高速アップグレード手法による JIRA アプリケーションのアップグレード

JIRA 7.0 より前のバージョンからアップグレードする場合、「 移行ハブ」を参照してください。JIRA 7.0 のリリースではユーザー管理、アプリケーション アクセスとログイン権限、および JIRA インストールセットアップに影響を与える機能が含まれていました。したがって、アップグレード前に要件と影響について理解しておくことが非常に重要です。移行ハブには、このすべての情報が便利な1つのスペースにまとめられています。

このページでは、JIRA プラットフォームのバージョン 4.3.0 以降のアップグレードを可能なかぎり最速で実行する方法について説明します。この方法は、アップグレードの前に別にテスト インスタンスをセットアップする必要がないため、時間を節約できます (つまり、JIRA アプリケーションを「その場で」アップグレードします)。ただし、ご使用の JIRA アプリケーションがミッション クリティカルではなく、アップグレード中に JIRA アプリケーションが利用できなくてもユーザーやビジネスに悪影響を与えないことを前提にしています。

Windows または Linux にインストールされている JIRA プラットフォーム バージョン 4.3.0 以降からアップグレードする場合、 JIRA アプリケーションのアップグレードにはこの方法を使用してください。JIRA アプリケーションのアップグレードに使用できる方法について詳細は、「JIRA アプリケーションのアップグレード」を参照してください。

このページの内容:

始める前に

  • 新しいバージョンについて読む - アップグレードしようとしている JIRA バージョンのリリースノートやアップグレードに関する注意事項を確認します。JIRA サーバーのリリースノートを参照してください。アップグレード中にいくつかの JIRA バージョンをスキップする予定がある場合は、現在のバージョンから目的のアップグレードバージョンの間のすべてのメジャーバージョンに関するアップグレードガイドを読むことを強くお勧めします。
  • ライセンスの確認 – お客様の ライセンスサポート期間 が有効期間内であることを確認します。
  • 既知の問題の確認 - 影響を与える新しいバージョンの問題点を検索するには、JIRA ナレッジベースを利用します。
  • 互換性の確認:
    • お客様のオペレーティングシステム、データベース、その他の利用可能なプラットフォームおよびハードウェアが JIRA 7.2 の 要件 を満たしていることを確認します。サポート終了のお知らせのページにも、今後リリースする JIRA のバージョンにおけるプラットフォームサポートに関する重要な情報が記載されています。
    • If you have installed JIRA plugins (i.e. not included with JIRA), verify that they will be compatible with the version of JIRA you are upgrading to. You can find a plugin's compatibility information from the plugin's home page on the Atlassian Marketplace.
    • ウィルス対策ツールやインターネットセキュリティーツールの中には JIRA アップグレードの障害となるものがあり、アップグレードが成功しないことがあります。ウィルス対策ツールやインターネットセキュリティーツールに関して、お客様がそのような経験をお持ちであるか、またはそのような事態に陥る恐れがある場合は、JIRA のアップグレード作業に入る前にまずこれらのツールを無効にしてください。
  • JIRA の新しいバージョンの事前ステージングとテスト - 最初に、テスト環境でアップグレードを実行することを強くお勧めします。 テスト環境におけるアップグレードが成功しない限り、本番環境の JIRA サーバをアップグレードしないでください。
    • テスト環境におけるアップグレードで解決できない問題がある場合、弊社サポートサイトで課題を作成してサポートを受けてください。
    • 本番環境の JIRA サーバのアップグレード中に問題が発生した場合は、サーバをユーザに利用させてはいけません。代わりに、以下を行って下さい:
      • 古い JIRA サーバを引き続き使用して下さい。これによって、本番環境のデータが失われずに済みます。
      • また、サポートサイトで課題を作成していただくことで、弊社はアップグレードに伴う様々な問題をお客様が解決できるよう支援できます。
      事前ステージングとテストに関する説明
      1. アップグレード後の JIRA システムのテストを行う際に本番環境用データのコピーを利用する場合は、お客様のシステムにネイティブに備えられているデータベースバックアップツールを使用してコピーを作成しておきます。「データのバックアップ」を参照してください。また、データベースのコピー作成を省略して新しいデータベースをテストに使用することもできます。
      2. アップグレードする JIRA のバージョンを、テスト用システム (テスト用サーバーか、または既存システムの別のディレクトリ) にインストールします。これは、アップグレードプロセスが完了すると新たな本番環境システムとなります。JIRA の新しいバージョンのインストールは、「 JIRA アプリケーションのインストール」の説明に従ってください。

      3. カスタム設定を行っている場合は、それを本番システムに移行します。「別のサーバーへの JIRA の移行」ページの手順 3.4 (既存の JIRA の設定を新しい JIRA インストールに移行) の説明に従ってください。
      4. JIRA の新しいバーションを本番環境用データベースのコピー (既存の本番環境用データベースではありません) または新しいテスト用データベースに接続します。詳細は、「JIRA のデータベース接続 」を参照してください。
      5. 新しいバーションの JIRA を起動します。テストシステムから意図しない電子メールをユーザーに送信することなく電子メール関連の設定のテストを行う方法については次のナレッジベースドキュメント をご覧ください : How to Prepare a Development Server's Mail Configuration
      6. 元のバージョンの JIRA で使用しているプラグインをインストールします。プラグインによっては、JIRA のバージョンが変わると互換性が失われるものがありますので、この手順では新しい JIRA のバージョンに対応してプラグインがアップデートされていることを確認する必要があります。
      7. JIRA のインデックス再構築 を行って新しいプラグインの情報をインデックスに反映します。
      8. Check out the features and functionality you use in the new version to understand how they behave and how any changes will impact your team. It can be very helpful to have a group of users look at the new system and carry out their usual tasks to make sure they won't run into any issues when the new version is in production.
        When you are ready to begin the process of migrating your production data to this new version, shut down JIRA (for example, by executing either the /bin/stop-jira.sh or \bin\stop-jira.bat file in your JIRA application installation directory, or by stopping the JIRA service).

 

1. カスタマイズの確認

高速アップグレード手法では、インストーラーが自動的に多くのアップグレード作業を実行してくれます。しかし、JIRA アプリケーション インストールがカスタマイズされている場合、カスタマイズしたファイルをアップグレードしたインストールに手動で移行する必要があります。インストー ラーが自動で確認し、移行するものは次のとおりです。

  • アプリケーションサーバー内のデータソースとして定義されているレガシーデータベース設定 (JIRA 4.3.x 以前で使用) をプラットフォーム バージョン 4.4 以降で使用されている新しいデータベース設定に移行。詳細は、JIRA 4.4 アップグレードノートを参照してください。
  • TCP port values in your existing JIRA application installation's server.xml file. Other configurations or customizations in this file are not migrated.
  • Custom values in your existing JIRA application installation's jira-application.properties and setenv.sh / setenv.bat files.
    (info) In the setenv.sh / setenv.bat file, only the following values are migrated:
    • JVM_SUPPORT_RECOMMENDED_ARGS
    • JVM_MINIMUM_MEMORY
    • JVM_MAXIMUM_MEMORY
    • JIRA_MAX_PERM_SIZE
  • If JIRA is running as a service on Windows, the Java startup options configured for the service (as described in Setting properties and options on startup - Windows service) will be reset to the defaults. If you've changed memory allocation settings or added any non-default parameters, make sure to save that information before proceeding with the upgrade. If not manually saved, these settings will be lost.

During the upgrade process, the installer detects and notifies you of any files (other than jira-application.properties and setenv.sh / setenv.bat) in the atlassian-jira subdirectory of your existing JIRA application installation directory, which had been deleted, added or modified from a 'default' JIRA application installation. If you have made customizations to your seraph-config.xml file or any other file customizations in your JIRA application installation directory which are not handled by the upgrade wizard, you must migrate these to the upgraded JIRA application installation manually.

このアップグレード フィーチャーは、既存のJIRA アプリケーションのホームディレクトリも再使用するため、前の JIRA アプリケーション インストールのこのディレクトリに保存されている重要なデータはすべて JIRA アプリケーションのアップグレード後も保持されます。

(info) 注意:

  • アップグレードプロセスでは、ご使用のデータベースのバックアップユーティリティを使用して、データベースのバックアップを実行するよう要求されます。ご使用のデータベースがオンラインバックアップに対応していない場合、アップグレードプロセスを停止して JIRA アプリケーションをシャットダウンし、データベースバックアップを実行してから、アップグレードプロセスを再開して続行できます。
  • インストーラーは、既存の JIRA アプリケーションインストールのインストールディレクトリおよびホームディレクトリを自動でバックアップします。JIRA アプリケーション ホームディレクトリ以外の場所に添付ファイルやインデックス ファイルがある場合、それらのファイルは手動でバックアップする必要があります。ご使用の環境でこれらのディレクトリの場所を見つけるには、次のページを参照してくだ さい。
    • 添付ファイル ディレクトリ — ご使用の JIRA アプリケーションバージョンの 「ファイル添付の設定」ページを参照してください。
    • インデックスディレクトリ — ご使用の JIRA アプリケーションバージョンの「 インデックス作成の検索」ページを参照してください。

2. 外部データベースのバックアップ

アップグレード ウィザード起動後、アップグレードを開始する前に、外部データベースをバックアップするように指示が出ます。データベースのネイティブ バックアップ ツールを使用してデータベースをバックアップできますが、次の点に注意してください:

  • ご使用のデータベースのネイティブ バックアップ ツールがオンライン バックアップ (通常、データベース使用中に JIRA アプリケーション データベースの「スナップショット」を作成するバックアップ) に対応している場合、アップグレード ウィザードを起動したまま、データベースのバックアップを実行できます。その後、データベースのバックアップが正しく作成されたことを確認してから、アップグ レード ウィザードを続行できます。
  • ご使用のデータベースのネイティブ バックアップ ツールで JIRA アプリケーション データベースのオンライン バックアップを実行できない場合は、以下を実行してください。
    1. データベースをバックアップするように指示が出たら、アップグレード ウィザードを終了します。
    2. 一時的に JIRA アプリケーションへのアクセスを制限し、ユーザーが既存の JIRA アプリケーション データを更新できないようにします (データベース バックアップの構造上の一貫性を確保するため)。詳細は、「バックアップ中の JIRA アプリケーションへのユーザー アクセスを防止する」ページを参照してください。
    3. ご使用のデータベースのネイティブ バックアップ ツールを使用して、JIRA アプリケーション データベースの「オフライン バックアップ」を実行し、バックアップが正しく作成されたことを確認します。
    4. Linux / Windows インストーラーを再起動し、中断地点からアップグレード ウィザードを再開します。
  • JIRA アプリケーションの「内蔵」データベースは H2 です。これは、JIRA アプリケーションの評価目的限定で使用されるものです。この H2 データベースを誤って本番システムで使用している場合、バックアップの指示が出された時にアップグレード ウィザードを終了し、「別のサーバーへの JIRA アプリケーションの移行 」手順に従って JIRA アプリケーションをアップグレードします。

(warning)一貫性の無いデータベースバックアップは、適切なリストアを実行できない可能性があります!お使いのデータベースのネイティブ バックアップ/復元ツールに詳しくない場合、作業を続ける前に、次の手段でデータベースのバックアップの整合性をテストしてください :

  • データベースのバックアップを別の (テスト) システムで復元する
  • 現在の JIRA アプリケーション バージョンのテスト インスタンスをこの復元したデータベースに接続する

3. アップグレードの実行

お使いの OS のアップグレード説明を参照してください:

JIRA アプリケーションのアップグレード (Windows)

  1. JIRA アプリケーション ダウンロードページから、「JIRA Windows インストーラー」 (.exe) ファイル (新しい JIRA アプリケーション バージョン用) をダウンロードします。
  2. ご使用の JIRA アプリケーションをシャットダウンします。
  3. 「.exe」ファイルを実行してアップグレードウィザードを開始します。
    (info) Windows 7 (または Vista) の「ユーザー アカウント制御」 ダイアログボックスで、アップグレードウィザードがコンピューターに変更を加えることを許可するかどうか尋ねられたら、はいをクリックします。「はい」を選択しないと、ご利用の OS に対するインストールウィザードのアクセスが制限され、その後のインスト―ルオプションも制限されます。
  4. “Upgrading JIRA?” のステップで、 Upgrade an existing JIRA installation (既存 JIRA インストールをアップグレードする) のオプションを選びます。
  5. 既存の JIRA インストールディレクトリ フィールドで、アップグレードする JIRA インストールの JIRA アプリケーション インストールディレクトリ を指定します。
    (info) アップグレード ウィザードは、既存の JIRA インストールを検出し、その場所をこのフィールドの事前設定に使用します。ただし、必ずこの場所を確認してください。同一マシン上で複数の JIRA インストールを稼働している場合は特に確認が必要です。
  6. この後のアップグレード ウィザードのステップでのオプション指定や実行は次の通りです:
    1. 「JIRA ディレクトリのバックアップ」ステップで、これらのディレクトリをバックアップオプションが選択されていることを確認します。これにより、既存の JIRA インストールディレクトリと JIRA ホームディレクトリをバックアップした zip アーカイブ ファイルがそれぞれの親ディレクトリの場所に作成されます。
      (info) 注意:
      • このオプションの選択を強く推奨します!
      • At this point, the upgrade wizard notes any customizations in your existing JIRA installation directory which it cannot automatically migrate to your upgraded JIRA installation. If you are informed of any files containing such customizations, please make a note of these files as you will need to manually migrate their customizations (which are not mentioned in the overview above) to your upgraded JIRA installation.

        SSL configuration

        - The upgrade wizard cannot automatically migrate the SSL configuration defined in the conf/server.xml file of the JIRA installation directory.

        - If you're using the bundled JRE for JIRA (located in the JRE folder of the JIRA installation directory), then the upgrade wizard cannot import the SSL certs into the new JRE after the upgrade as well. You will need to import the SSL certs into the new JRE. For more information on importing SSL certs, see Running JIRA applications over SSL or HTTPS.



  7. アップグレード ウィザードの最終ステップで、アップグレードを確認するために、アップグレードしたJIRA インストールをブラウザーで起動するオプションを選択します。

以上で、Windows 上の JIRA インストールのアップグレードは完了です!

JIRA のアップグレード (Linux)

  1. ご使用の OS に適した、新しいバージョンの JIRA 向けの JIRA Linux 64 ビッド/32 ビットインストーラー (.bin) ファイルを JIRA ダウンロードページ からダウンロードします。
  2. JIRA をシャットダウンします。
  3. Open a Linux console and change directory (cd) to the '.bin' file's directory.
    (warning) If the '.bin' file is not executable after downloading it, make it executable, for example:
    chmod a+x atlassian-jira-X.Y.bin
    (where X.Y represents your version of JIRA)
  4. “.bin” ファイルを実行し、アップグレード ウィザードを起動します。
  5. 新規 JIRA インストールを作成するか、既存 JIRA インストールをアップグレードするかを選ぶ指示が表示されたら、Upgrade an existing JIRA installation (既存 JIRA インストールをアップグレードする) オプションを選びます。
  6. アップグレードする JIRA インストールの JIRA インストールディレクトリ を指定します。
    (info) アップグレード ウィザードは、既存の JIRA インストールを検出し、その場所を選択肢として示します。ただし、必ずこの場所を確認してください。同一マシン上で複数の JIRA インストールを稼働している場合は特に確認が必要です。
  7. この後のアップグレード ウィザードのステップでのオプション指定や実行は次の通りです:
    1. JIRA のディレクトリをバックアップするオプションを選択します。これにより、既存の JIRA インストールディレクトリと JIRA ホームディレクトリをバックアップした zip アーカイブ ファイルがそれぞれの親ディレクトリの場所に作成されます。
      (info) 注意:
      • このオプションの選択を強く推奨します!
      • At this point, the upgrade wizard notes any customizations in your existing JIRA installation directory which it cannot automatically migrate to your upgraded JIRA installation. If you are informed of any files containing such customizations, please make a note of these files as you will need to manually migrate their customizations (which are not mentioned in the overview above) to your upgraded JIRA installation.

        SSL configuration

        - The upgrade wizard cannot automatically migrate the SSL configuration defined in the conf/server.xml file of the JIRA installation directory.


        - If you're using the bundled JRE for JIRA (located in the JRE folder of the JIRA installation directory), then the upgrade wizard cannot import the SSL certs into the new JRE after the upgrade as well. You will need to import the SSL certs into the new JRE. For more information on importing SSL certs, see Running JIRA applications over SSL or HTTPS.


        - If you're using the system JRE, you won't have to import the SSL certs into the new JRE after the upgrade, since the JRE would already have the SSL certs after the upgrade. You just need to ensure that JIRA is using the system JRE. To do this, you will need to perform the changes in catalina.sh, as discussed in How to Use System JRE Instead of Embedded JRE.



    2. 「アップグレードチェックリスト」ステップ で、外部データベースをバックアップします。データベースのバックアップは既に実行済みかもしれません (ステップ 2: 外部データベースのバックアップ)。
    3. “Upgrade Check List” ステップの後、既存 JIRA インストールが起動中の場合はシャットダウンされます。その後、アップグレード ウィザードで:
      1. 既存 JIRA インストールをバックアップします。
      2. 既存 JIRA Installation Directory のコンテンツを削除します。
      3. 既存 JIRA Installation Directory に新しい JIRA バージョンをインストールします。
      4. 新しい (アップグレードした) JIRA インストールを起動します。
        (warning) アップグレードした JIRA インストールに手動で移行する必要があるカスタマイズされたファイルを指摘された場合は (上記)、続けて:
        1. アップグレードした JIRA インストールを終了します。
        2. アップグレードした JIRA アプリケーション インストールディレクトリ にこれらのファイルからカスタマイズを移行します。
        3. アップグレードした JIRA インストールを再起動します。

          既存の設定の移行に関する説明

          既存の JIRA インストールの設定ファイルを修正した場合は、新しい JIRA インストールにも同様の修正を適用してください。ただし、設定ファイル内のプロパティはバージョンによって異なるため、既存のインストールから設定ファイルを単純にコピーして、新しいインストールの該当するファイルを置き換えることはできません。

          For each file you have modified in your existing JIRA installation, you need to manually edit each equivalent file in your new JIRA installation and re-apply your modifications. If a file is not present in your new JIRA installation (for example, osuser.xml in recent JIRA versions), then simply copy that file over to your new JIRA installation.

          以下の表は、最もよく変更されるファイルと、JIRA インストールディレクトリ内の各ファイルの場所を示しています。

          ファイル

          「おすすめ」(以前の「スタンドアロン」の JIRA ディストリビューションの保存場所

          説明

          jira-application.properties

          atlassian-jira/WEB-INF/classes

          Location of the JIRA Home Directory and Advanced JIRA Configuration in JIRA 4.3.x and earlier.

          Any custom property values defined in the jira-application.properties file of your existing JIRA 4.3.x (or earlier) installation must be migrated across to the jira-application.properties file of your new JIRA 7.2 installation before you start your new JIRA installation.

          Upon starting your new JIRA installation, any custom property values in the jira-application.properties file will automatically be migrated across to either the JIRA database or jira-config.properties file. jira.home is the only property of the jira-application.properties file subsequently used by JIRA.

          setenv.bat (Windows) または setenv.sh (Linux)

          bin

          JIRA メモリの容量を増やす

          osuser.xml
          (JIRA 4.3.0 以降からのアップグレードの場合は不要)

          atlassian-jira/WEB-INF/classes

          LDAP を JIRA 統合Crowd と JIRA を統合、外部のユーザー管理またはユーザー認証のカスタム フォームを使用している場合に修正します。

          seraph-config.xml

          atlassian-jira/WEB-INF/classes

          Crowd を JIRA と統合した場合に修正します。

          server.xml

          conf

          次のような場合に修正します。

          (tick) バージョン固有のアップグレードに関する注意事項には、一般的に変更されるファイルで変更された可能性のあるプロパティに関する詳細も含まれます。

          上記のファイル以外にも、アップグレードのプロセスにて以下の設定を考慮・実行する必要があります。

          • JIRA をアトラシアンの Crowd と併用する場合 — Crowd と JIRA を併用する場合、「JIRA と Crowd の統合」に記載されているとおり、新しい JIRA が Crowd と通信するように設定します。
            • JIRA の新しいホスト名/IP アクセスを許可するように Crowd を設定します。
          • 追加メモリを JIRA に割り当てる — 過去に追加メモリを JIRA に割り当てたことがある場合は、新しい JIRA インスタンスに対しても同様に実行します。 詳細は、「JIRA のメモリ容量を増やす」を参照してください。
          • プラグイン — 古い JIRA にインストールしたプラグインについては、 http://plugins.atlassian.com サイトから JIRA の新しいバージョン用のプラグイン バージョンをダウンロードします。
          • 文字エンコード — 文字エンコード (ロケール) が新しい場所と古い場所で同じであることを確認します。 エンコードの互換性がない2つのシステム間で添付ファイルを移動した場合、新しいバージョンの JIRA が正常に動作しない場合があります。
          • カスタマイズ — カスタマイズを行った場合(コード、テンプレート、設定ファイルなど)は、これらの変更の互換バージョンを新しい JIRA へコピーします。(ユーザーの古いバージョンをカスタマイズした組織内の開発者は、新しいバージョンに対しても同等の変更のビルドとテストを行って、アップグレード後の JIRA インストールへコピーするファイルをユーザーに提供する必要があります。)
          • (オプション) 別のポートで JIRA を実行する— 新しい JIRA が古い JIRA と同一マシン上にインストールされている場合、(古い JIRA の再起動が必要になった場合に備えて) 別々のポートで実行していることを確認することができます。詳細は、「JIRA の TCP ポートの変更」を参照してください。

  8. アップグレード ウィザードの最終ステップで、アップグレードを確認するために、アップグレードした JIRA インストールをブラウザーで起動するオプションを選択します。

以上で、Linux 上の JIRA インストールのアップグレードは完了です!

4. ポストアップグレードのチェックおよびタスク

Once you have confirmed the availability of compatible versions, you should upgrade your plugins after successfully upgrading JIRA. This can be done via  > Add-ons > Manage add-ons. If JIRA is running as a service in Windows, remember to update your Java settings to match your previous configuration.

以上で、JIRA のアップグレードは完了です!

最終更新日 2018 年 5 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.