他のツールとの連携

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Flowdock との統合

Flowdockを JIRA Cloud と統合できます。その場合は JIRA プロジェクトの課題は Flowdock フローに含まれるようになります。

JIRA プロジェクトを Flowdock フローにリンクさせる場合、コメント作成時に設定された制限レベルに関係なく、JIRA のすべてのコメントが Flowdock に表示されます。すべての JIRA コメントが表示されてもかまわない場合にのみ、JIRA プロジェクトを Flowdock にリンクするようにしてください。

JIRA で Flowdock を有効にするには、

  1. サイトに管理者としてログインします。
  2. プラグインの管理 > システム プラグインの表示 を選択します。
  3. JIRA 用 Flowdock を検索し、設定 をクリックします。設定されているすべての JIRA プロジェクトが、Flowdock 統合ページに表示されます。
  4. Flowdock フローに含める JIRA プロジェクトに対応する Flowdock API キーを入力します。
    Flowdock API キーを取得するには、Flowdock にログインし、各種の課題トラッカーとの統合 ページを表示します。API キーは JIRA 説明テキストに表示されます。
  5. 保存 をクリックします。API キー情報が保存され、Flowdock 統合ページが更新されます。

これで、設定された JIRA プロジェクトのあらゆる課題のアクティビティ(たとえば、課題作成、追加された課題コメント、更新された課題フィールドなど)に対するメッセージを Flowdock フローで受信します。

Zephyr との統合

JIRA クラウドに付属している Zephyr Enterprise Connector は Zephyr Enterprise および Zephyr Community Edition に欠陥メトリクスを送信します。このプラグインは、JIRA 用 Zephyr とは異なるプラグインです。 

JIRA で Zephyr を有効にするには、

  1. サイトに管理者としてログインします。
  2. プラグイン を選択します。ユーザーがインストール済みのプラ​​グインが一覧表示されます。
  3. ページの下部で、Zephyr Enterprise Connector を検索してクリックし、利用可能なオプションを表示します。
  4. 有効化 をクリックします 。Zephyr プラグインが有効になります。

Zephyr から JIRA に接続するには、

Zephyr の JIRA 概要とセットアップ ドキュメンテーションを参照してください。

関連トピック

Subversion との統合

JIRA と Subversion の統合により、各課題に関連する Subversion のコミット情報を表示できます。Subversion 統合は Atlassian FishEye を使用して実装できます。FishEye による統合ではソースコードや関連する JIRA との統合にスケーラビリティや洞察力、柔軟性 をもたらしますが、いずれのソリューションによっても、Subversion で行う関連コードの変更に JIRA をリンクさせることが可能です。


コミット ログが課題キー(上記の「TEST-3 」)をメンションしている場合、このタブにコミットが表示されます。

 

最終更新日 2017 年 3 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.