サーチのインデクシング

このページの内容

このセクションの項目

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

In order to provide fast searching, JIRA creates an index of the text entered into issue fields. This index is stored on the file system, and updated whenever issue text is added or modified. It is sometimes necessary to regenerate this index manually; for instance when you add a new custom field, or if the index is lost or corrupted.

インデックスの再作成が必要な場合について詳細は、「主要な設定変更後のインデックスの再作成」を参照してください。

Note:  For all of the following procedures, you must be logged in as a user with the  JIRA Administrators  global permission .

JIRA のインデックス再作成

  1. > [システム] の順に選択します。 
  2. 詳細 > インデックス作成を選択してインデックス作成ページを開きます。
  3. このページでは、次の2つのインデックス再作成オプションのいずれかを選択できます。

    • バックグラウンドでインデックス再作成する — すべての課題のインデックス再作成をバックグラウンドで実行します。
    • JIRA をロックしてインデックス再作成する— すべてのインデックスを削除して再作成します。これには、コメントや変更履歴のインデックスも含まれます。

スクリーンショット: JIRA のインデックス再作成

インデックス再作成オプションの選択基準

次の表は 2 つのオプションの相違点の概要です。

バックグラウンドでインデックス再作成するJIRA をロックしてインデックス再作成する
シングルスレッド。完了に時間がかかります。マルチスレッド。短時間で完了します。

いつもで取り消し可能。

開始後は取り消し不可。
最新のインデックスを保持し、内部で更新します。インデックスを再作成、最適化し、古いインデックスを削除します。
ディスク フラグメンテーションが発生します。ディスク フラグメンテーションが排除されます。


バックグラウンドでインデックス再作成する

このオプションを使用すると、インデックスの再作成時に Jira インスタンスを引き続き使用可能にすることができますが、インスタンスの速度は遅くなります。このオプションを実行する必要がある場合、使用率が低い時間帯に実行してください。 

さらに、ディスク フラグメンテーションはバックグラウンドでのインデックス再作成を実行するたびに増加します。可能な場合、代わりにプロジェクトのインデックス再作成を実行します (特に 1 つのプロジェクトにのみ影響する設定変更を実行したばかりの場合)。手順については、「単一プロジェクトのインデックス再作成」を参照してください。

JIRA をロックしてインデックス再作成する

このオプションは、インデックスが壊れており、システムまたはディスクの障害が原因と考えられる場合に使用してください。このオプションはすべてのインデックスを削除してそれらを再構築するため、「フル インデックス再作成」とも呼ばれます。 

Overall, the Lock JIRA and rebuild index option provides greater benefits. The only downside for this option is that it'll lock a single-node instance, making it unavailable to users during the re-index.

On a multi-node Jira Data Center, you can use the Lock JIRA and rebuild index option without actually locking the instance. Therefore, if your Data Center instance has multiple nodes, don't bother with a Background re-index. See Re-indexing JIRA Data Center with no downtime for instructions.

Over time, your instance's disk becomes fragmented from normal use, which slows down your instance. Only the Lock JIRA and rebuild index option can address this. This means that, regardless of whether you're running a single- or multi-node instance, you should run a full re-index to address fragmentation periodically (for example, weekly or monthly).

使用するスレッドの数を増やしてフル インデックス再作成の速度を改善することもできます。詳細は「インデックス スレッドの数を調節して速度を改善する」を参照してください。

Instances with lower data complexity also perform full re-indexes faster. See Managing custom fields in JIRA effectively for related information.


カスタムインデックス パスの選択

To change the Index Path, you must be logged in as a user with the JIRA System Administrators global permission.

  • JIRA 4.2 以前のバージョンからXML バックアップを使用して JIRA をアップグレードし、インデックス パスにカスタムディレクトリを使用した場合、インデックス パスの場所として、このカスタムディレクトリを使用する (編集は不可) か、既定のディレクトリを使用するかを選択できます。ただし、既定のディレクトリの使用に切り替えた後は、カスタムディレクトリ オプションを選択できなくなります。
  • The default directory location is the caches/indexes subdirectory of the JIRA application home directory.

(info) JIRA インデックス用 NFS ストレージはサポートされていません。 詳細は、サポート対象プラットフォームを参照してください。

ダウンタイムなしで Jira Data Center のインデックスを再作成する

Keeping the integrity of indexes is as important as having your JIRA instance open to users all the time. These steps will help you run the Lock Jira and rebuild index option, which deletes and recreates all indexes, with no downtime.

始める前に

ノードを選択し、ロード バランサから削除します。これを使用して、インデックスの再作成を実行します。

ダウンタイムなしで Jira Data Center のインデックスを再作成するには:

  1. Access JIRA on the node you've chosen, and select  > System.
  2. [詳細] > [インデックス作成] を選択してインデックス作成ページを開きます。次に、[Jira をロックしてインデックスを再作成する] を実行します。
  3. After the re-indexing is complete, take a look around the JIRA instance to make sure everything looks fine.
  4. ノードをロード バランサに追加します。

インデックスの再作成後、再作成されたインデックスはクラスター内の別のノードへ自動的に分散されます (この間、一部パフォーマンスの低下が発生する場合があります)。その間にインデックスに変更が加えられた場合は、整合性を維持するため、それらも適用されます。

インデックスのバックアップと復元

インデックス復元を有効化すると、定期的にインデックスのスナップショットが撮られるようになります。これにより、障害が発生した場合、インデックスを再作成するよりも速くインデックスを復元できます。これは、大規模な JIRA インストール環境で復元のために長時間 JIRA をオフラインにできない場合には特に便利です。小規模な JIRA インスタンスの場合、インデックスの再作成にあまり時間を要しないため、インデックス復元を有効化する価値がないこともあります。

全インデックス再作成のほうがスナップショットから復元するよりも速いかどうかは、復元されるスナップショットがどのくらい前に撮られたかなど、ファクターの数に依存します。大規模で複雑なインストール環境では、本番環境で信頼して使用できるように事前に開発/テストサーバーでこのプロセスをテストしておくべきです。

インデックス復元を有効化するには:

  1. 上述したインデックス作成ページに移動します。
  2. 設定の編集をクリックしてインデックス復元を有効化し、スナップショットの頻度を選択します。
    • スナップショットは <yourjirahome>/exports/export/indexsnapshots ディレクトリに保存されます。

インデックスを復元するには:

  1. 上述したインデックス作成ページに移動します。
  2. 前にファイル名に保存したインデックスの名前を入力し、復元をクリックします。
    • インデックスの復元中は JIRA を利用できません。 
    • スナップショット撮影後にインデックス再作成に必要な設定が変更された場合、復元後にバックグラウンドでインデックス再作成を実行する必要があります。復元後は JIRA が使用可能になります。

追加情報

  • JIRA will retain the last three snapshots at any time (in <yourjirahome>/exports/export/indexsnapshots ). Older snapshots will be automatically deleted. Note, snapshots may occupy considerable disk space and may need to be moved to offline storage or deleted as appropriate.
  • スナップショット プロセスは比較的軽量なプロセスで、システムにそれほど負荷を与えません。
  • スナップショット撮影プロセスでは、インデックスサイズと同等のディスクスペースが一時的に必要になります。撮影されたスナップショットのサイズは、それぞれインデックスのサイズの約 25% です。
  • すべての課題は復元中に適宜インデックスの再作成が行われます。これには、スナップショットの撮影後に追加、更新、または削除が行われた課題も含まれます。
  • JIRA データベースを復元する必要がある場合、インデックス復元プロセスを利用して、インデックスを最新の状態にすることができます。インデックスのスナップショットは復元されるデータベース バックアップよりも前の日付でなければなりません。

単一プロジェクトのインデックス再作成

単一のプロジェクトに影響を及ぼす設定変更を行った場合、そのプロジェクトのみのインデックス再作成が可能です。インデックス再作成が必要な場合について詳細は、「主要な設定変更後のインデックス再作成」を参照してください。

単一プロジェクトのインデックス再作成を実行するには:

  1. 目的のプロジェクトに移動して管理タブをクリックします。
  2. 操作 > プロジェクトの再インデックス化をクリックしてプロジェクトの再インデックス化を開始します。
最終更新日: 2019 年 9 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.