JIRA アプリケーション TCP ポートの変更

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

JIRA アプリケーション  TCP ポートの変更が必要な場合

By default, JIRA applications use TCP listening port 8080 and hence, JIRA applications are typically available at http://<yourserver>:8080.

ただし、 PC 上で実行している既存のサービスがポート 8080 を要求した場合はコンフリクトが発生するため、 JIRA アプリケーション は起動出来なくなります。その時、以下のエラーが表示されます。

LifecycleException:  Protocol handler initialization failed: java.net.BindException: Address already in use:8080

この場合、JIRA アプリケーション を他のTCP リスニングポート (例:8100) とシャットダウンポート (例:8015) に変更すれば、エラーを修復出来ます。

JIRA アプリケーション  TCP ポートを変更する

JIRA アプリケーション  TCP ポートを変更する前に、以下の確認事項をお読み下さい。

  • どのポート番号を選ぶべきか? どのポート番号を選ぶべきか分からない場合、netstat などのツールで使用されていないポート番号を確認し、JIRA アプリケーションに割り当てるポート番号を決定してください。使用できる最大ポート番号は 65535 です。これは 16 ビット符号なし 2 進数で表せる一番大きな数字です。一般的なインターネットサービスが通常使用するポート番号が、IANA (Internet Assigned Numbers Authority) に登録されています。これらのポート番号は避けることをお勧めします。
  • ファイアウォールに関する注意: JIRA にポート番号を割り当てる時、ファイアウォールが指定したポート番号によって JIRA への接続を許可しない可能性があることに注意してください。ファイアウォールでローカルネットワークを保護している組織は通常、新しいポートやホスト上で動作する Web ベースのアプリケーション (JIRA など) をインストール時には必ず、使用中のファイアウォールの設定を考慮する必要があります。個人用のノート PC やデスクトップ PC でさえ、同様の変更を必要とするファイアウォールソフトウェアがインストールされている場合が多々あります。ファイアウォール外から JIRA にアクセスする必要がない場合は、ファイアウォール設定の変更は必要ありません。

JIRA の TCP ポートは、JIRA 設定ツールを使う、または ‪server.xml ‬ファイルを手動で編集するのどちらかの方法で変更します。「Windows Installer‬」、「‪Linux Installer」を使って設定または、「‪Archive File‬」から設定した場合は、JIRA 設定ツールを使います。

JIRA 設定ツールで TCP ポートを変更する

  1. JIRA 設定ツールを起動します。ツールの検索については、JIRA 設定ツールの使用手順をご参照下さい。
  2. Web Server タブをクリックします。
  3. HTTP Port フィールドに、 新しい TCP リッスンポート番号を入力します。
  4. Control Port フィールドに、新しい TCP シャットダウンポート番号を入力します。
  5. Click the Save button. Your changes are saved to the server.xml file located in the conf subdirectory of your JIRA application installation directory.

server.xml ファイルを編集して JIRA の TCP ポート番号を変更する

Edit the server.xml file in the conf subdirectory of the JIRA installation directory. The start of the file looks like:

<Server port="8005" shutdown="SHUTDOWN">

  <Service name="Catalina">

    <Connector port="8080"
      maxHttpHeaderSize="8192" maxThreads="150" minSpareThreads="25" maxSpareThreads="75"
      enableLookups="false" redirectPort="8443" acceptCount="100" connectionTimeout="20000" disableUploadTimeout="true" />

    ...

For example, change the shutdown port from "8005" to "8015" and the listening port (i.e. in the <connector/> element) from "8080" to "8100". (See below to decide which TCP port numbers should be used for JIRA.)

Then, restart JIRA and point a browser to http://<yourserver>:8100

(minus) Unix サーバーを起動し、1024 以下のポート (例えば、ポート番号 80) をバインドする場合、ポートをうまくバインドするには、JIRA をルートで起動する必要があります。

関連トピック

Confluence のリスニングポートを変更する

最終更新日 2017 年 9 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.