フィールドの動作を指定する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

フィールドの構成では、すべてのフィールド(「システム」フィールドとして知られている、Jira のインストールで利用可能な Jira 自身の「固定/ビルトイン」、およびカスタムフィールドを含む)の動作を定義します。

各フィールドについて、フィールドの設定を指定します:

  • 説明は、課題編集の際のフィールドの下に表示される文面を指定します。
  • フィールドの非表示/表示 の設定
  • フィールドの 必須 (フィールドの値を指定するための検証するか) / 任意 の設定
  • (テキストフィールドのみ) レンダラー 使用する

このページの内容:

1つ以上の Jira プロジェクトと、これらのプロジェクトの課題タイプで使用するフィールドに関してフィールド動作を定義する場合、一般的に1つ以上の新しいフィールド設定を追加することから開始します (以下を参照)。その後で、これらの新しいフィールド設定で個別のフィールドの動作の変更を開始します。

tip/resting Created with Sketch.

新しいフィールド設定は、表示する特定のフィールドや固有の動作を示すフィールドを必要とするプロジェクトと課題タイプの組み合わせごとに追加します。その後、「フィールド設定スキーム」を通じて各新しいフィールド設定を別の課題タイプと関連付けることができます。その後で、フィールド設定スキームを1つ以上のプロジェクトと関連付けることができます。詳細は、「ダイアグラムの概要」を参照してください。

次のすべての手順を行うには、 Jira 管理者 グローバル権限 を持つユーザーとしてログインする必要があります。

複数のフィールド設定の管理

別のプロジェクト課題タイプで使用するための複数のフィールド設定をすることができます。

  • 複数のフィールド設定はフィールド設定スキームに編成されます。これらのスキームにより、フィールド設定が課題タイプと関連付けられます。
  • その後、スキームを1つ以上のプロジェクトと関連付けることができます。これにより、ユーザーはプロジェクトベース、課題タイプベースでフィールドを制御できるようになります。詳細は、「フィールド動作を課題タイプと関連付ける」を参照してください。

既定のフィールド設定について

Jira がインストールされると、既定のフィールド設定が自動的に作成されます。すべての新しいプロジェクトがこの設定に関連付けられます。この設定は、フィールド設定スキームに関連付けられていないプロジェクトにも使用されます。

(info) 既定のフィールド設定を削除することはできません。

フィールド設定の追加

  1. > [課題] を選択します。 
  2. フィールド > フィールド設定を選択してすべてのフィールド設定を表示します。
  3. 新しいフィールド設定スキームを追加するボタンをクリックし、新しいフィールド設定スキームを追加するダイアログ ボックスを開きます。
  4. フィールド設定を追加するダイアログ ボックスにすべての情報を入力します:
    • 名前 — 新しいフィールド設定をうまく説明する短いフレーズを入力します。
    • 説明(任意ですが推奨です) — このフィールド設定スキームを使うべき時を1、2行で説明します。

フィールド設定の編集

  1. > [課題] を選択します。 
  2. フィールド > フィールド設定を選択してフィールド設定の表示ページを開くと、ご使用のすべてのフィールド設定がリストされます。
  3. 編集したいフィールド設定の隣にある編集リンクをクリックします。
  4. フィールド設定の編集ページで、フィールド設定の名前説明を編集します。

(info) 注意: 既定のフィールド設定は編集することができません。

フィールド設定の削除

  1. > [課題] を選択します。 
  2. フィールド > フィールド設定を選択してフィールド設定の表示ページを開くと、ご使用のすべてのフィールド設定がリストされます。
  3. 削除したいフィールドの設定の横にある 削除 リンクをクリックします。
    (info)この操作を確認するように求められます。

(info) 注意:

  • 注意: 既定のフィールド設定 は削除することができません。
  • フィールド設定スキームと関連付けられていないフィールド設定のみを削除することができます。 1つ以上のフィールド設定スキームに関連付けられたフィールド設定では、削除リンクは利用できません。

フィールド設定のコピー

  1. > [課題] を選択します。 
  2. フィールド > フィールド設定を選択してフィールド設定の表示ページを開くと、ご使用のすべてのフィールド設定がリストされます。
  3. コピーしたいフィールド設定の隣にあるコピーリンクをクリックします。
  4. フィールド設定のコピーページで、コピーするフィールド設定の名前説明を指定します。
    (info)元のフィールド設定とコピーされたフィールド設定の(初期の)フィールド設定は同じです。

(info) 注意:新しく作成されたフィールド設定は以下を実行しないかぎり有効になりません。

  1. 新しいフィールド設定を1つ以上の課題タイプに関連付けます
  2. フィールド設定を1つ以上のプロジェクトの関連付けます。 

詳細は、「フィールド動作を課題タイプと関連付ける」を参照してください。

フィールドの動作を指定する

Jiraのフィールドの動作を変更するには、それらのフィールドが定義されているフィールドの設定を変更する必要があります。

  1. > [課題] を選択します。 
  2. フィールド > フィールド設定を選択してフィールド設定の表示ページを開くと、ご使用のすべてのフィールド設定がリストされます。
  3. 目的のフィールド設定を見つけて設定リンクをクリックし、フィールド設定の表示ページを開くと、そのフィールド設定について、Jira インストール内のすべてのシステムフィールドおよびカスタムフィールドがリストされます。
    (info) 注意:
    • 編集のリンクから個々のフィールドではなく、フィールド設定の名前そして説明の編集ができます。
    • (Jira インストールで定義されたすべてのフィールド設定を表示する)フィールド設定の表示ページの既定のフィールド設定では、編集リンクを使用できないことに注意してください。
  4. 操作列では、任意のフィールドに対して以下のアクションを実施することができます。
    • 編集 — フィールドの説明を編集します。(ヘルプ テキストなど)
    • 表示/非表示 — ビューから課題を非表示にするか、表示します。
    • 必須/任意 — フィールドを必須(フィールドが編集するときはいつでも値を指定する必要があります)または任意に設定します。
    • レンダラー — フィールドのレンダラーの変更 (詳細は「レンダラーの設定」を参照)。

(info) 注意:新しく作成されたフィールド設定は以下を実行しないかぎり有効になりません。

  1. 新しいフィールド設定を1つ以上の課題タイプに関連付けます。その後で、
  2. フィールド設定を1つ以上のプロジェクトの関連付けます。 

詳細は、「フィールド動作を課題タイプと関連付ける」を参照してください。

課題の説明の編集

フィールドの意味をより明確にするためにフィールドの説明を追加できます。これらの説明は一般的に、課題の作成または編集時に関連付けられたフィールドの下に表示されます。 

  1. 上記(「フィールド動作の変更」セクション)の最初の3つのステップに従って、フィールドの説明を編集するフィールド設定にアクセスします。
  2. フィールドの説明の追加や変更をしたい場合は、フィールドの隣にある編集 リンクをクリックします。
  3. 更新ボタンをクリックして変更を保存します。

フィールドの表示/非表示

組織またはプロジェクトが特定のフィールドを利用しない場合、非表示にすることができます。フィールドを非表示にすることで、そのフィールド設定が適用されているすべての画面 (課題操作画面、ワークフロートランジション画面など) に対象のフィールドが確実に表示されなくなります。

(info) 注意:

  1. 上記(「フィールド動作の変更」セクション)の最初の3つのステップに従って、フィールドを表示または非表示にするフィールド設定にアクセスします。
  2. 次のいずれかを行います :
    • Jira のユーザー インターフェースでフィールドを表示させたくない場合、そのフィールドに関連付けられている非表示リンクをクリックします。
      (info) 表示リンクをクリックすると、いつでもこのフィールドを再び表示することができます。
    • Jira のユーザー インターフェースで(現在非表示の)フィールドを表示したい場合、そのフィールドに関連付けられている表示リンクをクリックします。
      (info) 非表示リンクをクリックすると、いつでもこのフィールドを再び非表示にすることができます。

フィールドの必須、任意の設定

組織内の特定のフィールドは課題に必須であるかもしれません。このような場合、フィールドを必須に設定できます。これにより、Jira は課題が編集されるたびにフィールドに値が渡されたことを検証します。必須フィールドに値が渡されなかった場合、Jira はフィールドに値が必要なことをユーザーに知らせるエラーを返します。

  1. 上記の最初の3つのステップに従って、(「 フィールド動作の変更 」セクション)フィールドを表示または非表示にするフィールド設定にアクセスします。
    (info) フィールド設定を表示する場合( 上記参照 )、必須フィールドにはその名前の隣にその旨が表示されます。
  2. 次のいずれかを行います :
    • Jira のユーザー インターフェースで使用される場合にフィールドを必須にするには、そのフィールドに関連付けられている必須リンクをクリックします。
      (info)必須」というテキストはフィールド名の隣に表示されます。
    • フィールドを任意にするには、 そのフィールドに関連付けられた 任意のリンクをクリックします。
      (info)フィールド名の横にある必須のテキストは無くなります。

(info) 注意:

  • 隠されているフィールドを必須に設定することはできません。
  • フィールドを 必須 にする場合、フィールドが  課題作成画面 に存在することを確認します。

フィールドのレンダラーを変更する

特定のフィールドのレンダラーを変更する前に「レンダラーの設定」を参照し、「Jira操作への影響」セクションを特に注意して読んでください。

  1. 上記 (「フィールド動作の変更」セクション) の最初の3つのステップに従って、フィールドのレンダラーを変更するフィールド設定にアクセスします。
    (info) フィールド設定の表示中 (上記参照)、名前列はすべてのレンダリング可能フィールドについて、どのレンダラーが現在有効になっているかを示し、現在のレンダラーがフィールド名直下のブラケット内に表示されます。
  2. 変更したいフィールドのレンダラーをクリックします。設定の利用可能なすべてのレンダラーからレンダラーを選択するページに移動します。
  3. このページでは、変更によって課題に影響を受ける可能性がある場合、警告でお知らせします。課題に影響がない場合、警告は表示されません。このページから、使用するレンダラーを選択して更新をクリックします。

(info)レンダラーを変更すると、Jira フィールドのコンテンツの表示方法またはマルチセレクトフィールドとユーザーと相互作用する方法にのみ影響があります — システム上の課題データには影響はありません。したがって、レンダラー タイプ間を安全に切り替えることができます。

最終更新日 2019 年 1 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.