バックアップ中の JIRA アプリケーションへのユーザー アクセスを防止する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

本番環境で使用する場合、定期的なバックアップには、JIRA アプリケーション XML バックアップ サービスの代わりに、ネイティブのデータベース バックアップツールを使用することを強く推奨します。

JIRA アプリケーションを使用している場合、バックアップ処理中にデータベースが更新される可能性があるため、XML バックアップの整合性は保証されません。不整合のある XML バックアップが生成されても、JIRA アプリケーションは警告やエラーメッセージをまったく発することがなく、そのような XML バックアップは復元処理中に障害を発生します。ネイティブのデータベース バックアップ ツールは、より整合性と信頼性の高いデータ保存(および復元)の手段を提供します。

XML バックアップを実行する場合(たとえば、テスト環境を使用して JIRA アプリケーションをアップグレードする場合、または別のサーバーに JIRA アプリケーションを移行する場合など)は、JIRA アプリケーションへのユーザーのアクセスを防ぎ、バックアップファイルの不整合を最小限に抑えるため、次のいずれかの方法をとります。

  • 推奨方法
    • JIRA アプリケーションの手前に、Apache またはその他の Web /プロキシサーバーを配置している場合は、Apache による JIRA アプリケーションへのプロキシを停止し、静的 HTML ページに "JIRA アプリケーションは保守作業中" といった適切なメッセージを掲載します。注意:
      • XML バックアップを実行するには、管理者は JIRA アプリケーションに(Apache 経由ではなく)直接アクセス可能である必要があります。
      • この方法では、JIRA アプリケーションを再起動する必要はありません。
  • 代替方法 1 :
    1. Shut down all JIRA applications, configure them to listen on a different port and restart. Do this by editing the server.xml file. Change the following section:

            <Connector port="8080"
                  maxHttpHeaderSize="8192" maxThreads="150" minSpareThreads="25" maxSpareThreads="75" useBodyEncodingForURI="true"
                  enableLookups="false" redirectPort="8443" acceptCount="100" connectionTimeout="20000" disableUploadTimeout="true" />
      
      • 注意: HTTPS を有効にしている場合、HTTPS Connector セクションも同じように編集する必要があります。
    2. すべての JIRA アプリケーションを再起動して、XML バックアップを実行します。
    3. すべての JIRA アプリケーションをシャットダウンし、設定すべて元に戻したあと、アプリケーションを再起動します。
  • 代替方法 2 :
    • JIRA アプリケーションの前にファイアウォールを設置している場合、リクエストがファイアウォールを通り抜けないようにするか、リクエストが使用するポート番号を変更します。注意:
      • XML バックアップを実行するには、管理者は一時的なポート番号から JIRA アプリケーションにログイン(またはファイアウォールの背後からアクセス)する必要があります。
      • この方法では、JIRA アプリケーションを再起動する必要はありません。
tip/resting Created with Sketch.

はじめる前に:

どちらの方法を選択しても、JIRA アプリケーションはしばらく使用できなくなると、ユーザーに警告する 告知バナー を設定することを推奨します。

最終更新日 2017 年 9 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.