グローバル権限を管理する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

グローバル権限はシステム全体を範囲とし、ユーザーグループに付与されます。個々のプロジェクトに適用される権限を管理するには、「プロジェクト権限」を参照してください。

次のすべての手順では、 JIRA 管理者 または システム管理者 グローバル権限 を持つユーザーとしてログインする必要があります。

このページの内容:

この表に、さまざまなグローバル権限と実行できる機能を示します。

グローバル権限

説明

JIRA システム管理者

すべての JIRA 管理機能を実行する権限。

JIRA 管理者

ほとんどの JIRA 管理機能を実行する権限。

JIRA 管理者権限では、いつでもログインできますが、アプリケーションアクセスによって機能が制限されることがあります。

ユーザーの参照

JIRA のすべてのユーザー名とグループ名の一覧を表示、課題を共有、および課題でユーザーをメンションする権限。ポップアップ画面でユーザーやグループを選択するために使用されます。「ユーザーピッカー」メニューおよびポップアップで、ユーザー名のオートコンプリートが有効になります。

ユーザー割り当て権限はプロジェクトごとにこの限定バージョンも許可することに注意してください。

共有オブジェクトの作成

グループフィルターサブスクリプションの管理

グループフィルターサブスクリプションを管理 (作成、削除) する権限。

一括変更

JIRA 内で一括操作を実行する権限。
- 一括編集*
- 一括移動*
- 一括ワークフロートランジション
- 一括削除*
( *プロジェクト固有権限による)

一括変更権限の付与は慎重に判断する必要があります。この権限を付与したユーザーは、課題のコレクションをまとめて変更できます。たとえば、JIRA インストールがパブリックモードで実行される (誰でもサインアップして課題を作成できる) ように設定されている場合、一括変更グローバル権限とコメント追加プロジェクト権限を持っているユーザーは、アクセス可能なすべての課題にコメントできます。JIRA アプリケーションインターフェイスからそのような変更を取り消すことはできません。データベースに対して直接変更を加える必要があります (非推奨)。

グローバル権限を付与する

  1. Choose > System
  2. グローバル権限 を選択して「グローバル権限」ページを開くと、JIRA のグローバル権限が表示されます。

    一覧の下部に権限の追加 ボックスが表示されます (前のスクリーンキャプチャには表示されていません) 。
  3. 権限ドロップダウンリストで許可したいグローバル権限を選択します。
  4. グループ ドロップダウンリストで、次のいずれかの操作を行います。
    • 権限を付与するグループを選択します。
    • ログインしていないユーザーに権限を付与する場合は、Anyone (任意のユーザー) を選択します。これはプロダクションシステムや、Cloud などのパブリックインターネットからアクセスできるシステムではお勧めしません。
      注:
      • ユーザー制限に達した場合、新規ユーザーを作成できますが、ログイン権限はありません。


 


グローバル権限を削除する

  1. Choose > System
  2. グローバル権限を選択して「グローバル権限」ページを開くと、JIRA のグローバル権限が表示されます。
  3. JIRA のグローバル権限(ページの左側に表示されている)ごとに、現在その権限を持っているグループが右側(ユーザー / グループ列の下)に表示されます。
  4. グループから削除するグローバル権限と権限から削除するグループを選択 (Users / Groups) し、そのグループの横の 削除リンクをクリックします。


JIRAシステム管理者とJIRA管理者について

JIRA システム管理者権限を持っているユーザーは JIRA ですべての管理機能を実行できますが、JIRA 管理者権限を持っているユーザーはアプリケーション環境やネットワークに影響を及ぼす可能性のある機能を実行できません。この分離は、JIRA システムを管理する完全な権限を付与することなく、管理権限 (ユーザーの作成、プロジェクトの作成など) を特定のユーザーに委任する必要がある場合に役立ちます。

これは(JIRA 管理者ではなくJIRA システム管理者が実行できる管理タスクの一覧です。

(JIRA システム管理者ではなく) JIRA 管理者権限を持っているユーザーには、JIRA ファイルシステムまたはデータベースへの直接アクセス権を付与しないことをお勧めします。

デフォルトの JIRA インストールで JIRA 管理者から JIRA システム管理者を分離する

By default, the jira-administrators groups has both the JIRA Administrators permission and the JIRA System Administrators permission. Also by default, the user account created during the JIRA setup wizard is a member of this jira-administrators group.

ユーザーに (JIRA システム管理者権限を持たせず) JIRA 管理者権限のみを持たせる必要がある場合は、次のように2つの別のグループを使用します。

  1. 新規グループ (例: jira-system-administrators) を作成します。
  2. Add to the jira-system-administrators group everyone who needs to have the JIRA System Administrators permission.
  3. Grant the JIRA System Administrators permission to the jira-system-administrators group.
  4. Remove the JIRA System Administrators permission from the jira-administrators group.
  5. (保守の簡素化のための推奨オプション) jira-administrators グループから、jira-system-administrators グループに所属するすべてのユーザーを削除します。


JIRA 管理者ヘルパーの権限に関するトラブルシューティング

JIRA 管理者ヘルパーは、ユーザーに対する特定の課題の表示の可否の理由を診断するのに役立ちます。

注: 次のすべての手順では、JIRA 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインする必要があります。

  1. Choose > System
  2. Select Permission helper.
  3. ユーザーのユーザー名 (匿名ユーザーの場合は空欄のまま)、課題キー (ユーザーが表示できる/できない課題など)、および検査する権限を入力します。
  4. 送信をクリックします。
最終更新日: 2018 年 2 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.