データベース整合性チェッカーの利用

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

共通データの不整合を検索するために、データベース整合性チェッカーは全 JIRA データの整合性の確認を試行します。

これは次のように多くのシチュエーションで役に立ちます。

  • プロジェクトを新しいワークフローに移行する前
  • 外部プログラムが JIRA のデータベースを変更中
  • サーバークラッシュのトラブルシューティング

エラーが発生した場合、ほとんどの整合性検査では、データを安定した状態にリセットしようとする「修復」オプションが用意されています。

注意: 次のすべての手順において、Jira 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインする必要があります。

整合性チェッカーの利用

  1. > [システム] の順に選択します。 
  2. Select System support > Integrity checker to open the Integrity Checker page.
    The integrity checker has a number of 'integrity checks' that look for common inconsistencies in JIRA's stored data.
  3. 整合性を確認したいデータの項目を1つ以上選択して「チェック」ボタンをクリックします。
  4. 選択した検査が完了すると、プレビュー画面が表示されます。
    既存データの不整合に関する詳細が画面に表示されます。不整合が見つかった場合、「修正」ボタンもページに表示されます。赤色のメッセージは修正が選択され、「修正」ボタンがクリックされた場合、チェッカーにより修正が実行される不整合を表しています。黄色のメッセージは警告で、チェッカーによる修正は実行されません。JIRA は課題に対して操作が行われるときにこれらの不整合から自動復旧します。
    修正したい不整合を選択して「修正」ボタンをクリックします。
    (info) 注意:不整合を修正する前にデータをバックアップしておくことを強くお勧めします。
  5. 不整合が検出され、その修正を選択した場合、実行されたすべての修正処置を説明するサマリ画面が表示されます。
最終更新日 2018 年 6 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.