高度な JIRA アプリケーション設定

JIRA では、複数の詳細設定オプションを利用出来ます。各オプションは個別プロパティ (もしくは値に対応するキー) として定義されています。これらのキー値の組み合わせは、JIRA が使用する3つの領域の内の1つに格納されます。

JIRA データベース

JIRA データベースには、最も一般的に編集された詳細設定オプションの少数値を格納しています。これらの値は、JIRA 管理領域の詳細設定ページで編集出来ます。 値を編集する場合は、JIRA オプションの設定をご参照下さい。

これらのプロパティの値は、変更されるとすぐに有効になります。

jira-config.properties ファイル

Custom values for JIRA's remaining advanced configuration options (i.e. not stored in the JIRA database) are stored as individual key-value pairs in a file called jira-config.properties (located in the JIRA application home directory). Typically, these options are of little interest to most JIRA system administrators. While these key-value pairs can be edited, JIRA must be restarted for any changed values to take effect.

フォーマットの実例
jira.projectkey.warning = testwarning
jira.projectkey.description = testdescription

 

(info) In new JIRA installations, this file may not initially exist and if so, needs to be created manually. For more information about editing the jira-config.properties file, see How to edit the jira-config.properties file.

jpm.xml ファイル

Default values for all* of JIRA's available advanced configuration options are stored in a file called jpm.xml (located in the <jira-application-dir>/WEB-INF/classes subdirectory of the JIRA application installation directory). These default values are only used by JIRA if a property's value has not already been customized in either the JIRA database (via JIRA's 'Advanced Settings' page) or the jira-config.properties file.

(warning) The jpm.xml file should not be edited because any values that you customize in it will not be migrated automatically during subsequent JIRA upgrades. To change the value of a property for an advanced configuration option in JIRA, override the value of this property by redefining it in either:

  • JIRA データベース(JIRA の「詳細設定」ページより).
    または
  • jira-config.properties ファイル。

* JIRA recognizes a small number of properties, which can be set in your jira-config.properties file but have no definition in the jpm.xml file. These properties:

  • jira-config.properties ファイルに定義されていない場合、一般に詳細設定オプションが無効化されていることを表します。
  • when not specified in your jira-config.properties file, typically affect JIRA's behavior differently to when they are specified in your jira-config.properties file with no value.

jira-config.properties ファイルへの変更

  1. Shut down JIRA (for example, by executing either the /bin/stop-jira.sh or \bin\stop-jira.bat file in your JIRA application installation directory, or by stopping the JIRA service).
  2. Open the jira-config.properties file (located at the root of your JIRA application home directory) in a text editor.
    (warning) This file may not exist if you are using a new JIRA installation or an upgraded JIRA installation where your previous JIRA version(s) had never been customized. If this file does not exist, create it using a text editor.
  3. ファイル内の適切なプロパティを編集します。(tick)
     編集のヒント:
    • To determine the default value of a property whose value you wish to redefine, search for that property in the <jira-application-dir>/WEB-INF/classes/jpm.xml file (of your JIRA Installation Directory). The default value is defined in the <default-value/> sibling element of the relevant property's <key/> element.
    • jpm.xml のプロパティの既定値を上書きするには、次の手順を実行します (jira-config.properties ファイルで定義しておらず、[詳細設定] ページ で利用可能にしていない場合のみ)
      1. 関連するプロパティの <key/> 要素の値を jpm.xml ファイルから jira-config.properties ファイルへコピーする。
      2. jira-config.properties ファイルで、‪‬関連するプロパティ キーに続けて‪「=」と入力し、カスタム値を続けます。
    • jira-config.properties ファイルのカスタム プロパティの値を無効にするには、先頭に「#」を入力してプロパティをコメント アウトするか、ファイルからプロパティを削除します。
  4. jira-config.properties ファイルへの変更を保存します。
  5. Jira を再起動します。

以下も参照して下さい

スタートアップの設定プロパティとオプション — 利用可能なメモリの設定、メールの無効化等の変更

最終更新日 2018 年 1 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.