グループの管理

JIRAグループ

JIRA グループを使用すると、ユーザーのコレクションを管理するのに便利です。JIRA 全体でグループを使用して、次の操作を行うことができます。

  • アプリケーションアクセスの許可
  • グローバル権限またはプロジェクト固有アクセスの付与
  • メールの通知を受け取る
  • 課題フィルターおよびダッシュボードへのアクセス
  • ワークフロー条件の参照
  • プロジェクトロールを統合する

JIRA の既定グループ

JIRA を初めてインストールすると、2つのグループが自動的に作成されます。一つは jira-administrators グループ、もう一つはアプリケーションに関連付けられたユーザーグループです。

グループ

アプリケーション

説明

用途

jira-administrators

すべて

JIRA システム管理者であるユーザーが含まれます。既定では、このグループは次のとおりです。

  • 管理者プロジェクトロールのメンバーである。
  • JIRA 管理者およびJIRA システム管理者のグローバル権限を持っている。
  • メンバーは JIRA 管理者またはスーパーユーザーに制限すべきです。
  • 無制限アクセスできるようにします。
  • このグループの権限は削除や変更を行わないことをお勧めします (削除は変更を行うと、JIRA インスタンスへのアクセス性が制限されます)。

jira-core-users

JIRA Core

 


既定では、これらのグループにはユーザーの参照、共有フィルターの作成、一括変更、グループフィルターサブスクリプションの管理のグローバル権限があります。

 

  • オプションのユーザーグループ。
  • ご使用の JIRA インスタンスで汎用の、標準的なアクセス権が必要なユーザーがほとんどいない場合に役立ちます。
  • JIRA インスタンスに個々のユーザーグループへの細かい個別アクセスが必要な場合は削除できます。
jira-software-users JIRA Software
jira-servicedesk-users JIRA Service Desk

注意

外部ユーザー管理を使用している場合、JIRA 内からグループまたはグループメンバーシップを作成、削除、編集することはできません。自動グループメンバーシップも適用されません。ただし、プロジェクトロールにグループを割り当てることはできます。

最終更新日 2017 年 9 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.