ワークフローを管理する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ワークフローを JIRA で使用するにはアクティブ化する必要があります。ワークフローのアクティブ化はワークフローをワークフロー スキームにマップングする過程であり、その後ワークフローをプロジェクトに関連付けます。ワークフロー スキームを構成するには、「ワークフロー スキームを構成する」を参照してください。

ワークフロースキームは、ワークフローと課題タイプの関係 –またはマッピング– を定義しています。ワークフロースキームはプロジェクトと関連付けられていて、プロジェクトと課題タイプの組み合わせに応じて、異なった​​ワークフローの使用を可能にします。

次のすべての手順を行うには、 JIRA 管理者 グローバル権限 を持つユーザーとしてログインする必要があります。

このページの内容:

ワークフローをアクティブ化する

アクティブなワークフローとは現在使用されているもののことで、非アクティブなワークフローとは、どのワークフロー スキームにも関連付けられていない、またはどのプロジェクトにも関連付けられていないワークフロー スキームに関連付けられいるもののことを指します。アクティブなワークフロー スキームとはプロジェクトに関連付けられているもののことで、非アクティブなワークフロー スキームはそうでないものを指します。

  1. ワークフロー スキームを作成、または既存のワークフロー スキームを検索します。「ワークフロー スキームの構成」の説明を参照してください。
  2. ワークフローを使用するため、ワークフロー スキームを構成します。「ワークフロー スキームの構成」の説明を参照してください。
    以下の「ワークフロー スキームをプロジェクトに関連付ける」セクションに書かれている方法で、ワークフロー スキームをプロジェクトに関連付けます。

プロジェクトのワークフローを管理する

ワークフロー スキームの関連付け、インポート、エクスポート、アップロード、共有によってワークフローを管理することができます。

ワークフロー スキームをプロジェクトに関連付ける

1つのワークフロー スキームを1つ以上のプロジェクトに関連付けることができますが、特定のプロジェクトに関連付けられるワークフロー スキームは1つだけです。プロジェクトに関連付けられている課題タイプ スキームはそのプロジェクトが利用できる課題タイプを定義します。プロジェクトの課題タイプ スキームに課題タイプが定義されていない場合、ワークフローは利用できません。

  1. Choose > Projects.  The Project Summary page is displayed.
  2. プロジェクト サマリー ページ の左側のワークフローをクリックします(画面中央のワークフロー セクションにある詳細リンクをクリックしても構いません)。これはプロジェクトに使用される現在のワークフロー スキームです。
  3. スキームの切り替えリンクをクリックし、プロジェクトにワークフロー スキームを関連付けるページを表示します。

  4. スキームリストから関連するワークフロー スキームを選択し、関連付けるボタンをクリックして移行プロセスを開始します。
    各課題は有効な状態にしておく必要があります。課題の有効な状態はワークフローによって定義されます。これはワークフローを変更する際、変更後に特定の課題のステータスを JIRA に伝える必要があるかもしれないことを意味しています。

  5. 全てのプロジェクトの課題を更新されたスキームのワークフローへ移行している進捗状況が画面に表示されます。処理が終了したことを確認します。

プロジェクトからワークフロー スキームの関連付けを解除する

JIRA プロジェクトは常にワークフロー スキームと関連付けられている必要があるため、たとえワークフローが単一の課題作成トランジションで構成されているとしても、すべての課題はワークフローを進む必要があります。デフォルトでは、無編集のワークフローを持つ全ての JIRA プロジェクトは JIRA システム ワークフローを使用します。ワークフロー スキームの関連付けの解除はプロジェクトのワークフローを JIRA のデフォルト ワークフロー スキームに再度関連付けます。

  1. 上記の「プロジェクトにワークフロー スキームを関連付ける」の説明に従います。
  2. スキーム リストからワークフロー スキームを選択するときに、デフォルトワークフロー スキームを選択します。
  3. 関連付けボタンをクリックし、全てのプロジェクトの課題の移行を案内するウィザードの指示に従います。

ワークフローをエクスポートする

ワークフロー共有機能は異なる JIRA インスタンス上で組織の別チーム、または Atlassian Marketplace を介して他の組織の外部の人へのワークフローの共有を可能にします。この機能は他の人が発行したワークフローを簡単に共有・使用したり、組織内でステージング環境から商用環境にワークフローを移動することを可能にします。JIRA ワークフローを他の JIRA のインスタンスと共有、または Atlassian Marketplace にアップロードする場合、まずそれをダウンロードする必要があります。 

  1. > [課題] を選択します。 
  2. 左側のパネルのワークフロー セクションをクリックして、共有したいワークフローを検索します。
  3. 操作列の下の参照または編集をクリックします。
  4. エクスポート > ワークフローとしてエクスポートを選択し、次へをクリックして次に進みます。
  5. メモの追加フィールドで、特別な設定メモ、例えばインストールすべきプラグインの情報を追加します。ワークフローの一部(例:プラグイン、投稿機能、条件、バリデータ)を破棄するときに、JIRA はこれらのメモを自動的に取り込みます。
  6. エクスポートをクリックしてダウンロード先を選択します。ダウンロード先がパブリックにアクセス可能であることを確認します。

Atlassian Marketplace にアップロードする

他の JIRA ユーザとワークフローを共有するには、Atlassian Marketplace にアップロードします。

  1. Atlassian Marketplace でアカウントを作るかログインし、アドオンの管理(詳細は「Paid-via-Atlassian を登録する手順」を参照してください)を選択します
  2. 新しいアドオンの作成をクリックします。
  3. このアドオンは直接インストール出来ません」を選択します 「アドオンの種類」が「プラグインではありません」と表示されていることを確認します)。
    サーバーでワークフローのホストとなる必要があり、バイナリ URL テキストボックスに関連するワークフローをエクスポートする場所の情報を追加する必要があります。これは前の説明の手順6で指定した場所である必要があります。
  4. 送信フォームに入力し、以下の点を確認します。
    1. サマリー フィールドはユーザが Marketplace で検索した際に表示される情報を含んでいること。 
    2. ワークフローのカテゴリはワークフロー バンドルであること。ワークフロー バンドルを選択すると、他の JIRA ユーザがワークフローを見ることができるようになります。
    3. アドオン キーはアプリケーションを一意に識別するために一意である必要があり、アプリケーションの URL になります。

1度のセッションでフォームを完全に埋める必要はありません。フォームを保存し、後で編集することができます。Atlassian Marketplace Vendor Agreement に承諾すると、システムはAtlassian's Developer Relations team による審査のためアドオンを提出します。

ワークフローをインポートする

ワークフローのカスタム フィールドをインポートする

ワークフローに無効なカスタムフィールドが含まれている場合、ワークフロー インポーターはインポートする前に有効化するまでこれらのフィールドを作成しません。このことについて警告が表示されます。修正するには、インポートを進める前にカスタムフィールドを有効化する必要があります。

  1. 表示された警告メッセージで強調表示されたカスタムフィールドの種類と検索プラグインをクリックします。新しいウィンドウでプラグインを開き、右側にスクロールし、必要な変更を実施します。
  2. クリックして有効なモジュールの一覧を拡張します。
  3. 無効になっているモジュールを検索し、有効化します。

Custom Field Types & Searchers プラグインの対応するモジュールを有効にしたら、概要ページに戻って作業を続行します。最初にページを更新する必要がある場合があります。アドオンのインストールに関する詳細は、「インストール済みのアプリケーションを表示する」を参照してください。

Atlassian Marketplace からインポートする

ここでは Atlassian Marketplace からワークフローをインポートする手順を説明します。

  1. > [課題] を選択します。 
  2. 左側のパネルのワークフローセクションをクリックします。
  3. 画面右上のインポート > ワークフローのインポートを選択します。
  4. デフォルトでAtlassian Marketplace からオプションが選択されています。
  5. インポートしたいワークフローを検索し、選択ボタンをクリックします。
  6. ローカル インスタンスからインポートする手順の手順5から8までを実施します。

ローカルインスタンスからインポートする

ここではローカル インスタンスからワークフローをインポートする手順を説明します。(info)この機能を実施するにはシステム管理者としてログインする必要があります。

  1. 左側のパネルのワークフローセクションをクリックします。
  2. インポート > ワークフローのインポートを選択します。
  3. コンピュータからアップロードしたいワークフローを選択し、次へをクリックします。
  4. JIRA はワークフローの名前を自動的に生成しますが、お好みに応じて変更することができます。次へをクリックします。
  5. 次に、以下に示すようなワークフローのステータスの詳細を示す画面が表示されます。この時点で、既存のワークフローのステータスにワークフローの手順をマッピングしたり、新しいステータスを作成することができます。完了したら次へをクリックして次に進みます。
  6. インポートのプレビュー画面で、画面下部のインポートをクリックし、変更に同意してワークフローをインポートします。
  7. ワークフローがインポートされ、追加設定の詳細を示す画面が表示されます。完了をクリックして、このプロセスを終了します。
    (info)すべてのカスタム フィールドに新しいカスタム フィールドが作成されます。これは既存の同名/同種のカスタムフィールドとは関係ありません。これを改善するためのリクエストについては、  JRA-37358 - 課題詳細を取得する... ステータス を参照してください
最終更新日 2017 年 9 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.