添付ファイルの設定

添付ファイルが有効になっている場合、ユーザーは JIRA 課題にファイルやスクリーンショットを添付できます。Jira 

This requires space on the server for storing the attachments. 

(warning) Attachments are not stored in JIRA's database and so will need to be backed up separately. Learn more about how attachments are stored .



Attachments are enabled by default. You can configure the way JIRA handles attachments, or disable attachments altogether. If you use a custom permission scheme, you might need to update the permissions to allow users to add and remove attachments.

  • To allow users to attach a file when creating a new issue, ensure that the Attachment field is not hidden within the field configuration(s) associated with the specific issue type(s).
  • 次のすべての手順を行うには、JIRA 管理者 グローバル権限 を持つユーザーとしてログインする必要があります。

添付ファイルの設定を編集する

  1. Choose   > System
  2. Select Advanced > Attachments.

  3. Click Edit Settings, which opens the Edit Attachment Settings dialog:

  4. In Attachment Size, specify the maximum attachment size. The default (per file) is 10485760 bytes (10 MB). The maximum attachment size (per file) is 2147483647 bytes (2 GB).
  5. In Attachment Path, choose Use Default Directory. If you see more attachment path options than what is shown in the screenshot above, refer to the note below.

  6. (オプション) 画像添付ファイルを課題のサムネイルとして表示するには、サムネイルを有効化 で ON を選択します。この設定がオンになっている場合、JIRA は次のファイルタイプのサムネイルを作成します。
    • gif
    • jpeg
    • png

    詳細については、これらのノートを参照してください。

  7. (オプション) ユーザーが ZIP 添付ファイルの内容をプレビューし、1 つの課題のすべての添付ファイルを 1 つの ZIP ファイルとしてダウンロードすることを許可するには、ZIP サポートを有効化で ON を選択します。
  8. [更新] をクリックします。


(info) Choosing a custom attachment path:

  • JIRA 4.2 以前のバージョンからXML バックアップし、添付ファイルのパスに自分で設定したディレクトリを使用している状態で JIRA をアップデートした場合、添付ファイルのパスにそのディレクトリを使う(変更はできません)か、既定ののディレクトリを使うか選ぶことができます。しかし、一度既定のディレクトリを使うことにすると、カスタムディレクトリを選択することができなくなります。
  • 既定ディレクトリの場所は、JIRA アプリケーション ホーム ディレクトリデータ/添付ファイルサブディレクトリです。
  • 既定のパスを変更するためには、新しいパスのシンボリックリンクを作成します。

(info) サムネイルに関する詳細情報:


  • 課題ナビゲーター列のレイアウトを設定し、画像列にサムネイルを表示することができます。
  • 全てのサムネイル画像は、元の添付ファイルと共にattachmentsディレクトリ内に JPEG 形式で保存されています。サムネイル画像は、ファイル名内で '_thumb_' と表示されます。

(info) Linux上のサムネイル画像生成:

  • ご利用のシステムが X11 をサポートしている必要があります。この Web ページ では、JDK 1.4.2 をRedHat Linux 9.0 で使用するために必要なライブラリの最小設定を説明します。
  • 次のように java のシステム プロパティを設定する必要があります: -Djava.awt.headless=true

添付ファイルの権限を編集する

プロジェクト権限スキームに 添付ファイルの作成 (および 自分の添付ファイルの削除) 権限がある場合や、プロジェクトが JIRA に付属の 既定の権限スキームを使用している場合は、プロジェクト権限を更新する必要はありません。

カスタム権限スキームを使用する場合、ユーザーが次の権限を持っていることを確認してください。

  • 課題にファイルを添付するには、ユーザー、グループ、またはプロジェクトのロールが、関連するプロジェクトの添付ファイル作成権限が必要です。
  • 課題から自分の添付ファイルを削除するには、ユーザーはそのプロジェクトについて自分の添付ファイルを削除権限を持っている必要があります。

これらの権限を更新する必要がある場合は、以下の手順を実施して下さい。

  1. Choose   > Issues
  2. Select Permission Schemes. JIRA lists all permission schemes in your JIRA system and the projects that use each scheme.

  3. それぞれの関連のある権限スキームに対して:
    1. 更新するスキームの隣の [権限] をクリックします。権限と、それらが許可されているユーザーの一覧が表示されます。
    2. Next to Create Attachments, click Edit. The Grant permission dialog displays.
       
    3. [権限] フィールドで、[自分の添付ファイルの削除] を追加します。
    4. 付与で、権限を付与するユーザーを選択します。
    5. [許可] をクリックします。

高度な設定

次の詳細設定を実装し、JIRA による添付ファイルの処理方法を変更できます。ただし、JIRA の添付ファイル設定からこれらにアクセスすることはできません。これらの詳細設定の 1 つは JIRA の管理エリアから「詳細設定」として変更できますが、残りの 2 つは jira-config.properties ファイルでプロパティを定義することで実装されます。

添付ファイル サイズを設定する

デフォルトでは、サムネイルは200ピクセルの幅と200ピクセルの高さです。サムネイル画像の大きさを変更するには:

  1. JIRA を停止します。
  2. Edit the jira-config.properties file in your JIRA home directory.
    (info) See Making changes to the jira-config.properties file for more information.
  3. 次のプロパティの値を編集します:
    • jira.thumbnail.maxwidth — サムネイルの幅 (ピクセル単位)
    • jira.thumbnail.maxheight — thumbnail height in pixels
      (info) If neither of these properties exist in your jira-config.propertiesfile, add them to the file. For example, specify the following for a thumbnails that are 100 pixels wide:

      jira.thumbnail.maxwidth = 100
  4. 添付ファイルディレクトリ内の既存のサムネイル画像 (つまり、ファイル名に「_thumb_」が含まれるもの) をすべて削除します。
  5. Jira を再起動します。

JIRAを再起動した後、すべてのサムネイルが自動的に新しい大きさで再作成されます。

ZIP形式のファイルのアクセシビリティを構成する

既定では、JIRA はユーザーに対して「.zip」や「.jar」(Java アーカイブファイル) などの拡張子の付いた共通 zip 形式ファイルへのアクセスを許可します。ただし、JIRA が既定でアクセスを許可していない、その他の zip 形式ファイルは多数あります。次の操作を実行して、これらのファイルへのアクセスを許可できます。

  1. JIRA を停止します。
  2. Edit the jira-config.properties file in your JIRA home directory.
    (info) See Making changes to the jira-config.properties file for more information.
  3. Remove the extensions from the  jira.attachment.do.not.expand.as.zip.extensions.list property of the file types whose contents you wish to access in JIRA.
    (tick) If this property does not exist in your jira-config.properties file, add the name of this property, followed '=', followed by the content of the <default-value/> element copied from your JIRA installation's  jpm.xml file. Then, begin removing the extensions of file types whose contents you wish to access in JIRA.
  4. Jira を再起動します。

課題の ZIP 形式ファイルのコンテンツにあるファイルの表示数を設定する

既定では、課題に添付できる ZIP ファイルの中身は最大で 30 ファイルになっています。最大値を変更するには:

  1. JIRA の詳細設定ページに移動します。(詳細については、「詳細 JIRA 設定」を参照して下さい。)
  2. 既存の値をクリックし、課題に表示する添付ファイルの最大数を指定して、jira.attachment.number.of.zip.entries プロパティの値を編集します。
  3. 更新」ボタンをクリックして、 新しい値を JIRA データベースに保存します。


最終更新日 2018 年 4 月 24 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.