プロジェクト権限を管理する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

プロジェクト権限は、プロジェクトスキーム内で作成されます。これらは JIRA 管理者によって個々のプロジェクトに割り当てられます。プロジェクト権限の付与は、次のことに基づいて行うことができます。

  • 個々のユーザー
  • グループ
  • プロジェクトロール
  • 「報告者」、「プロジェクトリード」、「現在の担当者」などの課題ロール
  • 'Anyone' (例: 匿名アクセスを許可する)
  • (マルチ) ユーザーピッカーカスタムフィールド
  • (マルチ) ユーザーピッカーカスタムフィールド。これは実際のグループピッカーカスタムフィールドか、グループ名が値として含まれている (マルチ) 選択リストです。

ユーザーが必要なアクションを実行するために他の権限に依存している権限もあります。たとえば、ユーザーが課題を解決するには、そのユーザーに課題のトランジション権限と課題の解決権限の両方が付与されている必要があります。 

このページの内容:

次の表に、さまざまなプロジェクトタイプと実行できる機能を示します。プロジェクト権限はワークフロー条件でも使用できます。

プロジェクト権限の概要

プロジェクト権限

説明

プロジェクトの管理

プロジェクトを管理する権限。 これには、プロジェクトロールのメンバーシッププロジェクトコンポーネントプロジェクトのバージョン、および一部のプロジェクト詳細 (「プロジェクト名」、「URL」、「プロジェクトリード」、「プロジェクトの説明」) を編集する権限も含まれます。

プロジェクトの閲覧

プロジェクトを参照する権限。課題ナビゲーターを使用し、個別の課題を表示します (課題レベルのセキュリティにより制限されている課題を除く)。多くの他の権限はこの権限に依存しています。たとえば、「課題での作業」権限は、「プロジェクトの参照」権限も持っているユーザーのみ有効です。

スプリントの管理 (JIRA Software ユーザーのみ使用可能)

ボードのすべてのプロジェクトで次のスプリント関連アクションを実行する権限。

  • スプリントの作成
  • スプリントの開始
  • スプリントの完了
  • スプリントのレポート
  • 以降のスプリントの並び替え
  • 以降のスプリントの削除
  • スプリント情報 (スプリント名および日付) の編集
  • スプリント フッターの移動

ボードのフィルタークエリによっては、「スプリントの管理」権限をユーザーに設定するときにはさらに検討が必要です。複雑なフィルターの影響、フィルタークエリをシンプルにする方法の詳細については、「高度なケースでスプリントの権限管理を使用する」を参照してください。

スプリント作業の注意事項

一般的に、スプリントの操作にはスプリントの管理権限が必要です。ただし、課題のスケジュール作成権限および課題の編集権限が必要なスプリント操作(たとえば、スプリントへの課題の追加、スプリントからの課題の削除など)がいくつかあります。

スプリントに課題を追加する場合は、

  • サブタスクを親タスクと切り離して移動することはできません。
  • 課題はアクティブなスプリントか、今後のスプリントのどれか 1 つにしか割り当てることができません。つまり、アクティブなスプリントと今後のスプリントの両方に同時に課題を追加することはできません。
  • スプリントが作成されたボードのフィルター クエリと課題が一致しない場合でも、任意の課題を任意のアクティブなスプリントまたは今後のスプリントに追加できます。この場合、
    • 課題はスプリントに割り当てられますが、フィルター クエリがその課題を除外するボード上では表示されません。
    • また、複数のボードにまたがるスプリント操作(たとえば、スプリントの開始、スプリントのクローズ)は、スプリントが表示されるすべてのボード上のスプリントに影響を与えます
    • 課題がどのアジャイル ボードのフィルター クエリとも一致しない場合、課題はスプリントにリンクされますが、どのボードにも表示されません。
  • スプリントに割り当てられた課題がボードのフィルター クエリに一致する限り、 スプリントは単一ボードであろうと、複数のボードであろうと、どのボードにも表示されますこれは完了したスプリントにも適用されます。

詳細については、スプリントの計画を参照してください。

 

開発ツールの表示 (JIRA Software ユーザーのみ使用可能)

開発パネルの情報を表示する権限。これを見ると、課題の開発状態を一目で評価できます。

(読み取り専用) ワークフローの表示

課題を表示しているときに、プロジェクトの「読み取り専用」ワークフローを表示する権限。この権限は、「課題の表示」ページの「ステータス」フィールドに対して「ワークフローの表示」リンクを提供します。

課題の権限

説明

課題の割り当て

ユーザに課題を割り当てる権限。課題の割り当てドロップダウンでのユーザーのオートコンプリートも可能です。(以下の「割り当て可能ユーザー権限」も参照)

割り当て可能なユーザー

課題への割り当てが可能な権限 (注: 課題を割り当てをする権限は含みません。上記の課題の割り当てを参照ください。)

課題のクローズ

ワークフロー条件に基づいて課題をクローズする権限。 (この権限は、開発者が課題を解決し、テスターがそれをクローズする場合などに有用です)。課題のトランジションおよび課題の解決権限が必要です。課題の解決権限も参照してください。

課題の作成

プロジェクトで課題を作成する権限 (添付ファイルを作成するには、添付ファイルの作成権限が必要です)。 サブタスクも作成できます (サブタスクが有効になっている場合)。

課題の削除

課題を削除する権限。この権限を割り当てるどのグループやプロジェクトロールについて慎重に検討してください。通常は管理者のみに与えられます。課題を削除すると、そのユーザーが削除コメントを持っているか、添付ファイルのアクセス許可を削除しない場合であっても、そのコメントや添付ファイルをすべて削除することに注意してください。これには個別のコメントや添付ファイルの削除を行う権限は含まれていないので注意してください。

課題の編集

課題を編集する権限 (「期限」フィールドを除く。課題のスケジュール作成権限を参照)。課題をサブタスクに変換することもでき、その逆も同様です (サブタスクが有効になっている場合)。課題を削除するには、課題の削除権限が必要です。課題の編集権限は、通常、課題の作成権限を持つあらゆるグループまたはプロジェクトロールに付与されます (唯一例外があるとすれば、すべての人に課題の作成権限を与えた場合です。この場合、すべての人に課題の編集権限も与えるのは望ましくないこともあります)。

課題のリンク

課題を相互にリンクする権限 (課題のリンクが有効になっている場合のみ該当します)。

報告者の変更

課題の「報告者」を変更する権限。これによって、ユーザーは、誰かの’代理で' 課題を作成することが可能となります。この権限は、一般的に、管理者のみに付与する必要があります。

課題の移動

1つのプロジェクトから別のプロジェクト、または同じプロジェクト内の1つのワークフローから別のワークフローへ課題を移動する権限。ユーザーは課題の作成権限を持っているプロジェクトにのみ課題を移動できます。

課題の解決

ワークフロー条件に基づき、課題の解決および再オープンを行う権限。この権限で、課題の「修正対象バージョン」フィールドを設定することもできます。課題のトランジション権限が必要です。課題のクローズ権限も参照してください。

課題のスケジュール

課題のスケジュール作成を行う権限。つまり、課題の「期限」を編集できます。JIRA の旧バージョンでは、この権限で課題の「期限」を表示する権限も制御していました。

課題のセキュリティの設定

課題にアクセスできるユーザーを制御するために課題のセキュリティレベルを設定する権限。課題セキュリティが有効になっている場合にのみ該当します。

課題のトランジション 課題のステータスのトランジション (変更) を行う権限。

投票者とウォッチャーの権限

説明

ウォッチリストの管理

課題のウォッチャーリストの管理 (ユーザーの表示、追加、削除) を行う権限。

投票者とウォッチャーの表示

課題の投票者リストとウォッチャーリストを表示する権限。ウォッチャーリストの管理権限も参照してください。

コメント権限

説明

コメントの追加

課題にコメントを追加する権限。これにはコメントの編集または削除を行う権限は含まれていないので、注意してください。

すべてのコメントの削除

誰が追加したコメントであっても、削除する権限。

自分のコメントの削除

自分が追加したコメントを削除する権限。

すべてのコメントの編集

誰が追加したコメントであっても、編集する権限。

自分のコメントの編集

自分が追加したコメントを編集する権限。

添付ファイルの権限

説明

添付ファイルの作成

ファイルを課題に添付する権限。(添付ファイルが 有効になっている場合にのみ該当します)。これには添付ファイルの削除を行う権限は含まれていないので、注意してください。

すべての添付ファイルの削除

誰が追加した添付ファイルであっても、削除する権限。

自分の添付ファイルの削除

自分が追加した添付ファイルを削除する権限。

時間管理権限

説明

課題の作業ログ

課題の作業ログを記録する 権限、すなわち、作業ログ エントリを作成する権限。(時間管理が有効になっている場合のみ該当します)。

すべての作業ログの削除

誰が追加した作業ログであっても、削除する権限。( 時間管理 が有効になっている場合のみ該当します)。課題での作業権限も参照してください。

自分の作業ログの削除

自分が追加した作業ログ エントリを削除する権限。( 時間管理 が有効になっている場合のみ該当します)。課題での作業権限も参照してください。

すべての作業ログの編集

誰が追加した作業ログであっても、編集する権限。 編集できます。( 時間管理 が有効になっている場合のみ該当します)。課題での作業権限も参照してください。

自分の作業ログの編集

自分が追加した作業ログ エントリを編集する権限。( 時間管理 が有効になっている場合のみ該当します)。課題での作業権限も参照してください。

 

権限スキーム

権限スキームとは

権限スキームは、上記のプロジェクト権限に割り当てられたユーザー、グループ、ロールをセットにしたものです。どのプロジェクトも権限スキームを持っています。一つの権限スキームを複数のプロジェクトに関連づけることができます。

権限スキームが必要な理由とは

アクセス権に関して、組織内の複数のプロジェクトが同じニーズを持っている例は数多くあります。(例えば、指定されたプロジェクト チームにだけ課題に割り当てられ、作業を行うことが許可されるといった場合です)。

権限スキームは、プロジェクトごとに個別にアクセス権を設定する手間を省きます。いったん権限スキームを設定すると、同じ種類のアクセス要件を持つプロジェクトすべてに、そのスキームを適用できます。

権限スキームの作成

  1. > [課題] を選択します。 
  2. 権限スキーム を選択して、権限スキームページを開くと、使用中の JIRA システム内のすべての権限スキームと各スキームを使用するプロジェクトの一覧が表示されます。
  3. 権限スキームの追加」リンクをクリックします。
  4. 「権限スキームの追加」フォームで、スキームの名前とスキームの簡単な説明を入力します。追加 を選択します。
  5. 「権限スキーム」ページに戻ると、ページには新しく追加したスキームが含まれています。

権限スキームへのユーザー、グループ、ロールの追加

  1. > [課題] を選択します。 
  2. 権限スキーム を選択して、権限スキームページを開くと、使用中の JIRA システム内のすべての権限スキームと各スキームを使用するプロジェクトの一覧が表示されます。
  3. 更新する権限スキームを見つけ、操作列で 権限 を選択して、スキームを表示します。
  4. 追加する権限の「編集」リンクを選択すると、「権限付与」ダイアログが表示されます。
  5. 選択した権限を追加するユーザーを選び、「付与 」ボタンを押します。これで、選択した権限にユーザー、グループ、ロールが追加されます。プロジェクト ロールはプロジェクトごとに特定のメンバーを定義するのに便利であることに注意してください。権限の参照では、(ユーザーやグループではなく)プロジェクト ロールを参照する方が、システム内の権限スキームの数を最小限に抑えられます。
  6. 必要なユーザー、グループ、ロールがすべて権限に追加されるまで、直前の 2 ステップを繰り返します。

権限スキームからのユーザー、グループ、ロールの削除

  1. > [課題] を選択します。 
  2. 権限スキーム を選択して、権限スキームページを開くと、使用中の JIRA システム内のすべての権限スキームと各スキームを使用するプロジェクトの一覧が表示されます。
  3. 該当の権限スキームを見つけ、名前をクリックして「プロジェクト権限」(上記 )を一覧表示します。
  4. ユーザー、グループ、ロールを削除する権限の 削除 リンクをクリックします。
  5. 削除するユーザー、グループ、ロールを選択し、削除 ボタンを押します。

権限スキームとプロジェクトの関連付け

  1. > [プロジェクト] を選択します。
  2. 該当のプロジェクトを選択し、そのプロジェクトのプロジェクト概要管理ページを開きます。詳細については、プロジェクトの定義を参照してください。
  3. 権限セクションの右下で、現在のスキーム名(たとえば、「既定の権限スキーム」)をクリックし、プロジェクトの現在の権限スキームの詳細を表示します。
  4. アクション 」ドロップダウン メニューをクリックし、 「別のスキームの使用」を選択します。
  5. 利用可能なすべての権限スキームを表示する「権限スキームとプロジェクトの関連付け」ページで、プロジェクトに関連付ける権限スキームを選択します。
  6. 関連付け」ボタンをクリックし、プロジェクトを権限ボタンに関連づけます。

権限スキームの削除

  1. > [課題] を選択します。 
  2. 権限スキーム を選択して、権限スキームページを開くと、使用中の JIRA システム内のすべての権限スキームと各スキームを使用するプロジェクトの一覧が表示されます。
  3. 削除するスキームの削除リンク(操作列)をクリックします。
  4. 確認画面が表示されます。削除するには削除をクリックし、それ以外の場合はキャンセルをクリックします。
  5. スキームが削除され、関連するすべてのプロジェクトは既定の権限スキームに自動的に関連付けられます。(既定の権限スキームは削除できないので、注意してください。)

権限スキームのコピー

  1. > [課題] を選択します。 
  2. 権限スキーム を選択して、権限スキームページを開くと、使用中の JIRA システム内のすべての権限スキームと各スキームを使用するプロジェクトの一覧が表示されます。
  3. コピーするスキームのコピーリンク(操作列)をクリックします。
  4. コピー元のスキームと同じ権限を持ち、同じユーザー、グループ、ロールがその権限に割り当てられた新しいスキームが作成されます。
最終更新日 2017 年 9 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.