バージョンの管理

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

バージョンは時点ごとのプロジェクトの状態を指します。バージョンは、リリースのスケジュールを立て、整理するのに役立ちます。バージョンが作成され、それに課題が割り当てられると、バージョンを管理する際に、たとえば、変更ログ レポート等、数種のレポートを利用できます。特に、変更ログ レポートは、各課題の「バージョンの修正」フィールドによって駆動され、これを使用してリリース済みバージョンのレビューができます。

バージョンは以下のことが可能です。

  • 追加 - 課題を配置する新しいバージョンを作成する。
  • リリース- バージョンにリリース済みのマークをつける。これによって、一部のレポート(たとえば、変更ログ レポート)と課題フィールドのドロップダウンが変更されます。JIRA アプリケーション を Bamboo と統合している場合、バージョンのリリース時にビルドをトリガーすることもできます。
  • スケジュール変更 - バージョンの順序を並び替える。
  • アーカイブ - 変更ログ レポートと JIRA ユーザー インターフェースで古いバージョンを非表示にする。
  • マージ - 複数のバージョンを一つにまとめる。

このページの内容:

次のすべての手順では、プロジェクト管理者 として JIRA にログインする必要があります。

プロジェクトのバージョンを管理する

  1. > [プロジェクト] を選択します。
  2. 左のメニューで バージョン を選択します。バージョン ページが表示され、バージョンと各バージョンのステータスが一覧表示されます。この一覧から、本ページで説明するプロジェクトのバージョン管理ができます。

バージョン ステータス

各バージョンは、次の 4 つのうち、いずれかのステータスを持ちます。

  • リリース済み - バンドルされたパッケージ
  • 未リリース -オープン パッケージ
  • アーカイブ済み - 半透明のパッケージ
  • 期限切れ - リリース日が強調表示される

ステータスは、バージョンが関連の課題フィールド( 「バージョンの修正」と「影響バージョン」)のドロップダウン リストに表示される場所に影響します。

新しいバージョンを追加する

  1. バージョンの追加フォームは、「バージョン」画面の上部に配置されています。
  2. バージョンの名前を入力します。次のような名前が入力可能です。
    • 簡単な数字、たとえば、"2.1" など。
    • 複雑な数字、たとえば、"2.1.3" など。
    • プロジェクトの内部コード名などの単語、 たとえば、"Memphis" など。
  3. バージョンの説明(HTMLではなくテキスト形式)、開始日、リリース日(つまり バージョンのリリース予定日)などの詳細オプションを指定することもできます。
  4. [追加 ボタンをクリックします。バージョン名の左側にある「ドラッグ」アイコン  にカーソルを重ねて、新しいバージョンを他の位置にドラッグできます。

開始日の追加

開始日を指定すると、バージョン レポートで使用されます。数週間(または数ヶ月前)にバージョンの計画を立てながら、実際にはリリース日に近づくまで作業を開始しない場合、この開始日によって、より正確なバージョン レポートが得られます。

バージョンをリリースする

始める前に:JIRA アプリケーションを Atlassian Bamboo と統合している場合、JIRA でバージョンをリリースする時に Bamboo ビルドをトリガーして、ビルドを自動的に実行できます。ビルドが成功した場合のみ、バージョンがリリースされます。詳細については、バージョンのリリース時に Bamboo のビルドを実行する を参照してください。  

  1. 「バージョン」画面で、該当のバージョンにカーソルを重ねて歯車アイコンを表示し、次にドロップダウン メニューから リリース を選択します。
  2. このバージョンを「修正」バージョンとする課題セットがある場合、必要であれば、JIRA アプリケーションで「修正」バージョンを変更できます。変更の必要がなければ、これらの課題を修正することなく操作を完了します。

バージョンのリリースを取り消すには、ドロップダウンメニューから アンリリース を選択するだけです。

バージョンのアーカイブ

  1. 「バージョン」画面で、該当のバージョンにカーソルを重ねて歯車アイコンを表示し、次にドロップダウン メニューから アーカイブ を選択します。
  2. バージョン一覧で、半透明のアイコンはバージョンが「アーカイブ済み」ステータスであることを示しています。利用可能な操作一覧は、「アーカイブ解除」操作によって置き換えられます。アーカイブを解除しない限り、このバージョンにこれ以上変更を加えることはできません。また、課題の影響バージョンおよび修正バージョン フィールドから既存のアーカイブ済みバージョンを削除したり、新たなアーカイブ済みバージョンを追加したりできません。

バージョンのアーカイブを取り消すには、ドロップダウンメニューから アンアーカイブ を選択するだけです。

複数のバージョンをマージする

複数のバージョンをマージすることにより、課題を 1 つまたは複数のバージョンから別のバージョンに移動できます。

  1. 「バージョン」画面の右上にある マージ リンクをクリックします。
  2. 「バージョンのマージ」ポップアップが表示されます。このページには選択リストが 2 つあり、両方とも未アーカイブのバージョンをすべて一覧表示します。
    「バージョンからマージ」選択リストでは、移動したい課題を含むバージョン(複数可)を選択します。このリストで選択したバージョン はシステムから削除されます。これらのバージョンに関連づけられた課題はすべて更新され、「バージョンにマージ」選択リストで選択された新しいバージョンを反映します。マージ先のバージョンは 1 つしか選択できません。
  3. マージ ボタンをクリックします。確認ページが表示されたら、もう一度 マージ をクリックして、操作を完了します。

バージョン詳細の編集

  1. 「バージョン」画面で、該当のバージョンにカーソルを重ねて、鉛筆アイコンを表示します。
  2. これによって、バージョンの名前や説明、リリース日を編集できるようになります。
  3. 更新ボタンをクリックして変更を保存します。

バージョンを削除する

  1. 「バージョン」画面で、該当のバージョンにカーソルを重ねて歯車アイコンを表示し、次にドロップダウン メニューから 削除 を選択します。
  2. この操作によって「バージョン削除:<バージョン>」確認ページに移動します。削除されるバージョンと関連づけられた課題に対する操作をここで指定できます。これらの課題を他のバージョンに関連づけるか、単に削除されるバージョンへの参照を削除します。

バージョンのスケジュールを変更する

バージョンのスケジュール変更により、バージョンの順序が並び替えられます。

  • "バージョン" 画面で、該当のバージョンの アイコンをクリックし、新しい位置にドラッグしてバージョンの並び順を変更します。

最終更新日 2017 年 9 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.