Getting started with JIRA Data Center on AWS

Jira Data Center は AWS (Amazon Web Services) 環境に最適です。AWS では、追加のノードをリサイズおよびすばやく起動することでデプロイメントを柔軟にスケーリングできるだけでなく、Jira Data Center ですぐに動作する多数の管理されたサービスを提供し、すべての設定とメンテナンスを自動で処理することができます。

AWS Quick Start を使用した Jira Data Center のデプロイ

AWS に Data Center クラスタ全体をデプロイする最も単純な方法は、クイック スタートを使用することです。Quick Start は、AWS のセキュリティと可用性のためのベスト プラクティスを使用して、AWS 上に特定のワークロードをデプロイするのに必要な AWS コンピュータ、ネットワーク、ストレージ、およびその他のサービスを、起動、設定、および実行します。

以下は、Jira Data Center の Quick Start のアーキテクチャの概要です。


デプロイメントは、以下のコンポーネントで構成されています。

  • インスタンス/ノード。Jira を実行している、クラスター ノードとしての 1 つ以上の Amazon Elastic Cloud (EC2) インスタンス。
  • ロード バランサ。ロード バランサおよび SSL Termination リバース プロキシの両方として機能する Amazon Elastic Load Balancer (ELB)。
  • NFS サーバー。共有ホーム ディレクトリ用 Elastic Block Store (EBS) ボリュームを接続した、専用 NFS サーバーとしての EC2 インスタンス。
  • データベース。共有データベースとしての Amazon Relational Database (RDS) インスタンス。
  • コードおよびリポジトリ検索用の Amazon Elasticsearch Service ドメイン。

機能の仕組み

Jira Data Center をデプロイするには、Jira チームが作成した CloudFormation テンプレートを AWS Quick Start で使用します。これは、何がどのようにデプロイされるかを制御するスクリプトのようなものです。データベースの大きさ、環境にインストールされる Jira インストールの数、およびこれらの設定 (DNS 名、スタートアップ パラメーター (Catalina)、パスワード) を定義するテンプレートです。これらにより、Jira の実行に必要なすべてのコンポーネントを作成し、後で単一の「スタック」として更新または削除できます。

迅速な実装のため、Quick Start では手動インストールと同じレベルのカスタマイズは提供していません。Jira Data Center を AWS とともに使用する方法を示す参考実装として扱い、そのまま使用するか、独自テンプレートの作成例として使用してください。 

Quick Start に含まれるもの

データベースや Jira バージョンなどのいくつかのコンポーネントは固定されており、変更できません。以下の表は、クイック スタートでデプロイされる環境の詳細を示しています。 


Jira 製品 Jira Core、Jira Software、または Jira Service Desk。
Jira バージョン 常に最新バージョン (バージョン ピッカーなし)。ただし、スタックのデプロイ後に Jira インスタンスを任意のバージョンにアップグレードできます。
OS Amazon Linux。
データベース Amazon RDS for PostgreSQL。
クラスタノード Jira を実行している 1 つ以上の EC2 インスタンス。
ロード バランサとリバース プロキシ

リスナーを次のように構成した、Amazon Elastic Load Balancer。

ロード バランサ プロトコル
ロード バランサ ポート
インスタンス プロトコル
インスタンス ポート
http 80 http 8080
TCP 7999 TCP 7999
NFS サーバー 共有ホーム ディレクトリ用 Elastic Block Store (EBS) ボリュームを接続した、専用 NFS サーバーとしての EC2 インスタンス。
EFS サーバー

クラスタの専用 EFS サーバーとしての EC2 インスタンス (EBS ボリュームを Jira 共有ホーム ディレクトリに保存)。これには、Jira のすべての添付ファイルとその他のデータが含まれます。Jira AWS デプロイメントをセットアップする場所が EFS サポートを提供するリージョンに含まれることを確認する必要があります。

構成可能なパラメーター

Quick Start を使用して Jira Data Center をデプロイする際には、データベース サイズ、カスタム DNS、環境内の Jira インスタンスの数などのパラメーターを構成するよう求められます。完全なリストと推奨事項については、「AWS での Jira Data Center の設定」を参照してください。

入門ガイド

開始するには、Quick Start と、Quick Start のガイド ドキュメントの 2 つが必要となります。


最終更新日 2018 年 1 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.