Java をインストール

JIRA アプリケーションのインストール要件

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページの内容:

はじめる前に

Please skip these instructions if you intend to use or have used the Windows Installer or Linux Installer to install JIRA, since these executable files will install and configure their own JRE to run JIRA.

使用する Java バージョンの確認

Java のインストールに進む前に、次の説明に従って、インストール済みの Java があるかどうか確認します。

  1. JIRA でサポートされている Java バージョンの一覧をこちらで確認します。
  2. Oracle の JDK/JRE をOracle の Web サイトからダウンロードします。


    LinuxおよびMac OS X上のJavaのバージョンを確認
    ~$ java -version
    java version "1.8.0_60"
    Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_60-b27)
    Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.60-b23、mixed mode)
     

    注意

    多くの場合、Linux ディストリビューションには GCJ と呼ばれる Java のオープンソース実装がインストールしてあります。この Java プラットフォームは使用しないで下さい。これは不完全なものであり、この上で JIRA を安定して実行させる事はできません。

    Windows上でのJavaのバージョンを確認
    Windows 8
    1. 画面の左下隅ににあるコントロールパネルをポップアップメニューから右クリックします。
    2. コントロールパネルが表示されたら、選択プログラムを選択します。
    3. プログラムと機能をクリック
    4. インストールされているJavaのバージョン(複数)が記載されています。
    Windows 7 また Vista
    1. スタートをクリック
    2. コントロールパネルをクリック
    3. プログラムを選択
    4. プログラムと機能をクリック
    5. インストールされているJavaのバージョン(複数)が記載されています。
    Windows XP
    1. スタートをクリック
    2. コントロールパネルをクリック
    3. コントロールパネルアイコンの プログラムの追加/削除をクリック
    4. コントロールパネルの追加・削除には、お使いのコンピュータ上にある任意のJavaのバージョンを含む、システム上のソフトウェアのリストが表示されます。

JAVA_HOME の設定

コンピューターに Java をインストールする必要がある場合は、以下の説明に従ってください。

  1. Once the JDK or JRE is installed, set the JAVA_HOME environment variable, whose value is the root directory of the JDK/JRE. Some JDK/JRE installers set this automatically.
  2. Type 'echo %JAVA_HOME%' in a Windows command prompt, or 'echo $JAVA_HOME' in a Linux/UNIX console).

    Linux上のJAVA_HOMEの設定

    Linux ベースのコンピュータ

    On many Linux-based computers, the JAVA_HOME environment variable is set in the /etc/environment file.

    If JAVA_HOME is not defined in this file, you can set it using the following command at a shell prompt, when logged in with 'root' level permissions:

    • echo JAVA_HOME="path/to/JAVA_HOME" >> /etc/environment

    If, however, JAVA_HOME is already defined in this file, open the /etc/environment file in a text editor and modify its value to the appropriate path/to/JAVA_HOME — that is:

    • JAVA_HOME="path/to/JAVA_HOME"
    Mac OS X 上の JAVA_HOME の設定

    Mac OS X 

    多くの Linux ベースのコンピューターでは、JAVA_HOME 環境変数は ~/.bash_profile ファイルに設定されます。

    If JAVA_HOME is not defined in this file, you can set it using the following command at a shell prompt, when logged in with 'root' level permissions:

    echo JAVA_HOME="path/to/JAVA_HOME" >> ~/.bash_profile

    If, however, JAVA_HOME is already defined in this file, open the ~/.bash_profile file in a text editor and modify its value to the appropriate path/to/JAVA_HOME — that is:

    • JAVA_HOME="path/to/JAVA_HOME"
    Windows上のJAVA_HOMEの設定

    Windows ベースのコンピュータ

    この環境変数が Windows ベースのコンピュータ上で設定されていない場合は、以下の手順でコントロールパネルにおいて設定します:

    1. Windows「アドバンス」システムプロパティのダイアログボックスを開きます:
      • Windows XP ベースのオペレーティングシステムでは、デスクトップの マイコンピュータ アイコン上で右クリックして(またはスタート メニューを介して)、'プロパティ' を選択、'アドバンス' タブをクリックします。
      • Windows 7 ベースのオペレーティングシステムでは、デスクトップのコンピュータ アイコン上で右クリックして (またはスタート メニューを介して)、'プロパティ'を選択、'アドバンスシステム設定'をクリック、'プロパティ'を選択して 'アドバンス' タブをクリックします。
    2. 環境変数 ボタンをクリックします。
    3. 新規 ボタンのどれかをクリックします (お使いのユーザアカウント、また可能な場合はシステム全土に向けて新しい環境変数を定義するため)。
    4. Type JAVA_HOME as the variable name and the directory where you installed Java.



      (info) 次の点に注意してください。

      • The default path for the bundled JRE with JIRA is C:\Program Files\Atlassian\JIRA\jre. If using a 32-bit install in 64-bit system, this would be C:\Program Files (x86)\Atlassian\JIRA\jre.

      • If the installation path contains spaces, use the shortened path name, for example: C:\Progra~1\Java\jdk1.8.0_91

      • 64 ビット システムの Windows ユーザーの場合:

        • Progra~1 = 'Program Files'

        • Progra~2 = 'Program Files(x86)'

    5. After clicking the required 'OK' buttons to save your changes, your JAVA_HOME environment variable should be available in a new command prompt window. If not or if necessary, restart your computer.

Java の動作を確認

  1. 次の手順より、Java が正しくインストールされているか確認します:

    LinuxおよびMac OS X上のJavaのバージョンを確認
    ~$ java -version
    java version "1.8.0_60"
    Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_60-b27)
    Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.60-b23、mixed mode)
    Windows上でのJavaのバージョンを確認
    Windows 8
    1. 画面の左下隅ににあるコントロールパネルをポップアップメニューから右クリックします。
    2. コントロールパネルが表示されたら、選択プログラムを選択します。
    3. プログラムと機能をクリック
    4. インストールされているJavaのバージョン(複数)が記載されています。
    Windows 7 また Vista
    1. スタートをクリック
    2. コントロールパネルをクリック
    3. プログラムを選択
    4. プログラムと機能をクリック
    5. インストールされているJavaのバージョン(複数)が記載されています。
    Windows XP
    1. スタートをクリック
    2. コントロールパネルをクリック
    3. コントロールパネルアイコンの プログラムの追加/削除をクリック
    4. コントロールパネルの追加・削除には、お使いのコンピュータ上にある任意のJavaのバージョンを含む、システム上のソフトウェアのリストが表示されます。

(info) If you subsequently start JIRA and you receive an error like Windows cannot find '-Xms128m', then you may not have correctly set JAVA_HOME. Please verify step 2 of the procedure above.

最終更新日 2018 年 5 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.