ユーザー管理

Jira 管理者は、Jira で直接ユーザーを管理したり、ユーザーが自分のアカウントを作成できるようにパブリック サインアップを有効にしたりできます。複数のプロジェクトやアプリケーション間でユーザーを管理する方法については、以下のページを参照してください。



次のすべての手順では、 JIRA 管理者 または システム管理者 グローバル権限 を持つユーザーとしてログインする必要があります。

関連ドキュメント
可能なこと
JIRA でユーザーを作成する、ユーザー情報とプロパティを編集する、システムを使う必要がなくなったユーザーを無効化、削除する方法を知ることができます。

グループ、プロジェクトロール、アプリケーションへのユーザーの割り当て

プロジェクト ロールやアプリケーションのような JIRA の機能へのアクセスをユーザーに許可します。ユーザーをアクセス権限無しで作る場合、チームを立ち上げるのに重要な手順です。

ユーザー アクティビティの監視

ユーザーのアクティビティに目を配り、システムの良好な運用を維持します。この情報は管理者が JIRA のパフォーマンスを分析したり、非アクティブ状態がしばらく継続しているユーザーを認識したりする上で役立ちます。  

自動ログインの防止

管理者はユーザーのログイン情報を保存するか完全にこの機能をオフにするかを制御することができます。詳細と利点について知りたい場合に読んでください。  

パスワードポリシーの管理 JIRA システムはパスワードポリシーと CAPTCHA を実装することによって必ず保護してください。
最終更新日 2018 年 3 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.