JIRA アプリケーションを Windows サービスとして実行する

長期的な利用においては、オペレーティングシステムを再起動した際には JIRA も自動的に再起動するように構成する必要があります。Windows サーバーの場合は、JIRA が Windows サービスとして実行するように構成する事を意味します。

Running JIRA as a Windows service has other advantages. When started manually, a console window opens, and there is a risk of someone accidentally shutting down JIRA by closing this window. Also, the JIRA logs are properly managed by the Windows service (found in logs\stdout*.log in your JIRA installation directory, and rotated daily).

JIRA をサービスとしてインストールするには、インストーラー経由および手動の二通りの方法があります。

このページの内容:

インストーラーを使用して、サービスとしてインストール

JIRA を Windows サービスとしてインストーラーする最も簡単な方法は、Windows インストーラー を実行中に、「JIRA をサービスとしてインストールする」 チェックボックスをクリックする方法です:

このインストレーションプロセスを成功させるには、お使いの Windows オペレーティングシステムにおける完全な管理者権限が必要となります。

JIRA をサービスとして実行するよう、手動で設定する

以下のいずれかの状況が該当する場合、JIRA がサービスとして実行するよう設定できます:

  • Windows インストーラーを利用しなかった。
  • Windows インストーラーを利用したが、最初に JIRA をサービスとしてインストールしなかった。

(info) 注意:

  • ユーザーアカウント制御 (UAC) が搭載されたWindows Vista、 Windows 7 等のウィンドウズ OSでは、UAC を無効化するか、管理者(例:「cmd.exe」の右クリック、または「管理者として実行」を選択します)として「cmd.exe」を実行して、以下の手順のスクリプトを実行します。 ウィンドウズで UAC が有効化されている状態では、管理者アカウントのログイン以外にも複雑な作業が要求されます。

JIRA をサービスとして実行するためのセットアップ:

  1. コマンドプロンプトを開きます。
  2. Change directory ('cd') to the JIRA application installation directory and then into this directory's 'bin' subdirectory.
    (warning) If a directory in the path has spaces (e.g. 'C:\Program Files\..'), please convert it to its eight-character equivalent (e.g. 'C:\Progra~1\..').
  3. JAVA_HOME 変数がお使いの Java プラットフォームのインストール ディレクトリのルートに設定されていることを確認します。
    (info)JAVA_HOME 変数の現在の値を調べるには、コマンド プロンプトに「echo %JAVA_HOME%」と入力します。
  4. 次のコマンドを実行します。

    service.bat install JIRA

    Here is a screenshot of the process:

    JIRA should now be set up to run as a service.

  5. さらに、オペレーティングシステムが起動した際に、JIRA サービスを自動的に起動させるには、以下を実行します:

    tomcat8 //US//JIRA --Startup auto

    次回オペレーティングシステムがリブートした際は、JIRA サービスも自動的に起動します。JIRA サービスを手動で起動させるには 'net start JIRA'、停止させるには 'net stop JIRA' コマンドを使用します。

    Jira Core サービスが起動する際のパラメータを確認するには、[スタート] > [実行] に移動し、「regedt32.exe」を実行してから、次の操作を行います。
    * Windows 32 bit エディションの場合は、HKEY_LOCAL_MACHINE > SOFTWARE > Apache Software Foundation > Procrun 2.0 > Jira<タイムスタンプ> に移動します。
    * Windows 64bit エディションの場合は、HKEY_LOCAL_MACHINE > SOFTWARE > Wow6432ノード > Apache Software Foundation > Procrun 2.0 > Jira<タイムスタンプ> に移動します。

  6. 追加 JIRA  セットアップオプション (オプション):

    • JIRA が利用できる最大メモリサイズ(デフォルトは 256 MB)を設定するには、次を実行します:

      tomcat8 //US//service_name --JvmMx 512

      service_name には JIRA サービスが入ります。例: JIRA123487934298

    • JIRA と Confluence を同じ JVM で動かしている場合は MaxPermSize を 128 MB に増やします:

      tomcat8 //US//service_name ++JvmOptions="-XX:MaxPermSize=128m"

      service_name には JIRA サービスが入ります。例: JIRA123487934298

    • 時折、JIRA のガーベジコレクション情報を閲覧すると便利かもしれません。これは、メモリの問題を捜査する際に、特に当てはまります。Verbose GC (ガーベジコレクション) ロギングをオンにするには、コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します:

      tomcat8 //US//service_name ++JvmOptions="-Xloggc:path\to\logs\atlassian-gc.log"

      service_name には JIRA サービスが入ります。例: JIRA123487934298
      パス (\path\to の部分)は、 JIRA が現在インストールされているディレクトリを表します。例えば:

      tomcat8 //US//service_name ++JvmOptions="-Xloggc:c:\jira\logs\atlassian-gc.log"

      service_name には JIRA サービスが入ります。例: JIRA123487934298

詳しいサービスオプションに関しては、Tomcat ドキュメンテーション を参照して下さい。

JIRA サービスを削除する

ウィンドウズインストーラーに JIRA がインストール済みの場合は、ウィンドウズの「コントロールパネル」で、「プログラムの追加と削除」をクリックして、JIRA を削除します。この機能でサービスも削除出来ます。

手動でサービスをインストールした場合(上記参照)、以下の手順でアンインストール可能です:

service.bat remove JIRA

上記が動作しない場合、tomcat8 //DS//JIRA を使用します。

JIRA サービスが利用する Windows ユーザを変更する

JIRA のバックアップディレクトリ、アタッチメント、インデックスディレクトリ、あるいは %CATALINA_HOME%\‌* ディレクトリとしてマップネットワークドライブを利用している場合、JIRA が必ずこれらのドライブに書込める事を確認しておきます。要するに、これらのディレクトリは全て、JIRA サービスが実行しているユーザによって書込み可能となっている必要があるのです。即ち、JIRA サーバーが利用している Windows ユーザを変更する必要があります。

(info) また、これらのネットワークドライブを文字のマッピングではなく、UNC によって指定する必要があります。即ち z:\jira ではなく、 \\backupserver\jira です。

JIRA サービスで利用しているウィンドウズユーザーを変更する場合、コントロールパネル -> 管理ツール-> サービス等でウィンドウズのサービスを検索します。「Atlassian JIRA」サービスを配置し、右クリックで「プリファレンス」を表示します。

'ログオン' タブに行き、希望のユーザに変更します。

複数サービスのスタートアップ順序を指定する

相互依存的なサービスを有する場合は、それらを正しい順序で起動する事が重要です。以下は、一般的な例です:以下は、一般的な例です:

  • JIRA と Crowd の双方を実行中の場合、人々が JIRA へのログインを試みる前にまず Crowd を起動させる事が重要です。
  • JIRA が接続するデータベースが JIRA と同一のサーバー上でホストされており、Windows サービスを介して起動される場合、データベースサービスが先に起動されない限り、JIRA サービスは正しく起動しません。

起動時に使用する依存関係のルールをセットアップするには、コマンド プロンプトを開いて以下のコマンドを入力します:
C:\Documents and Settings\Developer>sc config [JIRA service] depend=[database service]
'depend=' の後にスペースが必要であることにご注意ください。

  • [JIRA service] は、実行中の JIRA サービスの名称です。例: JIRA051007111904.
  • [database service]は、あなたが実行中のデータベースサービスの名前です。例 MSSQLSERVER。

システムレジストリを編集することでも依存規則を設定することができます。詳しくは http://support.microsoft/kb/193888 を参照してください。

サービスの名前を見つける

JIRA サービス、データベースサービスの正式名称がわからない場合は、以下の手順で現在の名称を検索出来ます。

  1. 'コントロールパネル' > '管理ツール' > 'サービス'へと操作します。
  2. 'サービス' ウィンドウが開きます:
  3. 名前を知りたいサービス上で右クリックし、ポップアップ メニューから [プロパティ] を選択します:
  4. '一般' タブに 'サービス名' が現れます:

トラブルシューティング

  • Java 6 is not supported by JIRA 6.0 and later. Problems may occur when trying to setup JIRA to run as a Windows service with JDK 1.6. The problem is due to failure to locate "MSVCR71.DLL", which can be found in %JAVA_HOME%/bin. There are two options to resolve this problem:
    • PATH に %JAVA_HOME/bin を追加し、JIRA サーバーを再起動します。
    • MSVCR71.DLL を、C:\WINDOWS\SYSTEM32 または C:\WINNT\SYSTEM32 のシステムパスにコピーします
  • サービスを実行しているユーザー名を確認し、インストール ディレクトリの /temp および /work ディレクトリを変更して、このユーザーに読み取りおよび書き込み許可を与えます。
  • 1.5GB以上のメモリが必要な 64 ビット版の OS では、32 ビットのJDKメモリー制限と 64 ビットのJDK/Tomcatサービス問題のため、JIRA をサービスとして実行出来ません。
最終更新日 2017 年 8 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.