サード パーティ製アドオンを使用したデータの移行

組織の拡大、ハードウェアやライセンスのメンテナンスの簡素化、Jira のすべての変更を検証する追加手順の実行などを実現する場合、データを移行するための明確なパスが必要になります。このため、Jira インスタンス間でプロジェクト、設定、および目的の付属データを転送するのに役立つアドオンを提供している、Adaptavist Botron の 2 つのAtlassian トップ ベンダーと連携しています。この 2 つのベンダーは、同じ目標を実現するためにそれぞれ異なるアプローチを提供しています。詳細を読み、自分のチームに最適な方法を選択してください。



Jira への変更の実装

ワークフローへの大きな変更であっても、新しいカスタム フィールドの追加のみであっても、開発、ステージング、本番環境を使い、変更の影響を細かく確認する必要があります。

Adaptavist: Jira 構成の実装

Botron: Jira 構成の実装




Jira インスタンスの統合

Jira の情報が多すぎると感じる場合、一部を移行して環境を簡素化できます。単一の Jira に移行する場合、データを完全に移動させるようにします。

Adaptavist: Jira インスタンスの統合

Botron: Jira インスタンスの統合




Jira プロジェクトを移行する

プロジェクトの位置付けが定まっていない場合、それらを自由に移動できるようにすることができます。プロジェクトを Jira 間で自由に移動させます。

Adaptavist: Jira プロジェクトの移行

Botron: Jira プロジェクトの移行

最終更新日 2019 年 1 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.