Bitbucket からのデータのインポート

JIRA Bitbucket Importer プラグイン を利用すると、Bitbucket からローカルの JIRA インスタンスにデータをインポートすることができます。

はじめる前に

(warning)注: 次のすべての手順では、JIRA 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインする必要があります。

Bitbucket データのインポート

JIRA Bitbucket Importer プラグインにより、データをインポートして JIRA と統合するプロセス全体を案内するウィザードが提供されます。 インストール後、ウィザードを実行して Bitbucket データをインポートします。

  1. > [システム] の順に選択します。 
  2.  インポートとエクスポートセクションで Bitbucket インポート を選択します。
  3. ウィザードに従って各フィールドに入力します。サイトの設定によっては、データのエクスポートに必要な権限を設定するために Bitbucket にリダイレクトされることがあります。

Bitbucket の課題を既存の JIRA プロジェクトにインポートする場合、ワークフロースキームの選択が求められたときに、既存の JIRA プロジェクトで使用されている JIRA ワークフロースキームを選択する必要があります。そうしないと、インポートが正常に完了しない可能性があります。

また、JIRA ワークフローで課題を扱うには、Bitbucket のステータスを JIRA のステータスにマッピングする必要があります。

Bitbucket データを JIRA のフィールドにインポートするためのヒント

インポートプロセスでは、次のように Bitbucket データが変換されます。

Bitbucket 内

JIRA 内

インポート時の注意

リポジトリ

Project

Bitbucket データはプロジェクトベースでインポートされます。ターゲットとして既存の JIRA プロジェクトを指定できます。または、インポート時にインポーターによって自動的にプロジェクトが作成されます。JIRA プロジェクトの詳細については、「プロジェクトの定義」を参照してください。

タイトル

概要

Bitbucket の件名は JIRA の課題サマリとしてインポートされます。

作業ログ 作業ログ 「タイムトラッキングの設定」を参照してください。
報告者 報告者 Bitbucket の課題作成者は JIRA の課題報告者としてマッピングされます。

添付ファイル

添付ファイル

添付ファイルは Bitbucket から抽出され、保存されます。ファイルが添付された日付と添付したユーザーに関する情報も保存されます。添付ファイルの保存場所を指定するには、「ファイル添付を設定する」を参照してください。

種類

Issue Type

特定の種類から特定の JIRA 課題タイプへのマッピングを設定できます。

Priority

Priority

Bitbucket の特定の値から JIRA の特定の値へのマッピングを設定できます。

Status

Status

インポーターを実行する前に JIRA でワークフローを作成している場合、Bitbucket の特定の値から JIRA の特定の値へのマッピングを設定できます。

  • JIRA のステータスフィールドは JIRA ワークフローに不可欠です。
  • JIRA ワークフローを作成するには、「ワークフローで作業する」を参照してください。
  • (適切なプロジェクトや課題タイプに関連付けられる) JIRA ワークフロースキームを作成するには、「ワークフローを管理する」を参照してください。

ユーザー

ユーザー

Bitbucket ユーザーが JIRA に存在しない場合は、インポーターで JIRA ユーザーを自動的に作成できます。

  • Bitbucket システムで扱うユーザーは、JIRA のアクティブアカウントとして作成されます。 他のユーザーは "bitbucket-import-unused-users" という特別なグループにインポートされ、非アクティブ化されます。
  • Bitbucket のパスワードはインポートされません。Bitbucket ユーザーは JIRA への初回のログイン時にパスワードを電子メールで通知してもらう必要があります。
  • 外部ユーザー管理を使用している場合、インポートプロセスでは JIRA ユーザーを作成できません。代わりに、インポーターによって作成する必要がある新規ユーザーのリストが提供されます。インポートを開始する前に、外部のユーザーリポジトリでユーザーを作成する必要があります。
  • ユーザー数制限付きライセンス (例: パーソナルライセンス) で、必要なユーザー数が制限数を超える場合、インポートは停止されます。作成できないユーザーのリストを示すページが表示されます。
最終更新日 2017 年 4 月 28 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.