データベースの切り替え

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

JIRA では以下のデータベースへ移行することができます:

  1. 同一データベース サーバー上の異なるデータベース
  2. 異なるサーバー上の同種類のデータベース (例. ある PostgreSQL サーバーから別の PostgreSQL サーバーへ)
  3. 異なる種類のデータベース サーバー (例. MySQL サーバーから PostgreSQL サーバーへ)

(warning)JIRA を別のサーバーへ移行する場合は、代わりに 他のサーバーへの JIRA の移行 ドキュメントを参照してください。

切り替えを実行するには、どちらか適切な手順に従ってください:

JIRA のデータを同種類のデータベースに移行する

この手順に従うのは、JIRA のデータを次のデータベースに移行する場合です:

    • 同一データベース サーバー上の異なるデータベース、または、
    • 異なるデータベース サーバー上の同種類のデータベース (例. ある PostgreSQL サーバーから別の PostgreSQL サーバーへ)。
  1. お使いのデータベース サーバーのネイティブ ツールを使用して:
    • 同一データベース サーバー インストール上の新規データベースに JIRA データベースをコピーする、または、
    • 異なるデータベース サーバー上の同じ種類の新規データベース に JIRA データベースをコピー/移行します。
      (info)  注意: 
      • 上記のどちらの作業も実行できない場合は、代わりに、JIRA のデータを異なる種類のデータベース サーバーへ移行する 手順 (下記) に従ってください。
      • この手順に従って、JIRA のデータを異なる種類のデータベース サーバーに移行することも可能です (例. MySQL から PostgreSQL へ)。しかし、この処理をサポートするツールを見つける必要があります。さらに、この方法に対してはアトラシアンはサポートを提供しません。
  2. 新規データベースへの JIRA データの追加が完了したら、JIRA サーバーをシャットダウンします。
  3. JIRA ホーム ディレクトリ JIRA インストールディレクトリ のバックアップを作成します。
  4. JIRA サーバーのデータベースへの接続を再設定します:
    • If you installed a 'Recommended' distribution of JIRA, you can use the JIRA configuration tool (by running bin/config.sh (for Linux/Solaris) or bin\config.bat (for Windows) in your JIRA installation directory), which provides a convenient GUI that allows you to reconfigure JIRA's database connection settings.
    • If any of the following points applies to your situation, you need to manually configure the dbconfig.xml file in your JIRA home directory. Refer to the appropriate database configuration guide in the Connecting JIRA to a database  section for the manual configuration instructions.
      • コンソール限定で JIRA サーバーに接続している
      • データベース接続を手動で設定することを希望する (設定のカスタマイズが目的で)

JIRA のデータを異なる種類のデータベース サーバーへ移行する

JIRA のデータを異なる種類のデータベース サーバーに移行するには (例. MySQL サーバーから PostgreSQL サーバーへ)、次の手順に従ってください。

(tick) JIRA インストールが内部 H2 データベース(JIRA 評価用としてのみサポート)を使用中で、JIRA インストールを(本番環境で使用している JIRA インストールをサポート対象とする)  サポート対象データベース を使用するように切り替える場合にも、この手順を利用できます。

  1. XML バックアップとしてデータのエクスポートを作成します。詳細については、データのバックアップ を参照してください。
  2. 新しいデータベース サーバーに新規データベースを作成し、JIRA のデータを格納します。データベース作成の手順に関しては、JIRA のデータベース接続  セクションにある、適切なデータベース設定を参照してください。
  3. JIRA サーバーをシャットダウンします。
  4. JIRA ホーム ディレクトリ JIRA インストールディレクトリ のバックアップを作成します。
  5. Delete the dbconfig.xml file in your JIRA home directory.
  6. JIRA を再起動します。データベース接続の設定については、JIRA セットアップ ウィザードのステップ 1 を参照してください。
  7. (上記 2 で作成した) 新規データベースへの JIRA の接続を設定し、Next ボタンをクリックします。
  8. 「アプリケーションプロパティ」設定ページで、「既存のデータのインポート」リンクをクリックし、上記のステップ 1 で作成した XML バックアップからデータを復元します。

既知の問題

最終更新日 2018 年 3 月 13 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.