LexoRank の管理

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

LexoRank is ranking system that JIRA Software uses which provides the ability to rank issues in JIRA Software instances. The user interface can be found in  > System > Lexorank management. It provides a user interface for several of the key areas of LexoRank administration.

バランシング

上記のスクリーンショットのように、UI は各バケットにおける課題の分布の詳細、バランスが進行中または無効化されているかどうかをユーザーに示します。バラrンスの実行は、JIRA の再インデックスの実行と似ており、問題がランキング データ固有のものでない限り、問題が修正される保証はありません。

ランク ステータス列には、ランク付けされた課題のステータスに関する詳細が表示されます。各課題には、その周囲の課題に対して相対的な一意のランクが付けられます。このランクは文字列形式で保存されます。課題の数が増加し、ランク付け操作が増えると、これらの文字列の長さも長くなります。ある時点で、長さがしきい値に到達し、12 時間以内にリバランスがスケジュールされます。

リバランスはランク付けされた課題を均等に分配し、ランクの長さを大幅に削減します。リバランスの間、ランキング動作は通常どおり続行できます。

12 時間以内に長さが 2 番目のしきい値に到達すると、即時リバランスが開始します。

リバランスが完了する前に長さが 3 番目のしきい値に到達すると、リバランスが完了するまですべてのランク操作は無効化されます。

ランク ステータス フィールドには次のプロパティがあります。

プロパティ 使用可能な値
ステータス
  • OK - ランクの長さは正常な状態
  • 警告 - リバランスがスケジュールされている
  • 致命的 - 即時リバランスが開始し、ランク操作が無効化される状態に近づいています。
長さ

<現在の長さ>/<最大の長さ>

最大長さは、ランク操作を無効化するタイミングを示します

次のバランス
  • スケジュール - 次のしきい値に到達するとリバランシングがスケジュールされる
  • 即時 - 次のしきい値に到達するとリバランシングがただちに開始される

上記に加え、フィールドには、課題のランクが最も長いプロジェクトが表示され、ランクの長さが急増した原因を診断するのに便利です。

問題が発生して理由がわからない、またはバランスを実行すべきかどうかわからない場合は、まず整合性チェックを確認し、以下の詳細についてはサポートに問い合わせる必要があります。

サービス ステータスの内訳は次のとおりです。

Service 注意
バランシング無効

If this is true then JIRA Software has disabled balancing internally:

  • フォアグラウンド インデックス再作成が実行中の可能性があります。これにより、バランシングが無効化されることが予測されます。
  • JIRA Software がインストール/アップグレードされており、インデックスの再作成が必要です。
  • ログで例外をチェックし、これらのエラーに関するナレッジベース記事がないか確認します。
  • 整合性チェックにエラーがないか確認してください。
バランシング一時停止
  • サポートまたは管理者によってバランシングが明示的に一時停止されていない限り、false です。
バランス ハンドラー実行中
  • バランシングが進行中である場合を除いて false になります。バランシングの進捗状況を確認するには、更新ボタンをクリックします。
  • JIRA Data Center クラスターの、バランスを実行中のノードでは true、それ以外のノードでは false になります。
クラスターのノードでバランスが実行中
  • バランス クラスター ロックが解除されていることを示します。
  • バランシングが実行中の場合、true になります。

整合性チェック

LexoRank データに対して一連のテストを実行し、テストに基づいて true / false の結果を返します。テストの詳細は以下のとおりです。

チェックマーク エラーの修正方法
マーカー行はランク フィールドの表を表します。

これに失敗した場合、最小または最大マーカー行が失われます。

マーカー行の正確性チェック。

これに失敗した場合、最小または最大マーカー行が存在しますが、それらのランクが間違っています。

これは、チェックで返された行のランクを期待された値に更新することで修正できます。

有効なバケット チェック内のマーカー行。

バランシングの進行中、マーカー行は別のバケットに移動し、新しいランク値をどこに配置すべきかを示します。バランシングが進行中のときにのみ、別のバケットに配置されます。

有効なマーカー行は次のとおりです。

  • 最小値と最大値が同じ。
  • 最小は 0、最大は 1 です。
  • 最小は 1、最大は 2 です。
  • 最小は 0、最大は 2 です。

これらのバケット内にマーカー行がなく、ランクの作成またはバランス操作中に投げられた例外が原因とみられる場合、このテストは失敗します。これらでログを確認し、既知の問題を検証してください。

ランク範囲外チェック。 修正するには、「How to Fix Rank Out Bound Error (ランク範囲外エラーを修正する方法)」ナレッジベース記事を参照してください。
重複ランク チェック。 ランク フィールドの重複したランク値を修正する方法に記載されている方法で修正できます。
課題ランクはマーカー ランク チェックと異なります。

以下の SQL は、ランキングの値が最小/マーカー行と同じ記録を特定します。これらの記録を削除するとこの問題が修正されます (また、これらの課題のみのランキング データが失われます)。

SELECT * FROM "AO_60DB71_LEXORANK" WHERE ("RANK" LIKE '%|zzzzzz:' OR "RANK" LIKE '%|000000:') AND "TYPE" not in (0,2);

(info) これは、使用する DBMS に応じて変える必要が出る場合があります。

有効なバケット チェック内の課題行。 バランスでこれを修正できない場合、アトラシアン サポートの詳細分析が必要となります。
バランス ステータス チェック。 バランスを試み、ログを見て例外がないか確認します。ログの例外によってバランスが失敗する、または上記の他のチェックのいずれかが失敗する可能性があります。

続行する方法がわからない場合は、お気軽にサポートに問い合わせてください。

最終更新日 2018 年 1 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.