Administering JIRA Data Center on AWS

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

AWS 上の Jira Data Center で作業する際は、ノードの追加や既存の Jira インスタンスのアップグレードで環境を拡張したり、SSH を介して接続することができます。

カスタム DNS 名の設定

When deploying JIRA Data Center on AWS, you get a default domain name that points to the Amazon's load balancer. You'll be using it to access JIRA. This domain name depends on the load balancer's name and the AWS region, but in general it looks like this: my-loadbalancer-1234567890.us-west-2.elb.amazonaws.com. You can change it to something more familiar, e.g. jira.atlassian.com, by entering your own domain name in the Existing DNS (optional) parameter in the Quick Start. You'll need a domain name to do this, if you don't have one already, you can register it here.

カスタム DNS 名を設定するには:

  1. When deploying JIRA with the Quick Start, enter your domain name (FQDN) in the Existing DNS (optional) parameter. It'll be saved in the proxyName parameter in Apache Tomcat, which is a web server used by JIRA. All nodes will be using this domain name.
  2. デプロイメント後、Amazon のロード バランサーのアドレスがわかったら、ドメイン名と関連付けます。これを行うには、DNS サービスを使用して、ソースおよびターゲット URL を入力する CNAME レコードを作成し、エイリアスを作成する必要があります。「カスタム ドメイン名をロード バランサー名と関連づける」を参照してください。

Jira をデプロイ済みの場合も、スタックで使用されるパラメーターを変更し、インスタンス タイプまたはドメイン名にすることができます。「リソース プロパティを変更する」を参照してください。

スケーリング (拡張および縮小)

クラスター内のノードの数を変更するには:

  1. 必要な範囲を設定して、スタックで開始できるノードの最小数と最大数を定義します。
    1. AWS コンソールで、サービス > CloudFormation へ移動してスタックを選択し、スタックの更新をクリックします。
    2. クラスター ノードの最小数クラスター ノードの最大数のパラメーターを、必要に応じて変更します。この手順の後、ノードの数 (自動スケーリング グループによって制御される) は最小の数に設定されます。

  2. 自動スケーリング グループのサイズを変更して、利用可能なノードの数を増やします。
    1. AWS コンソールの自動スケーリングの下で、自動スケーリング グループを選択します。
    2. 自動スケーリングのグループを選択します。
    3. 詳細タブで、編集を選択します。
    4. [Desired] で、希望する容量を 1 段階増やします。例えば、現在の値が 1 の場合は、「2」と入力します。
      希望容量は、グループの最大サイズ以下にする必要があります。Desired の新しい値が Max よりも大きい場合、Max を更新します。
    5. 保存をクリックします。

SSH 経由でノードに接続する

Jira クラスター ノードとファイル サーバーに SSH を実行して、設定またはメンテナンス タスクを実行することができます。SSH 秘密鍵ファイル (Amazon からダウンロードし、Key Name パラメータとして指定した PME ファイル) を安全な場所に保持しておく必要があります。これはインスタンス内のすべてのノードに対する鍵であり、これをなくしてしまうと、「ロックアウト」されてしまう可能性があります。詳細は、「AWS で Jira Data Center を管理する」を参照してください。

注: JiraDataCenter.template は、すべての EC2 インスタンスを、内部サブネット パラメーターで指定したサブネットに展開します。外部から到達できない内部サブネットを指定した場合、外部サブネット内で実行されていてアクセス可能な EC2 インスタンスに SSH を実行してこれを起動し、「ジャンプ ボックス」として使用して、内部サブネット内のインスタンスに対して SSH を実行する必要があります。つまり、まず「ジャンプ ボックス」に SSH を実行し、そこから内部サブネットにデプロイされているインスタンスに SSH を実行します。

SSH 経由でインスタンスに接続する場合、ユーザー名として ec2-user を使用します。例:

ssh -i keyfile.pemec2-user@ec2-xx-xxx-xxx-xxx.compute-1.amazonaws.com

ec2-user は、 sudo アクセスを持ちます。root による SSH アクセスは許可されません。

バックアップ

スナップショットを使用して Jira Software Data Center のバックアップを作成する、AWS のネイティブ バックアップ機能を使用することをお勧めします。

AWS への既存のインスタンスの移行

AWS に既存のインスタンスを移行するには:

  1. データベースを PostgreSQL に移行します。
  2. 既存のホーム ディレクトリとデータベースのバックアップを作成します。
  3. バックアップ ファイルをファイル サーバー EC2 インスタンスにコピーします。
  4. ファイル サーバーの /media/atl/jira/shared でバックアップ ファイルを展開します。
  5. pg_restore を使用して、バックアップ ファイルに含まれる PostgreSQL データベースのダンプを RDS インスタンスにリストアします。
最終更新日 2017 年 9 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.