RSS フィードなどの検索ビューから返される課題の数を制限する - アトラシアン製品ドキュメント

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

JIRA では、Word、Excel、RSS または XML 等のフォーマットで検索結果を表示することができます。

多数の課題を返却する検索ビューは JIRA が処理を完了するまで長い時間と膨大なメモリを使用します。これは JIRA における OutOfMemoryErrors の要因となります。

特に問題があるのは、 RSS フィードで検査結果を表示する場合です。理由は以下に示します。

  • ユーザーの RSS フィードが定期的 (1時間ごとなど) にリクエストを飛ばし続けている
  • RSS リーダーが、ユーザーに直接向けていないリクエストを作成しているため、ユーザーはリクエストに時間がかかる、または失敗していることに気づいていない

検索ビューで表示される課題の数を制限するために、jira-config.properties で次の 3 つのプロパティを使用できます。

jira-config.propertiesファイルを変更し、その内容を適用する場合、手順の詳細について‬「jira-config.properties に変更を加える」をご参照ください。

jira.search.views.default.max

jira.search.views.default.max プロパティは、返される課題の数のソフト制限を設定します。この既定値は 1000 です。たとえばこの値を 100 に設定する場合、jira-config.properties ファイルで以下のように指定します。

jira.search.views.default.max = 100

For an RSS or XML view, JIRA applies the limit by appending the tempMax parameter to the URL of the search view. For example:

上記の例では、JIRA が返却される課題の数を 200 に制限しています。

ただし、ユーザーは tempMax パラメーターを URL から削除したり、tempMax の値を増やしたりすることで、このソフト制限を上書きできます。

jira.search.views.max.limit

jira.search.views.max.limit プロパティは、返却される課題の数にハード制限を設定します。この既定値は 1000 です。たとえばこの値を 200 に設定する場合、jira-config.properties ファイルで以下のように指定します。

jira.search.views.max.limit = 200

例えば、ユーザーが課題ビューを200件以上返すようにリクエストすると、JIRA は課題を返却せず、代わりに403 (Forbidden) エラーを返却します。ユーザーにとっては不便かもしれませんが、大量のリソース消費やおそらくメモリ不足も防ぐことができます。

その際、設定した jira.search.views.max.limit ‬の値が jira.search.views.default.max で設定したソフト制限以上であることを確認します。ソフト制限未満の場合、既定のソフト制限で制限された課題を返すすべての検索ビューが 403 (Forbidden) エラーを返します。

jira.search.views.max.unlimited.group

You may have a requirement for most users to have the limit imposed on them, but a few users to be exempt from the limit. One example of this is if your JIRA instance is Internet facing. You may want external (Internet) users to have the limit imposed on them, but for internal users to be able to produce unlimited search views. You can use the jira.search.views.max.unlimited.group property to achieve this.

jira.search.views.max.unlimited.group プロパティは、既定では無効になっており、jira-config.properties ファイルに存在しないか、存在するが "#" でコメントアウトされていて無効になっています。このプロパティを jira-config.properties ファイルで有効にするには、その値に有効なグループを指定するか、空白のまま残します。例:

jira.search.views.max.unlimited.group = jira-administrators

この方法によって制限を回避したユーザーがjira.search.views.default.max のソフト制限を上書きするには、引き続き、上記の説明のように tempMax パラメーターを URL に追加して RSS または XMLを表示する必要があります。

最終更新日 2017 年 9 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.