カスタムフィールドでバリデーターを利用する

Jira Suite Utilities に同梱されている「必須フィールド」ワークフロー バリデータを使用します。

課題作成時の「必須フィールド」ワークフロー バリデータによるデータの妥当性に関する次の注意事項を確認してください。

  • 「必須フィールド」としてセットアップされたフィールドが、エンドユーザーへフォームにあるようにフラグ設定されていないこと
  • このようなフィールドが、意図したタイミングではないかもしれませんが、後でクリアできること
  • プラグインがワークフロー バリデータによって実装済みとして要件を検出しないため、後で使用中に失敗する可能性があること

サードパーティ製のツールが必要とされるのは、いくつかのカスタム フィールドのプロジェクトのフィールド構成の JIRA の「必須」に対する解釈が、画面が実際にその特定のフィールドを表示するかどうかにかかわらず、そのプロジェクトで利用可能なすべての画面で現在そのフィールドが必須であることを意味しているためです。Jira Suite Utilities の「必須フィールド」バリデータのようなサードパーティ製ツールは、プロジェクトのフィールド構成によるプロジェクト レベルでの制御の代わりに、ステップにおけるフィールドを、またはプロジェクトにおける画面レベルを制御する効果的で詳細な手段です。

最終更新日 2019 年 1 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.