内部ディレクトリの設定

内部ディレクトリは、JIRA データベース内にユーザーおよびグループ情報を格納します。

内部ディレクトリは、既定でインストール時に有効化されます。セットアップ手順で最初の管理者を作成する際、その管理者のユーザー名とその他の詳細が、内部ディレクトリ内に保存されます。

必要に応じて、1 人以上の追加ユーザーディレクトリを設定できます。これは、会社ディレクトリやその他のディレクトリサーバー内に保存されるユーザーやグループにアクセス権を供与したい場合に便利です。

このページの内容:

設定

設定

説明

入れ子グループを有効にする

入れ子グループのサポートを有効または無効にします。入れ子グループが有効になっているときは、グループを別のグループのメンバーとして定義できます。グループを使用して権限を管理している場合、入れ子グループを作成して、1 つのグループからそのサブグループに権限を継承できます。

可能な設定のダイアグラム

Gliffy-JIRA-Internal

上の図: ユーザー管理に内部ディレクトリを使用している JIRA

関連トピック

ユーザー ディレクトリの設定

最終更新日 2015 年 11 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.