既定言語の選択

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

概要

Most user-visible pages in JIRA are now internationalized. When JIRA is first installed, you can select from several default languages, including English (UK or US), French, Japanese, Spanish (Spain), and German.

また、開発では、中国語、チェコ語、デンマーク語、イタリア語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語 (ブラジル)、ロシア語、スロバキア語などのプラグインを取得できます。

(warning)注: 次のすべての手順では、JIRA 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインする必要があります。

このページの内容:

既定の言語を変更する

  1. > [システム] の順に選択します。 
  2. 一般設定を選択すると、管理ページが開きます。 
  3. 設定の編集」ボタンをクリックし、「既定言語」の横にあるドロップダウン ボックスから適切な言語を選択します。
    インストールした追加言語がリストに表示されます。詳細は、「JIRA の翻訳」を参照してください。

ユーザーごとの言語選択

個々のユーザーは、既定の言語をオーバーライドする自分のユーザー プロファイルを管理できます (上記を参照)。

課題タイプ、解像度、ステータス、プロパティの既定の翻訳をオーバーライドする

希望する場合は、次の JIRA 課題フィールドの値で簡単に自分の翻訳を指定できます。

  • 課題タイプ
  • 優先度
  • ステータス
  • ソリューション

指定した翻訳は JIRA 翻訳で指定された値をオーバーライドします。

既知の問題

  • When you create a project using a system language other than English, JIRA will create duplicates of default issue types, statuses, resolutions, and priorities. These duplicates won’t be translated into other languages chosen by your users. To work around this, either create new projects with the language set to English (and then change back to your preferred language) or provide custom translations for these duplicates (see Translating JIRA constants).

関連トピック

最終更新日 2018 年 3 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.