\ System\ Administrator
    ^Precedence:\ auto_reply
    ^Subject:.*autoreply
    ^Subject:.*Account\ signup

    これらの規則を使用しても、通常のメールと区別するためのヘッダー設定を行っていない自動応答を受け取る場合があります。こうした事例では、その送信者を除外するフィルターを手動で更新する必要があります。

  • 大容量の添付ファイル付きのメールをキャッチするフィルターを設定します。JIRA は標準の JavaMail ライブラリを使用してメールを解析していて、大容量の添付ファイルがあると、すぐにメモリ不足となります (たとえば、ヒープサイズ 512 MBヒープで 50 MBを超える場合)。未処理のメールは削除されないため、メール サービスを実行するたびにそのメールが再処理されます(OutOfMemoryError を発生させるもう一つの原因となります)。ほとんどのメール サーバーは大容量の添付ファイルの付いたメールを承諾しないよう設定されているため、実践では、この問題に遭遇することはめったにありません。メール サーバーが大容量の添付ファイルをそのまま JIRA に引渡すことはないと確信できない場合は、フィルターを設定して、JIRA が大容量の添付ファイル受け取らないようにするのが一番です。
  • JIRA がスパムを処理する(そして、おそらくは課題を作成する)必要がないように、スパムをフィルタリングするルールを設定します。

トラブルシューティング

 JIRA's Logging & Profiling page has configuration options for Outgoing and Incoming mail.Whenever you create a new (or edit an existing) mail handler (above), a Test button is available to allow you to test your mail handler's configuration to ensure it works as expected.A useful tip for debugging mail-related problems in JIRA is to set the -Dmail.debug=true property on startup. This will cause protocol-level details of JIRA's email interactions to be logged in catalina.out (or standard output).

一般的な問題


  • JIRA が電子メールの作成や送信、または電子メールから課題やコメントを作成していない場合、JIRA インストールでOutOfMemory エラーが発生する可能性があります。OutOfMemory エラーでログファイルを確認してください。OutOfMemory エラーが発生した場合、JIRA を再起動し、エラーを調査してください
  • 受信メールが単純に消えているのがわかった場合は、誤ってJIRA の 2 つ目のコピーを起動 (例: ステージング環境などで) していないかを確認します。これにより、電子メールメッセージがダウンロードおよび削除されます。メールの処理を防ぐために設定する必要があるフラグについては、「メールの送受信の無効化」ページを参照してください。
  • Jira の通知による返信メールに、構成済みハンドラーの POP アカウントではなく Jira の SMTP サーバーが記載されている場合 (Outlook の「Reply-to」機能を使用した場合など)、プロジェクトを構成して送信通知のヘッダーに 'reply-to' を追加する必要があります。これは、Jira 管理メニューで、対象のプロジェクトのプロジェクト ビューで構成できます。
  • HTML /リッチテキスト フォーマットが JIRA によって正しく処理されていない場合、これは正常な動作です。メールのコメント ハンドラーは、プレーンテキスト変換を行うように設計されています。


最終更新日 2019 年 8 月 7 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.