起動時のプロパティとオプションの設定

このページでは、Jira の起動時に Java プロパティとオプションを設定する方法について説明します。

このページの内容:

Linux

Linux インストールでシステム プロパティを設定する方法

  1. <jira-install>/bin から、setenv.sh を開きます。
  2. JVM_SUPPORT_RECOMMENDED_ARGS= セクションを探します。
  3. 以下のパラメータ一覧を参照してください。

(info) 引用内部では、各パラメーターをスペース区切りのリスト形式で追加します。

Windows (.batファイルから起動)

Windowsインストールで .bat ファイルから起動する際にシステム プロパティを設定する方法

  1. <jira-install>/bin から、setenv.bat を開きます。
  2. set JVM_SUPPORT_RECOMMENDED_ARGS= セクションを探します。
  3. 以下のパラメータ一覧を参照してください。

(info) 引用内部では、各パラメーターをスペース区切りのリスト形式で追加します。

Windows サービス

Windows サービスとして JIRA を起動している状態でシステムプロパティを設定するには、コマンドラインで変更する方法とWindows レジストリで変更する方法の2つがあります。

Windows サービスのプロパティをコマンド ラインから設定する

Windows サービスのプロパティをコマンド ラインから設定する

  1. Identify the name of the service that JIRA is installed as in Windows ( Control Panel > Administrative Tools > Services ):

    (info) In the above example, the SERVICENAME is: JIRA231112155942
  2. 「ファイルを指定して実行」で'cmd' を入力してエンターキーを押し、コマンド ウィンドウを開きます。
  3. cd to the bin directory of your JIRA application installation directory.
  4. 次のコマンドを実行します。

    tomcat8w //ES//%SERVICENAME%
    

    (info) 上記の例では、tomcat8w //ES//JIRA231112155942 となります。

  5. Java タブをクリックして、現在の起動オプションの一覧を表示します。
  6. 新しいオプションを追加する場合は、既存の Java オプションの最後に新しい行として追加します。下記のパラメーター一覧を参照してください。

 

Windows サービスのプロパティを Windows レジストリで設定する

Windows の一部のバージョンには、Java 変数をサービスに追加するオプションがありません。この場合、レジストリ内のオプション一覧を表示してプロパティを追加する必要があります。

Windows サービスのプロパティを Windows レジストリで設定する方法

  1. Start >> Run に移動し、"regedit32.exe" を実行します。
  2. サービス エントリを見つけます:
    32 ビット: HKEY_LOCAL_MACHINE >> SOFTWARE >> Apache Software Foundation >> Procrun 2.0 >> JIRA
    64 ビット: HKEY_LOCAL_MACHINE >> SOFTWARE >> Wow6432Node >> Apache Software Foundation >> Procrun 2.0 >> JIRA
  3. 既存のプロパティを変更する (特に Xmx メモリを増やす) には、適切な値をダブルクリックします。
  4. 追加のプロパティを変更するには、オプションをダブルクリックします。
  5. 下記のパラメーター一覧を参照してください。 1 行に 1 つずつ入力します。

設定を確認する

設定した内容を確認するには、<jira-home>/logs/atlassian-jira.log または catalina.out ファイルを確認します。起動部分のセクションは次のようになっています。

JVM Input Arguments : -Djava.util.logging.config.file=/usr/local/jira/conf/logging.properties -XX:MaxPermSize=256m -Xms256m -Xmx384m -Djava.awt.headless=true -Datlassian.standalone=JIRA -Dorg.apache.jasper.runtime.BodyContentImpl.LIMIT_BUFFER=true -Dmail.mime.decodeparameters=true -Djava.util.logging.manager=org.apache.juli.ClassLoaderLogManager -Djava.endorsed.dirs=/usr/local/jira/endorsed -Dcatalina.base=/usr/local/jira -Dcatalina.home=/usr/local/jira -Djava.io.tmpdir=/usr/local/jira/temp

これは、システム情報を表示することでも確認できます。

起動パラメーターの一覧

メモリ プロパティ

注意

関連ページ

-Xmx
-Xms
XX:MaxPermSize

これらのプロパティはすでに存在します。詳しくは関連ページを参照してください。

JIRA のメモリ容量を増やす

-XX:+PrintGCDetails

-XX:+PrintGCDateStamps

-XX:+PrintGCTimeStamps

-XX:+PrintGCCause

-Xloggc:C:\Program Files\Atlassian\Application Data\JIRA\log\atlassian-jira-gc-%t.log

-XX:+UseGCLogFileRotation

-XX:NumberOfGCLogFiles=5

-XX:GCLogFileSize=20M

これらのプロパティはすでに存在し、ガベージ コレクションのチューニングで使用されます。

How to troubleshoot Jira Server performance with GC logs
Using Memory Dumps to Analyze OutOfMemoryErrors

-agentlib:yjpagent=onexit=memory,dir=/path/to/write/snapshots


YourKit でメモリと CPU の利用状況をプロファイリングする

メール プロパティ

注意

関連ページ

-Datlassian.mail.senddisabled
-Datlassian.mail.fetchdisabled
-Datlassian.mail.popdisabled

メールを無効にするには "true" に設定します。Linux の setenv.sh には、コメントを解除するためのフラグが存在します。

JIRA を他のサーバーに移行する
正しくない課題に通知を発行する

-Dmail.debug

"true" に設定すると、メールに関する情報がログに記述されます。

JIRA の SMTP メールサーバーに通知送信を設定する
メールから課題を作成、コメントする

-Dmail.mime.decodetext.strict


メールで課題を作成する際にメールの件名と本文のデコード不可

-Dmail.imap.auth.plain.disable
-Dmail.imaps.auth.plain.disable


Exchange 接続時の認証失敗エラー

-Dmail.imap.starttls.enable


IMAP over SSL による "javax.mail.MessagingException No login methods supported" エラー

-Dmail.mime.decodeparameters

RFC 2231 準拠のメール クライアントからのメールに対して適切に動作するようにメール ハンドラを設定します。


-Dmail.smtp.localhost


JIRA からのメール送信の問題 - EHLO がドメインのアドレスを要求している

エンコーディング プロパティ

注意

関連ページ

-Dfile.encoding

-Dsun.jnu.encoding

エンコーディングの一貫性のため、utf-8 に設定します。

ASCII サポート外の文字がクエスチョン マークで表示される
国際化とエンコーディングのトラブルシューティング
MySQLを利用した JIRA アプリケーションにおける課題の更新時やデータのインポート時のエンコーディングを原因とするSQL Exception
通知メールの件名の国際文字がクエスチョン マークに置き換えられる

その他のプロパティ

注意

関連ページ

-Duser.timezone


JIRA で正しくない時間が表示されている

-Dsvnkit.http.methods

Basic、Digest、Negotiate、NTLM を含む値

'java.lang.SecurityException Unable to locate a login configuration' というエラーで JIRA の起動に失敗する
SVN 認証時 Subversion プラグインが 'An unknown error occurred - actions == null' というメッセージを表示する

-Dorg.apache.jasper.runtime.BodyContentImpl.LIMIT_BUFFER

true

Tomcat のメモリ リークによる OutOfMemory
JRA-10145

-ea/-da

アサーションを有効化 / 無効化

SMTP 経由でメールを送信すると java.lang.AssertionError が発生する

-Djava.net.preferIPv4Stack


利用可能なポートで "Invalid argument" による SocketException が発生する

-Djavax.net.ssl.trustStore


SSL 経由の SMTP サーバーで "javax.net.ssl.SSLException" によりメールを送信できない

-Djava.awt.headless

デフォルトで true。サムネイルの生成を許可します


-Dhttp.proxyHost

-Dhttp.proxyPort

-Dhttps.proxyHost

-Dhttps.proxyPort

アウトバウンド プロキシ サーバ のホスト名とポート How to configure an outbound proxy for Jira Server
-Dorg.apache.catalina.SESSION_COOKIE_NAME
別のアトラシアン アプリケーションにログインすると Confluence からログアウトされる
-Datlassian.plugins.enable.wait

プラグインのロードのために JIRA が待つ時間

プラグインの有効化の待機中に JIRA システムプラグインのタイムアウトが発生

-Datlassian.plugins.startup.options="--disable-all-addons--disable-addons=com.atlassian.test.plugin"

Jira に対し、ユーザーがインストールしているすべてのアドオン、またはユーザーがインストールした特定のアドオンの起動を無効化した状態で起動することを許可します。手動起動およびアドオンの指定の詳細は、「Jira アプリケーションの起動と停止」を参照してください。 Start and Stop JIRA applications

最終更新日 2017 年 3 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.