Jira Data Center への移動

Jira Data Center のインストール

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、既存の Jira Server インスタンスから Jira Data Center への移行プロセスについて説明します。

Jira を初めてインストールする場合 (移行する既存の Jira データがない場合)、「Jira Data Center のインストール」を参照してください。

はじめる前に

Data Center をセットアップするにあたり、次の情報をご確認ください。

License

Jira ライセンスにより、利用する Jira のタイプ (Server または Data Center) が決定します。ライセンス キーを入力すると Jira がライセンス タイプを自動的に検出し、ライセンス固有の機能が自動的に解除されます。

Data Center ライセンスを購入するか、my.atlassian.com で評価版ライセンスを作成できます

サポート対象プラットフォーム

使用可能なデータベース、Java、およびオペレーティング システムの詳細については、「サポート対象のプラットフォーム」を参照してください。Server と Data Center デプロイメントで要件は同じです。

アプリの互換性

アプリは、アトラシアン アプリケーションでチームが実現できる内容を拡張します。Data Center に移行した後もチームで引き続きアプリを使用できるかどうかを確認しておくことが重要です。Data Center に切り替える際に、アプリの Data Center 互換バージョンが利用可能な場合はそれに切り替える必要があります。 

詳細については、「Data Center への移行に向けてアプリを評価する」を参照してください。 

要件

Jira Data Center を使用するには、次の条件を満たしている必要があります。

Jira をクラスタで実行するには、次の条件も満たす必要があります。

  • Jira クラスタの手前に、セッション アフィニティと WebSocket サポートを提供するロード バランサを使用する。ロード バランサの例

  • 同じパスですべてのクラスタ ノードにアクセス可能な共有ディレクトリ (共有ホーム ディレクトリになります) が存在する。ローカル ホームまたはインストール ディレクトリ内ではない、別のディレクトリである必要があります。

Jira Server から Data Center への移動

Jira Server から Jira Data Center に移動するには、次の手順を実行します。

  1. > [アプリケーション] > [バージョンとライセンス] に移動します。
  2. Data Center のライセンス キーを入力します。
  3. Jira を再起動します。 

プロジェクトや課題のアーカイブ、レート制限、および SAML シングル サインオンなどの Data Center 機能が利用できるようになります。

ライセンスを更新できない場合

Data Center ライセンスは、Server で使用していたものと一致している必要があります。たとえば、Server ライセンスに Jira Software と Jira Service Desk が含まれていて、新しいライセンスには Jira Software のみが含まれる場合は、ライセンスを更新できず、次のようなエラーが発生する可能性が高くなります。

Data Center の試用のみが目的だったり、ご利用のライセンスの製品を変更したい場合は、まず評価版の Server ライセンスに切り替えてから (たとえば、Jira Software ライセンスに切り替えると他の製品のライセンスが削除されます) Data Center ライセンスを使用することで、このエラーを回避できます。

クラスタのセットアップ

高負荷条件での継続的なアップタイム、安定性、およびパフォーマンスを必要としている組織の場合、Jira Data Center をクラスタで実行できます。

インフラストラクチャ要件を含む、クラスタ化の詳細については、「クラスタでの Jira Data Center の実行 」を参照してください。

クラスタをセットアップする準備が整ったら、「Jira Data Center クラスタのセットアップ」に進みます。

Last modified on Mar 20, 2020

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.